読者登録お願いします
スポンサーリンク

トイレ掃除と金運の関係

トイレの神さまのお話です。女性の経血を穢れと捉えていたと書いた気が。

それの名残が神社には生理の時は駄目とかって昔言われたでしょ?

以下リーディングですので歴史的には?かもですが、

たぶん大まかに正しいと思います。

高野山なんかも昔女人禁制だったし相撲もでしょ?

相撲の土俵はなぜかと言うと、たぶん横綱という神様が上がるからなんです。

注連縄って神様以外横綱だけでしょ?

それを考えても横綱は神様とされていたと思います。

要は聖なる場所には女性は禁、なぜなら経血を流すから、

血は最大の穢れだからなんだと思います。
ではなぜトイレに神様?と言う話だが、

スポンサーリンク

古来世界中に精霊と言うものは何処にでもいたんです。

人間様と言うか現在の生物体系になる前の

地球は精霊と呼ばれたものが中心にいたと思います。

古来の日本人は聖なるものと同じように穢れも祭ることによって

聖なるものと同じように神として自分たちを守ると考えていたのです。

それは奈良時代以降の怨霊信仰(荒ぶるものや自分たちが征服し、
怨まれるべきもの、それらが大きければ大きいほど)

につながっていったと思われます。

歴史的には現在の日本人は朝鮮半島からやってきた民族が

古来の民族を滅ぼして今の日本人の元となった(出雲を滅ぼした大和朝廷ね)

と言われているが、

私のリーディングだと、半島系では古来自分たちが滅ぼした王朝なんかを

祭り上げる信仰はない感じなんです。
どちらかと言えば破壊しつくし、

子孫は絶対に殺してる感じがあるので本当に我々は半島系の子孫かは?です。

ただ日本と言う国の磁場が柔軟に取り入れると言うか共存という磁場なので
(和と言ってよいのかも)古来の日本人の信仰、思想と融和したのかも?
これはとても重要なことで、日本の神と言うものは独裁、

強烈なリーダーシップを嫌い、

そうするものは排除されます。

時に時代として必要なときは短い間にその人物を活躍させ、

その後は非業な死を与えるのです。

織田信長、大久保利通、足利義満、義範なんかは典型ですね。

みんなしかも暗殺やら謀反でしょ?

歴史として必要な人物ですが。

たぶんあなたの会社でも上に上がったり権力を持った人物で調子に乗ってたり

独裁となると

何かの力(見えない力の場合もあり)によって
その場所から落とされることが多いはずです。
ではこの国ではどうするのがよいかですが『和』なんです。

何事も話し合いで決める、決まらなくても長い眼で見ればそちらのほうが

よいのです。

あなただってうちのトップはリーダーシップがとか言ってても根回しも何もなく

独断で決められると凄い嫌でしょ?それが日本の国の磁場なんです。

ようやく本題ですがそれとこの国本来の磁場は融合、

もしくは二個一なんです。

本地説ではないが何かと何かを都合よく合わせちゃうんです。

トイレや水場って昔はメッチャ大事でしょ?感染病の発生源だし。

でそこの精霊とトイレや水場を祭り上げちゃうんです。
すると強烈な意識場ができてトイレの神、

井戸の神と言ったものになっちゃうんです。

ただの精霊だったものがね。

と過去記事で書きましたが 精霊説 今ではちょっと違うと自分では思います

精霊ではなく 不浄そのものを神として祀りあげたかなと ははは

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    大和朝廷の元になった民族は、朝鮮にいづらくなったから日本に来たんじゃないでしょうか。それこそ根絶やしがデフォルトな野蛮な民族が大陸で台頭してきて、王もろとも引っ越して来たような。
    勢力を広げるだけのつもりなら、親分は本国にいるはずですが、おそらく一族郎党やってきてますよね。
    だから「ココ譲ってくんない?ちゃんとおっきな神社で祀るからさ」と申し出た時、争うことなく出雲に戻ってくれた出雲系に、約束通りヤマト系は出雲に天にそびえる本殿を造成し、近畿にも大神神社を造って、出雲と同じように大蛇を祀って。
    このことからも、今の天皇家のルーツにつながる大和朝廷の民族は、いま朝鮮にいる民族とはDNAからかなり違うと思ってます。だって民族性が違いすぎるじゃないですかー、もう笑えるくらいに。「和をもって貴しとなす」が、日本人の真骨頂ですよね。
    ま、私は本当は朝鮮からの移民とも思ってなくて、アマテラス様の子孫が人間になったと思ってますが、匿名で書いててもイタいヤツ認定されそうなので、これくらいにしときます。(笑)

  2. 匿名 より:

    王権争いで負けてここにたどり着いた。

  3. ジミヘン より:

    ま、普通に考えて半島からやってくる氏族って何かしらの争いで敗れて逃げたと考えるのがふつうっすよね 仮に勝ち組であればわざわざ海渡って未開の地に来ないじゃないっすか
    当時の航海技術でいえば命がけですもん
    仮に勝ち組で、領土欲から侵略でやってきたとしたら、やはり兵隊さんの数が少なすぎる気がしますよね~
    大陸方面からやってくる渡来系の氏族も来るルートがいくつもあったのかもですな

    北陸方面からもあったり紀伊方面もあったり九州方面もあったりと、
    半島での住んでた場所も様々なとこから来てたんでしょうね~

  4. 読書 より:

    トイレの神様
    井戸の神様
    水神様というカテゴリー?ですか⁉
    トイレ掃除一生懸命やるときれいな子生まれるそうと(昔の年寄りの話し)

    便所掃除を毎日家の手伝いとして長い間やっていた娘が結婚し両親にも親戚にも全く似ない綺麗な子を産んだそうだ。美人に生まれた子には水神様が憑いておったと
    小さい頃から怖いくらいの人目を惹く目鼻立ちのはっきりした美人さんだったそうだが成長と動じに精神を病み精神病院出たり入ったりと人としてまともに生きられくなったそうです。
    こんな怖い話しもあります。
    (民話っぽい)

  5. ジミヘン より:

    トイレの神様はウスシマ様~っすかね 井戸は水神様で
    一応仏教徒としては(私の場合は)

    そういえば私も似たような話聞いたことがあります トイレ掃除をきちんとすると美人が生まれる~って

    ちなみにビート君は未だにするらしいですし、社長さんと呼ばれる方たちも結構される方おおいです

    私の経営の師匠のお父ちゃんの会長さん店舗なんか回ると、必ずトイレ掃除をしてました