読者登録お願いします
スポンサーリンク

上手に仏様に願いをかなえてもらう方法

タイトルにちょっと偽り有りDEATH、JAROに電話するなよ!!

上手に願いをかなえてもらうというよりも仏様と縁を深めるにはです

さて仏様に手を合わせる機会あると思います、中には熱心にお参りしたり拝まれてる方もいると思います

仏様には仏性というものが備わっていまして、私が思うに、富を~愛を~と直接熱心に拝むよりもその仏性というものを引き出すように拝むといいと思うのです

仏性=性格や性質とも 我が家のダキニ様はやはり慈悲が一番色濃い気がするのです

なので其の慈悲が引き出されるように拝む。人間というものは潜在意識化の集合無意識という領域で皆さんつながってるという説があるじゃないっすか

多分人間以外のものにもその領域はつながってる

仏様の慈悲を引き出し、それを大きくするのなら、自分自身が慈悲の心をもってその心で拝む

其れこそ自分の慈悲の心を大きくはぐくみながら拝む

スポンサーリンク

そうすると多分仏様の慈悲の心と感応していく、私も仏様の慈悲の心も大きく引き出されていく

そんな感じじゃなかろうか?と思ったりするのです

人間、凄く良い人だって100パーセントの善の心しかないわけではない

逆に大量殺人した人間だって多分善の心は少しはある、

一人の人間にはたくさんの性質や人格が宿っている

どれが強く出やすいかというだけの話で、潜在的に出やすいものもあればコントロールできる(というかしないといけない)ものもある

多分仏様だって同じ

慈悲の塊~のようなお姿だって多分憤怒というものは持っていると思うのです

ではどの仏性が色濃いか?そりゃあ、まめにお寺通って仏様と触れ合う時間や回数増やしたり、家でお札を拝んだりして、徐々に感じましょう

その行為が仏縁深めることですから!!なのですが

それでは冷たすぎな私なのでちょっとヒントになりそうなことも

その仏様が何の目的で作られたり、何の目的で拝まれたりしてたというのも案外ヒントになるのかもですね

お地蔵様と一口に言っても、事故現場なんかで供養のために建てられてるお地蔵様は、多分なくなったお子様の供養の目的じゃないですか

お地蔵様ってご利益あるよね~と言う感じでそういう方に増益や恋愛成就なんかをお願いしたり云々はちと違う気がするじゃないっすか

仏像というのも、人間が勝手に彫って作ったものではありますが、

実は仏様が現れたかったという場合も結構あると思うのです

世にお像という形を持ったものとして表れて、仏様の仏性というものを大きく引き出してほしい

そんな思いもあるのだと思います

仏様に手を合わせるって、たいていは修学旅行の観光で行った~から始まって何かしらの現生利益のためにお願いする

皆さんそこで終わってると思うのです ご利益があれば信仰に進む方もいればご利益がなければそこでおしまいの方もいる

ま、それは仏縁ですから、そこでおしまいの方はそれはそれで仕方ないと思うのです

ああ、仏縁が薄かったのねで

さてそのご利益から入っていったら、次は仏性というものを引き出すように拝むと同時に自分の中の仏性というものを育む

そんな感じになっていくと、仏縁というのがぐぐーんとこくなるんじゃないでしょうか?

祈願が叶う叶わない、仏様に守っていただく云々というのは、

結局はどれだけ仏様とのご縁が深くなるか、そこなんだと思うのです

単に拝むだけよりも、自分の仏性を磨きながらということが仏様が一番望んでることなのかもしれないですな~と思う今日この頃ですが

あくまでも私が思ってることなの正しいかは知りません

ただそれが進んでいくといわゆる感応同行というものが起こってくるのだと思うのです

いわゆる拝んでる最中に仏様と交流(教えてもらったり)することができるというね

集合無意識でつながってるのですから、仏様の色濃い仏性(性質)

と自分の中の同じ性質が大きく大きく拡がってつながるわけですから

そりゃあお互いの心が通じるのではないでしょうか?と思います

たまにはまじめでスイマソン(BYモンキッキー、元おさる)

そういやあ相方の元妻は今じゃ副大臣だもんな~

コメント

  1. 匿名 より:

    神道のように、お寺の御札に手をあわせてもいいんですね。
    私は毎朝お仏壇の後に、お寺の御札にお線香を供えて手を合わせてます。(お線香はちょっと違うかもしれませんが汗 香りがして朝がはじまると思うのです)
    お札のお寺が遠いけれど、好きなお寺なので。そこのお寺にお参りしているイメージです。さらに踏み込んで、そこの仏様にお参りするイメージを加えてみます。

    あと、お返ししてお礼まいりも済ませたお寺にも毎日お礼してます。
    朝の10分。五郎丸の儀式のようなものです。

  2. ジミヘン より:

    いやいやいや、お札はぜひ拝みましょう~というより本来拝むものですから
    ご本尊として~
    やはり毎日の積み重ねが縁を太くしてくものだと思います~
    それしかない!!

