読者登録お願いします
スポンサーリンク

長年信仰するとこうなる方もおりますな

今の人たちは中々熱心に信仰されたりする方は少なくなってきてますが

昔の方は結構されてた方たちって多いじゃないですか

死んだおじいちゃんおばあちゃんが毎朝仏壇に向かってお経唱えてた~

そんな家って

どこの宗教がよいとか神社がよいとかそういうもんじゃないですが、

ただ長年熱心にお祀りしてたりお経あげてる方たちってやはりそれらに守護されてたりするんですな

少し前のお母さんのおじいちゃんが熱心な弘法様信仰だった~みたいな感じで、この方は○○様が守ってくれてるな~ ○○というお経が守ってるな~とふと浮かぶ場合は結構あるのです

その一例を

ブレス組んだ方ですが、ブレスに術入れるために拝んでるときにふと浮かんだことがあり、それを伝えたらこんな感じでした

こんばんは
漏れたのかと思っていたのでビックリです!表情笑顔
それと母ですが、日蓮さんは分かりませんが、母にとって父方の祖母の弟が真言宗のお坊さんだったそうです。
だから空海さんに縁があるのかな?
あとは母の父方の祖父が敷地の裏にある弁財天を自分の神社のように毎日掃除をしてお供物をあげて管理していたそうです。
数年前に、それが移動された足利の弁天神社に母とお掃除に行って来ました。
母の母方の実家は地主さんで〇〇の子孫で、そちらの宗派は分かりません。
あ、今母に聞いたら育ての親が日蓮宗で今現在毎日唱えているお経が日蓮宗みたいです。
ちなみに近所に本門寺があり、日蓮さんの最期の地が近くにあります。
やっぱな~と言うかんじなのです
お母さんが法華経というか、お題目なんかを熱心にお唱えされてる姿がくっきりと、ついでにお母さんのご先祖様たちも熱心にだったんです
ちなみに弘法様というのは浮かばずにやはり日蓮さまと法華経、お題目なんですね~
スポンサーリンク

私の感覚ですと、法華経、お題目という場合はすごく強く出る感じがあるのです

うわ~、強力に、色濃く出てるわ!!そんな感じで人によっては法華文字で書かれた南妙法蓮華経~というお題目が体にぐるぐる巻きつくような感じで強力に守られてるな~
そんな現れ方も案外ありますし、この方のお母様の場合はお母様の目の前に、お像姿の日蓮上人がいらっしゃったりなのです
日蓮様って強力な感じするじゃないっすか 強烈と言いますか
なのですごくわかりやすい
朝題目に夕念仏というくらいで逆に浄土真宗の方や阿弥陀様信仰の方は
穏やか~な感じでそこまではっきりと出る場合は少ないですが
ただ臨終の際はやはりお迎え来るよな~と思うのです
今の若い方や、いわゆる団塊世代以降の方なんかは、それ以前の方達と比べてやはりそういうものは薄い
昔の方って親が手を合わせてたら一緒に強制的に手を合わさせられ、気づいたら60年、70年近くやってって、年取ったら自分も熱心にやってた
そういう方多いじゃないっすか 逆に団塊以降って、我が家の両親もそうですが、普段仏壇に手なんか合わせないっすもん~ ははは
入り口がご利益信仰でも全然OKですが、やはり結局はなが~く信仰しなきゃそこまでの守護はいただけんわな~
こちらがいいと聞いてこっちの神様拝むけどいまいち験が出ない、そうすると次はあっちの~
そういう方はやはり死ぬまで守護はもらえないのでしょうな~
験って自分が望むものと神仏様がよいと思うものはまた別ですもん
ちなみに、お若い方なんかで、仏壇なんか手も合わせないよ~と言う方でも強力に守護されてる方なんかは聞くと爺ちゃん祖母ちゃんが熱心だったという方もいますよね~
そういう方って、自分からがつがついかなくてもいつの間にかお膳立てが揃っている、そういうちゃっかり人生送れる場合多し(当社調べ)
いわゆる徳が高い罠~と言うやつで本人の徳の場合もありますが案外先祖の陰徳が回ってる場合もおおい(こっちの方が圧倒的)
芸能界なんかにいる、自分はそっちに興味もなかったけどいつの間にか熱心に誘われて、いつの間にか人気が出てる~
そういうタイプは案外そういう場合が多いな~と思います
ちなみにそういう方とは喧嘩はしない方がよいです ははは
案外眷属さまや守ってるものが溺愛してる場合多いので喧嘩すると大変っすよ~ マジで
昭和の時代の、お嬢さまと呼ばれるような方が何となく芸能界に入って何となくスターになってた そういうパターンです
そしてあんな売れてたのに勿体ないというくらいにあっさり結婚してやめちゃうといったタイプでしょうか

コメント

  1. 匿名 より:

    私は、ピンチになってもなぜか助かる悪運の強さを持ってるんですが、祖母が毎日仏壇で御先祖様を手を合わせていたからなんですかね~。私もおかげさまで信仰心が普通の人より強くなりました。
    お題目はそんなに力があるのですね。法華経本体を唱えなくても功徳があるのですか❔

  2. みどり より:

    信仰ってすごいエネルギーなんですね。
    手を合わせ経を読むという形だけでなく

    その教えに沿った生き方を同時進行していく事も合わせて大事な事ですよね。

    ご仏像やご先祖様の前で
    熱心に毎朝毎夕経を唱えていても
    他人様に意地悪したり 陰で悪事を働いていたら 全く信仰の意味がないですよね

    毎日神棚の前で手を合わせていても
    職場でパワハラしてたり・・・・

    以前上記のような人達見たことがあるもんで 正直呆れちゃいました笑

  3. ジミヘン より:

    凄いエネルギーかどうかは知らんけど
    教えや戒律ってあるじゃないっすか 人間なんて下種な生き物なので教えの通りなんて世のなか生きれないと思うのです 教えや戒律ができたのってどえらい昔で今と生活様式も社会状況も違うから

    ただ守れないからまあしゃーないでも何が何でも守らねば、でもなく(それができればそりゃ一番)たとえやぶちゃったとしても、やっぱあかんアナ~と反省してそこに戻ろうとする行為が大事なんだと ま、規範と言う感じでそこを目指してそこに戻りましょうという生き方が大事なのでしょうな

  4. ジミヘン より:

    どの宗教でも新興宗教でもよほどカルトじゃない限り教えや戒律って素晴らしいじゃないっすか
    素晴らしくなければ人は集まんないし長くは続かないですから
    でも何だかな~、教祖様も幹部さんも~と思うとこも多分あるじゃないっすか

    結局その素晴らしい教えに沿った生き方してない、外れた際もそこに戻る意識がもうないからそうなっちゃうのかもですな~
    商売と一緒で長く続くものってやはり基本まともが多く、短くパパっと儲けるものって怪しい商売多いじゃないっすか~ 多分宗教も商売もそうなのでしょう

    長く続く教えって多分大事

  5. ジミヘン より:

    ま、法華経じゃなくてもお経や真言ってありがたいし力があるものです
    本当はあんな誰もが知ってる般若心経だって祈祷が効くはずなのです
    効かないのって結局そのお経や真言云々に重きを置いてないからだけなんだと思うのです

    なんだか秘教的なものの方が有難くて効く気がしてるからなんでしょう
    昔の田舎のおばあちゃん拝み屋さん達なんて難しいものなんて知らないじゃないっすか

    それこそ観音経や間違った真言だけでも病気なおしてたんですから 
    どれだけそれをに重きを置けるかだけでしょうな~