読者登録お願いします
スポンサーリンク

NiziUリマの曽爺ちゃんと業

世の中には色んな人がいますが、職場や知人で厄介なのは悪口や嫌味ばかりを言う人

特に女性の職場や、お姑さん、はたまたはパイセンなんかで出会っちゃう場合が多いと思います

残念ながら

私なんかもそういう方の習性を観察したりしますが、やはりその手の方達って言わずにはいられない習性がある

そんな感じなんですね

プライベートのお付き合いであれば徐々に離れるということができますが職場や家庭であればそうはいかない

残念ながら

かといって悪口や嫌味というのは立場が上の人間の専売特許なので

中々言い返せないしこらしめれない

質が悪い 私なんかはラッキーなことにお客様をこちらが選ぶという

えらそうな立場なので恵まれてますが 普通はそうもいかない

嫌味なんかは、言う方はそこまで思う句は思ってないこと多くても

言われた方はとても重く受け止めちゃう

その日一日中どころか、その言葉に何とか折り合いをつけれる日が来るまで毎日毎日その言葉ばかり考えちゃう

折り合いがつかなければ、ず~っとず~っと

スポンサーリンク

その人と顔合わせると思うだけで胃が痛くなっちゃう

それはそれはやはりしんどい

言い返せばぜ~ったいその後の関係性に支障をきたすには目に見えてる

しかも嫌味言われる側のダメージが圧倒的に多い

離職の理由なんてほぼほぼそんな人間関係ですからね~

そう考えたら軽い嫌味や悪口なんかも、どえらい業を積んでるよな~とすごく思う

言われた側だって、くそ~とか普通に思う

そうすると呪詛したる~と念を飛ばしてるつもりはなくても

やはり飛んじゃってると思う

言われた側は四六時中嫌味についてぐじぐじぐじぐじ考えてるから

その間中良くも悪くもその相手のことを強く考えちゃってますからね~

人間の思念って感謝よりもいかりや恨みの方が強いですから

皆さんだってお相手を愛します~と言うおもいよりも

あいつだけは絶対に許さね!!と強く恨んだりいかったりする方が

さっくりとテンションあがるでしょ??

怒りや不安で自分の感情をコントロールできない方は沢山いますが

好きすぎでコントロールできないのはジャニーズさんや坂道追っかける

熱心なオタくらい(鉄ちゃんも)

そう考えたら病気なんかにもなっちゃう可能性もあるよな~

原因不明の病気になる可能性だってあるかもしれないな~

原因が分かるものって医学という学術の中の原因じゃないっすか

マイナスの思念や業的なものって医学的な要素にはないですから

それが蓄積されちゃうのはやっぱ怖いよな~と思うのです

体力や気力が充実してるときであれば、跳ね返したり、耐性で何とか出来るかもですが

それらが落ちてたり衰えたりするときちゃうかもな~

病気じゃなくても運気的に

ジブラの爺ちゃん(ニジューのなんとかちゃんのひいじいちゃん)

横井秀樹さんの晩年なんかその手の影響がかなりあったかもしれない

乗っ取り屋と呼ばれてる気力体力も充実してた頃は

その手の恨みなんかも跳ね返せてても

人生の降ろい返し地点を過ぎて下り坂になると、跳ね返せなくなっちゃう

そんなことって多々あるんだろうな~

老人は夢に殺されるという言葉がありますが

気力も体力もなくなって最晩年になると、今までのえぐい行いなんかで

うなされちゃうんだろうな~と思います

太閤秀吉さんのように(ちなみに私的には太閤さんの晩年に

信長公が怒ってる夢でうなされた、殺されたんじゃないか説を取ってます)

案外認知~になったのも信長公の怒りだったかもな~

信長公の子供を殺して、織田家から天下奪っちゃってますからね~

実際は主家を乗っ取って天下を奪うという日本史上唯一のことしてますから

他の方達って主家からというよりも敵対勢力や、ライバルから奪ってですから

家康さんだって、秀吉の配下にはなっても家来ではなかったわけですからね~

晩年どえらいことになりたくなかったら皆様、嫌みや悪口はお控えなさいませ~

大下英治さんの安藤昇伝の横井秀樹さん読んでたら強烈に思っちゃいました

横井さん、かなり嫌味なんかも言う方みたいですし

ただ元気なころのぎらぎらなお写真見ると、恨みなんか跳ね返しちゃうだけの気力や生命力感じますね

51c4622i8yL

あれだけギラギラエネルギッシュでもな~と

中央が横井英樹さんで右上が横井さんを拳銃で襲撃させた

インテリヤクザの安藤昇さん

好き嫌いは置いといて、横井さん、エネルギッシュでアブラギッシュで

終戦後のあの時代にしか存在しえないくらいの

人物だったのでしょうな~ 横井さんにしても、

東急創始者の強盗後藤圭太にしても、西武の創始者ピストル堤さんにしても

昭和でありながら、明治の後藤象二郎や岩崎弥太郎的な匂いがしますよね~

大風呂敷とはったりと清濁併せ呑むみたいな

それが許される時代でもあったのでしょうな~

コメント

  1. やっと秋 より:

    跳ね返す えびさんが浮かんだ

    お不動さんに守ってもらってるみたいだけど
    お子さんにいかないようにしてほしいです。
    奥さん見逃していたんだなと思いました。
    特別な世界と言っても大変な事ですね。

  2. チャム41 より:

    安藤さん凄い面というか面構えっすね!
    華が凄い!何やっても成功する面構えというか。
    安藤さん関連でオススメの本教えてください。

  3. ジミヘン より:

    吉田豪ちゃんや村上竜二兄貴が憧れた漢ですからファンになること請け合い
    本はどれも全部似たような内容ですが 映画監督の山口さんが書いた映画俳優安藤昇伝は
    俳優転向後の作品等を安藤さんと対談形式で珍しい内容で面白いです 写真も多いし

    あとはほぼほぼ皆さん内容は同じなので作家の筆圧で違いが出ます ということでやはりボリュームや筆圧的に最近出た大下英治さんの安藤昇伝はおすすめ 皆さん知りたい安藤組の多士済々の組員たちのその後も追っかけてますし 同時期に出てベストセラーになってる

    慎太郎の安藤昇伝はくそのように薄~い内容です ちなみに面白いのは、ちょくちょく安藤組の幹部や当時に触れてる安倍譲二先生のコラムやHPですよ~

    ちなみに吉田豪ちゃんも安藤組の本を出そうと思ってたそうですが 出たらめっちゃ面白いっすよね~

    組員が安倍譲二をはじめ伝説のステゴロ日本一の花形さん、第一回全日本剣道選手権の
    ベスト8まで残って、法務大臣にヤクザが立場わきまえろと言われ棄権した森田さん

    細木数子の姉の結婚相手の大幹部さん等組員さんもすごいっすからね~

  4. ジミヘン より:

    小島一志さんの一連の著作やユーチューブはおすすめです
    戦後の民団がらみでのマス大山、力道山、梶原さんのつながりから、極真と殺しの柳川の柳川さん、町井さんという戦後の大物在日ヤクザさんとの関係、許永中や統一教会との関係なんかの戦後の日韓の民族関係裏面史がとても克明に語られて興味深い

    ちなみにテコンドーは五輪競技化のためのルールや組織運営に大山総裁がとても協力し、
    韓国内での発展のために韓国には極真支部を出さないという密約をしてその見返りにドエライお金をもらってたとかなかなかびっくりなお話がたくさん語られてます

    許永中さんから松井さんへのびっくりする額の裏金と、30憶の追徴課税等
    やはり戦後の裏面史って綺麗ごとでは語れないな~と