読者登録お願いします
スポンサーリンク

護摩の効能と陰陽道

お護摩のお話 お護摩に願意を~ってあるじゃないですか

いわゆる護摩というやつ

色んな説なんかありますが(多分)私の解釈を

まずよく世間でいうのはお護摩の炎をご本尊様に届ける~

そんな感じ 多分皆さんもそんなイメージかと

もひとつが、お護摩で全部焼き尽くしちゃう

護摩木の108本は骨の数を表して、自分のすべてを焼き尽くしちゃう

護摩にくべるお供物のゴマやコメやらは人間の貪瞋痴を表してそれらも

焼き尽くしちゃう

こっからは私の勝手な感覚ですが 焼いて焼いて、最後に残ったものが

私やあなたの本質的なもので、願意えあれば本当に必要なもの

ご本尊様にしたら、こいつに本当に必要なものはこれね~みたいな

修験道の奥義でもある柱元護摩なんかは、全部焼き尽くして

最後にある作法をして、再生を表す

いわゆる死と再生を柱元護摩によってあらわす

というよりも護摩をたくことによってあらわすではなく、行うという方が正しい感覚

お偉い学者さんなんかが護摩や密教なんかを語りますが結局密教って

体験宗教だと思うのです(私的には陰陽道も)

資料を集めて机上の空論をいくら重ねても、体験しないと結局わからないしつかめない

陰陽道なんかも、様々な学者さんが文献あさって、土佐なんかに熱心に実地に行って、現存する太夫さんと交流して話を聞くけど

結局最後の実際に術を行う、術の世界、陰陽道の世界に入るという

体験ができない

仮にできたとしても、そんな一度や二度ではわかる世界ではないのです

ちらっと入り口をのぞくだけでは密教も陰陽道もやはり分からない

話ずれましたが、読者の皆さんが身近に護摩を体験であれば、成田山や

川崎太子のような大きなお寺さんに行ってゴマキに願意を書いて

それをお護摩で燃やしてもらう

多分お願いする皆さん自身が、こんなで願いって叶うの?と思ってると思うのですが

私的には、護摩の炎となってお不動様に届く~よりも

願意を護摩の炎で燃やし尽くすということの方が重要なんじゃないかと思うのです

願意=執着じゃないですか

スポンサーリンク

しかもお金を払ってでも叶えたいという

それだけの執着を護摩の炎で焼き尽くすということが大事なんじゃないっすかね?

最近の引き寄せやら願いをかなえるには~って、執着してしゅうちゃくしt

コメント

  1. Coco より:

    お護摩受けるうちに、ボロボロだった心身が再生された感覚ありましたね
    手塚治虫先生の火の鳥で、傷ついた火の鳥が火に飛び込んで再生する画がありますがぴったりでした
    執着、因果に縛られていた己が燃やされ解放されるって感じでした

  2. ジミヘン より:

    ま、実際はお護摩受けたらすぐよくなるわけでもなく、あくまでも
    きっかけの一つでもあると思います

    心身が再生されて、さてどう現実社会と向き合っていこうか~
    そういうことが大事なのでしょ~

    ちなみに人間なんて一度執着が取れてもまたいろんな執着がわくので
    それを繰り返すのが大事なんでしょうね~ ループしながら少しずつ階段あがるみたいに

  3. 猫のチャイ より:

    お不動さんの護摩たきにまた行きたいなーと思ってたらこの記事…やはり早く行かないといけません。緊急事態やらまんぼうやらで、心理的になかなか出掛けられない(ナンバー見て「出てくんなよ」とか思われたらやだし)のですが、そろそろいいかなぁ。
    ワクチンはまだ順番待ちですけども。
    私は視えませんが、護摩をたくとお不動さんがズズイっと炎の前にいるお坊さんのもころまで出てこられるそうですね。でっかいお体で。
    願い事はしませんが、お財布を炎にかざしていただいて、お財布についた垢みたいなものを(観念的に)焼いてもらうことはいつもしていただきます。その垢がとれたぶん、お金が入ってくるようになるとのことで。といってもうちの場合は数千円の宝くじが当たってヤッター!てな程度ですが。(それでも嬉しいっす)

  4. 読者 より:

    願い=執着か~

    良い人とめぐりあえますように
    病気が治りますように
    大学受かりますように

    まあ きりがないくらい願いってありますね 。

    何も願わないと肩が軽くなりそう

    なるようにしかならない
    やるだけやって後は運を天にお任せ~と
    いうシンプルな考え方もあるし

  5. ジミヘン より:

