読者登録お願いします
スポンサーリンク

営業の極意

さて友人の営業マンに 中々成績が上がらないとなきつかれたので

まあ しゃーない ジミヘンの魔法で 成績上げてやるよ~

という感じで ちょっと呪術をね というのは半分嘘で 現実的なアドバイスを

駄目な営業マンって 誰にでも勝ってもらおうとがんばるじゃん

アホだな 無駄な労力です まずかう気があるかないかないか 最初に見極めろよってね

何やっても無駄な人は最初からパス 時間とお前の心が折れるだけって

可能性があるかどうかを判断しろよ まずそこ 効率考えなきゃ

そうそう これね 知り合いの実店舗にも同じような相談あったから アドバイスを
生きたコンサルですよ~

まずね 売りたいものの単価 ちゃんと把握しとけよ 安かったらね 量販しないといけないわけ

スポンサーリンク

量販しなければいけないものをね いちいち接客しながらうろうというのが根本の大間違い


その時点でその店 終わってます 接客しながらなんかかずさばけないでしょ?

量販するものはですね 接客がいらないような場所で いらないような展開しなきゃ
最初から負けなのです

ま、入ってすぐの一等地で あとは みただけで手が出るような配置やディスプレー、
POPです はい

ポイントは凄く売れてるかんとお得感 なのです ま、価格打ち出しもありですし

逆に高額商品を売りたいお店だったら 当たりまえなのですが 接客です

少しでも興味がありそうなら その客落しましょう 時間と手間かかっても大丈夫
ここは効率重視ではないですから はい もっというとですね

次回に購入でもいいです くらいなね ここで大事なのは付加価値

みなさん付加価値を一つくらいしかつけないでしょ?付加価値ってね いくつもくっつけると
倍魅力的に移るんです その価値を見つけて上手に説明するのが 営業マン、店長さんの

センスなわけ

まずその二つの売り方最低限覚えとけよ~ってね 上手な営業マンってね 付加価値をいかに
魅力的に説明できるかと

無理な客をいかに早く見分けるか ですから はい それだけで率は上がるし
一日にあう客数も変わるでしょ~

ってまずは 普通に考えりゃ基本中の基本からですが ま、そんだけじゃないけどさ
色々説明して

みなさんね なんでもそうですが 上手くいかない人って かってに自分で複雑にしちゃってるの

道理ってね 実はシンプルなのです