読者登録お願いします
スポンサーリンク

密教とお不動様

占いなんかもいろんな種類がある。多分凄くたくさんの占いがあって消えていったものもたくさんある

残ってるものもある

多分当たったりするもの云々が残ってそうじゃないものが淘汰されたのかもです

宗教なんかも昔からたくさんある。多分なんだかんだでどれも教義って素晴らしいものだったりするんだと思うのです そうじゃなかったら人が集まらないし、単なる現世利益でおしまいであれば、教祖様がなくなってご利益が出せる人がいなくなればやはり衰退していったんだと思う

長く残ってるものは何かしらの理由はあるんだろうな~と思います

され何の話?ですがいつものように落ちはナッシング(出オチ)

ははは

密教なんかには行法というものがありまして、ま、マニュアルみたいなもの

この通りにすれば仏様がやってきて~みたいなものなのですが

やはり長く行われてるものってやはり理由があるんだと思う

その中でも根本の基本みたいなものがありまして

ある一定数をこなすと何だか仏様がやってくる(いやいや、マジで)

ま、実際やってきてるかは確かめようがないですが、私の中ではそう見えるのです

逆に言うと行というものも数をこなすということもやはり大事なのですな~

さてその基本の行をですが、はじめの頃はひたすら眠くて足が痛い

正直通っても苦痛。脳疲労でぐったりですし

ある一定数がすぎるとなんだか背後に気配を感じだすのです

あくまで私の勝手な感覚ですが

それが進むと右後ろ辺りにお不動様がやってくる。デデーンとお座りになって(我が家のお不動様は立ち姿)

ま、だからと言って凄く良いことが起きるわけでもないですが ははは

右に剣をもって左に羂索を垂れというお経で説かれるお姿で

行者の根本の守護はお不動様~と言うのは本当なのだな~

昔から行なわれる行というのは言われたようになってるのだな~と今さらながら思う

さてそのお不動様ですが、私の右後ろの方は、いわゆる仏様として一般的に拝まれるお不動様というよりももっと根源的な感じ

お不動様って何とか族の下僕さんだか何かそんな感じの身分低い方たちがもとになってる云々というのを読んだか聞いたことがあった気がしますが(うろ覚え、だからお姿が青黒くおなかがぽっちゃり体形)

スポンサーリンク

仏様というより何とか族のお方と言う感じでなんだか我々人間に近い生命感というかそんなものを感じる(あくまで私が勝手に)

お姿はお不動様で大人ですがなんだか童のように走り回ってる感じもする 大人なのようで童感もある でも行中は斜め後ろにデーンと構えて

後ろから見守ってる(というかある種の教官的な感じかも)

そんな感覚もあるのです

大きさはそんな宇宙大というよりもジャイアント馬場さんサイズ(2メートルオーバー位?)ま、多分部屋に合わせたサイズで肉体を持ってないので自由に変えれるのでしょう

私の単なる妄想かもしれませんが、そういうこともあるかもね~と言う程度で軽く聞き流しで!!

さてレポ

昨年、霊障ブレス作っていただいた高3の娘ですが、推薦で大学受かり4月から大学生になります。

一時は高校も卒業できないんじゃないか…と心配しましたが、ブレスのおかげです。

発作も2年間ありません。ほんとにありがとうございました。娘のブレスまたお願いする時よろしくお願いします。

おお~すばらしい!!いつでもおねがいOKですよ~

お困りや病気、勝負の時!!という方はブレス組みますよ~

コメント

  1. 匿名 より:

    ジミヘンさん。おはようございます
    困り事って、人間関係の事も含めてですか?

  2. Coco より:

    いま回数重ね始めて、全然変わっていくのを感じているところなので、今後がますます楽しみです!

  3. 匿名 より:

    おはようございます。
    少し前に密教お加治のコメをさせていただいたものです。
    質問になってしまうのですが

    お寺さんでお不動様を祀り護摩焚きをして御祈願と
    大日如来様をお祀りして密教お加治を受ける とでは どういう違いがあるのでしょうか?

    単にお願いする仏様が違う~
    だから 御祈願する作法も違うというだけでしょうか??

  4. チャム41 より:

    お不動さんって他国では信仰盛んでないイメージです。
    だから権現さんみたいな感じなのかもと思ったりも。

  5. ジミヘン より:

    不動護摩~の場合は、護摩木というものが自分の肉体で、一緒に投げ入れるお供物が貪瞋痴のような煩悩で、だから?というと自分の肉体と意識(ということはすべて)護摩で焼き尽くしてそこで何が残ってますかな?というものなのです もちっと突っ込むとそこで残ったものが本来の願いなのね~かもですし、実はな~んも執着なかったのね、かもですし ま、受け売りですが ははは
    お護摩の方が験は早いと言われますな~ ただ結局密教の場合はすべて大日様の化身なのでお不動様拝んでも大日様拝むことでもあり大日様拝んでもお不動さあ~でもありなので

    どちらの方がご縁がふかいかという最終的には仏縁というものにですな 大日様は如来だから明王部より偉いとかそういうもんではないのです

    本来は仏様の種類~というよりも我々との仏縁の違いだと思います 細かく言えば様々な違いありますが、仏様は衆生を救うと言う請願たててますから本来度の仏様でもお救いくださりますが 逆に言えばここがだめならあちらの~と変えてもかなわんものはかなわんのです 叶うものはかなうのです 仏縁も本来は自分で選ぶもんじゃなくあちら様から縁を頂くものなので、縁を頂いた方を信仰すればいいかと思います

    ちなみに家で拝んだり信心せずに護摩だけ焚いてもらってOKなわけがないです
    何故って祈祷も信仰の入り口だからなんですな~
    誰でよいもいただいた縁を入り口にしてその仏様信仰してくのが一番重要デス

  6. ジミヘン より:

    人間関係もどえらい事じゃないとですな~

  7. ジミヘン より:

    お護摩の時は自分の煩悩や骨まで護摩のほのうに投げ入れて全部焼き尽くすイメージで~

  8. 匿名 より:

    ジミへんさま
    上記コメントから密教と護摩焚きについて質問したものです。
    忙しい中 ご丁寧な説明ありがとうございました。
    なんとなくから なるほどと自分の中では
    理解出来たと思います。
    素人にはわからない領域でして 護摩焚きご祈願に出向いても お不動様にお願いすれば良いのねくらいの認識しかなく 護摩焚きの炎を ただ ぼ~っと見つめながら
    「願いは叶うかな~」とか
    「家族の病気良くなればいいな~」とか
    「因縁とかきれいになればよいな~」 など
    お不動様に丸投げの他力本願
    信仰とは何か ?祈願とは何か? など
    正しくはわかりませんでした。

    このように認識なく 祈願してもそりゃあ 神仏様に通じるわけがありませんよね。

    神仏様に向き合うとは どのような心構えが必要か 勉強になりました。
    ありがとうございました。

    入り口を一歩踏み入れたような感じですが。

  9. ジミヘン より:

    せっかく寺社仏閣で祈祷までしに行くなら、事前にいろいろ調べていく方がいいじゃないっすか
    調べるということが、縁を太くしてるなんですから
    結局どれだけご縁を太くできるかなんだと思うのですね~

    お参りに行く、毎日供物を~祝詞やお経読む、手を合わせるにしても
    普通に考えて同じ神様に同じような命式、因縁の方が同じ願いを届けて差が出るのって

    神様とのご縁の差だと思うのです