    まあ人間なんて願いも執着もなくなることなんてあり得ないですが

    それも含めて人間だもの、執着があるのも仕方ない~でいいのでは
    頭の隅に、人間なんでも叶うわけはない、てか叶わないことが大半で

    叶わないからどうしましょ~と知恵を使うことが大事だと思います

    泣き叫んだって状況は変わんないですから しばらくじたばたしたらはてさてどうしましょ~と

  6. ジミヘン より:

    出てこられる云々はその人の認識によって様々じゃないっすかね
    護摩の炎にご本尊様がやってくるばあいもあれば、参列してる信徒さんの頭上を
    馬に乗った将軍地蔵様がぱっこぱっこと歩かれてる場合もあれば

    ご本尊様は立ち姿のお不動様ですが何故だかどっしり座ったお不動さんが現れたり
    数千円の宝くじが当たっても、実は何万円買った中で結局数千円~

    というのは毎度の私です ははは

  7. 猫のチャイ より:

    元手が無いので宝くじ買うのはたいてい1000円以内です。だから黒字は黒字ですよー。
    でもたいていどこか、参拝先のお賽銭にするので右から左です。(笑)お金は残らなくても、宝くじ当てていただいた嬉しさがじんわり残ります。

  8. 読者2 より:

    わたしはお不動様の護摩祈祷に参加すると
    真冬の寒い時期に1番後ろの列に座ってましたが 途中から身体が熱くなり いつも冷えている手足がぽか~っと温かくなります。
    お護摩の炎からは かなり離れた位置に座っているので炎の熱さは関係ないと思います。
    何か反応しているのでしょうね。

    冷え性=霊障かしら??

  9. ジミヘン より:

    私も万年貧乏&イケメンなので、ジャンボ以外は10枚、
    ジャンボ系の時は(当然鶴田)バラと連番を10枚ずつのお大臣のような買い方しまっす

  10. ジミヘン より:

    護摩は焚く側の方がとってもいいですよ~ 体がすっきり!!

    いや~、いろんな不浄云々が焼き清められてますな~と言う感覚なので

    護摩壇をGET!!したいとこですが、さすがに日本の住宅事情では街中では無理っすからね~

  11. 匿名 より:

    出張護摩祈祷(軽トラに祭壇積んで・・・)
    問題ある土地でやると
    効果ありそうな・・・

  12. 猫のチャイ より:

    一見普通の住宅で、護摩壇組んで護摩炊きしてたら通りすがりの人が「家の中に大きな炎が見える!!」と119番して消防車数台ご到着~となったお寺(でもパッと見は民家)を知ってます。
    多分、護摩壇の上は暖炉のように排気装置がついていて安全には充分配慮されているとは思いますが、お寺もやっぱり見た目が大事よねと学んだエピソードでした。

  13. やどかり より:

    大きなお屋敷のお庭でしか出来ませんよ

    出張護摩なんてもしあったらお金持ちしか出来ない事ですよ。

    いわくつきの因縁ある旧家のお屋敷の広い広いお庭でね(^_^)/

  14. ジミヘン より:

    出張護摩、自宅だと天井が結構すすだらけかも
    ただやはり護摩の威力は強力ですし 験が早いと言われます

  15. ジミヘン より:

    お庭なんかだと、風吹いたりで火事の可能性も~ですからね~
    なかなか外だと実際は

    外だとごまだんというより修験の柴燈護摩~の方がイメージ的には

  16. あー坊 より:

    深川不動尊のお護摩がコロナ禍の為、ご祈祷申込んだ方のみの参列となってしまい、寂しい限り。(参列できた頃はハンドバッグを火にかざして頂いたものです)
    先日はお灯明が途絶えていたことも…高齢者の皆さん、ワクチン接種が進んだら以前のようにお参りに来られると良いなと思っています。

    梅雨明け間近で暑くなりそうですが、引越し考えているので、方位避けのご祈祷を週末にお願いしようと思っています。

  17. ジミヘン より:

    方位除けはしとけよ~ 方位と星は大事だぞ~
    ま、方位は本当は悪方位に行かないが絶対条件ですが ははは

    高齢者の方たちってお寺さんなんかの信仰が心の拠り所になってる方多いですからね
    コロナも収束してお年寄りが安心して外出できますよに

    老人鬱になっちゃいますよね