  3. し~ より:

    お寺の仏様の前では熱心に手を合わせ
    職場で新人イジメなんて矛盾してる事している人達居ますが はたから見てて

    滑稽極まりない!笑 馬鹿丸出し

  4. ayako より:

    職場のイジメ(戦えない仕返しも出来ない)
    あと職場のゴタゴタ
    上野摩利支天様に伺いました。
    なんとかなりませんか?と手を合わせました。
    10日経たないうちに
    未解決問題は早々と解決し

    その間に意地悪な人達数名は 日替わりでやけどやら骨折やらに遭遇し退職1名
    病院通い2名

    摩利支天様凄い!仕事早いけど怖すぎる!
    御礼詣り生きますが 摩利支天様厳しい方なので自分の生き方も正しくなければ
    「おまえはどの面下げてここに来てるんだ!」と一喝されそうです。
    仏様に向き合うときは自分の心持ちも必須です。その上で願う事が叶うかどうかという事です。

    摩利支天様
    わたしの職場見たことないのに意地悪な人達よくわかったな~と

    お詣りに来た人の全てを視てるのかな~?
    人間とは違う次元から見下ろしてるんでしょうね。

  5. ジミヘン より:

    摩利支天様は験が最も早いと言いますからね
    もしかしたらだれだれを具体的にどうしてください~と言う感じで

    特定せずに最もよき方法にお任せ~と言う感じに願いが通ったのかも
    私的には祈願は自分の思い通りに~ではなく

    最もよきようにお任せ~がいいと思うのです

  6. ジミヘン より:

    ちなみにお任せできないというのは100パーセント信じ切ってなかったりなので
    お任せ~位に信じ切る信仰が大事でしょうね~

    本来はと思います

  7. ジミヘン より:

    まあ新人に限らずええ年こいた大人がいじめやってるの見ると
    マジこいつらバカなのか?と思いついでに凄く腹が立ちますよね~

    仮に気に入らなかったら相手にしなきゃいいだけなのになぜにいじめを??と思いますよね

    ちなみに私が嫌いな人間は威張る人といじめなんかする人間です

  8. ayako より:

    ジミへんさんコメント拝見しました。
    ごもっともですね。

    「辛いんです。
    どうしたら良いですか?」
    そしてお任せします。という感じのお詣りが良いですね。

    イジメ嫌がらせをしている人をどうするかは神仏様にお任せなのでしょう。

    体罰を施すのか
    悪事を働いている人が反省する出来事を引き起こすか

    もしくは
    ただ黙って見ていて
    「やられたら自力でやり返せ!戦え」という事か?

    「神様仏様
    誰々さんをやっつけてください!罰が当たりますように」
    というお願いの仕方はちょっとね?

    ジミへんさんおっしゃる通り
    お願いの頼み方というのはあるかもしれませんね。

  9. 読者 より:

    摩利支天様って天部っていうのですか?
    大黒天や弁財天ダキニ天さまや聖天様
    帝釈天
    毘沙門天
    天がつく仏様は天部様という系統ですか?
    天部様って確か怖い神様仏様って聞きますが・・・

  10. ジミヘン より:

    天部は怖いと言いますよ~ 本職のお坊さんなんかでも天部は怖くてよ~拝まんという方も案外いますから
    ま、結局はお付き合いの仕方次第です

    自分の我欲ばかりお願いしちゃう、叶うから際限なくお願いしちゃう~と言う感じなお付き合いの方はそのうちえらい目にあうことも~なのです

    祈願なんかも仏様にこのお願いをするのは失礼に当たらないかとかきちんと考えてお付き合いした方がよいのです

    特に天部尊には あとお札だってお祀りしたらきちんとお世話できないとです

  11. ジミヘン より:

    そうなんですよ 世の中の物事って100対ゼロで相手にすべて非があるということばかりではないじゃないっすか
    自分にも非のある場合も当然ある(全くない場合もある)

    そういう場合にこんなに相手がすべて悪いんですから徹底的に懲らしめてくださいと言うお願いは魔というものにつながりやすいだろうな~と

    神仏様の目から見ての過失割合に応じてでお願いしますの方が間違わない気はします

  12. やどかり より:

    ごもっともですね!