読者登録お願いします
スポンサーリンク

ある大物霊能者の鑑定

かなり気になる霊能者の先生がいて、知人がそこに行ってきました

その方は我々庶民なんか視てもらえないような方で、私も知り合いが

とある大物とそこに行ってきたよ~という話を聞いて興味を持ってたのです

ま、その前にその方お噂は聞いたりしてましたので

政治の黒幕的なことをされていたとかそんな大物な噂を

その行ってきた方に頼み込んで紹介いただいて今回知人がお会いすることができた

そんな経緯

とっても興味津々でどうでした??と根掘り葉掘り聞いたりしましたが

私が一番興味を持ったのは、鑑定するときに神様を祀ってる部屋に行って神様を拝んで、神様から回答を頂く

スポンサーリンク

そんな形式のようなのです ああ~昭和の大物霊能者さんたちと同じなのね!!

それはもう霊能力という小さいものではなく神仏と通じてる感じだな~

そんな感じ

以前書いたお稲荷様の霊能者さんと同じような感じですな

ちなみに後継者に自分の娘を~と言うことで今は某神社に修行に行かせてるそうです

その神社のチョイスも、神社に修行~というのも本物!!じゃないのか?と思っちゃいますな

いわゆる憑依型、巫女型霊能者の典型ですな

多分女系の霊能の家系なのでしょう 明治~昭和の大物霊能者と言う感じでとても興味深かったです

ま、私のような小物は多分お会いする機会はないでしょう

ちなみに信頼できる方からの紹介以外はお会いにならない感じですから

紹介してください、だれですか??

そんな感じのお問合せは一切お答えしません

紹介者さんにも迷惑かかっちゃいますからね~

とある大物政治家さんの云々という話もあるかたです

ま、いるとこに入るもんですな~

ある程度以上のレベルより上に行かれてる霊能者さんって自分の霊能と言うよりも、皆さん神仏と感応して神仏から教えていただく

そんなスタイルですからね そのための行であったり神仏をお祀りしてたりですから

そのレベルの方たちって大抵は神仏を祀って日ごろからコンタクトとれるようにしてますもんね~

それこそ部屋の一室を祭壇にしてたりと

さて話変わりますが藤田小女姫さん 狐がついて~じゃないっすか

ま、狐憑きってやはり良いときって凄く占いというか霊視と言うか

そういうものが当たるのです そういう力をくれるのです

それが何かのきっかけで狐が去ると霊視は当たんなくなるし、人生も

一気にまさかの下り坂!!

大抵は欲に目がくらみすぎたり、狐さんでなく自分の力!!と錯覚するとじゃあお前がやってみろ~とばかりに手を貸さなくなる

そんなパターンは多いです

さてその藤田さん、かなり興味深いお話を知り合いの元銀座のホステスさんから聞きました

生前そこのお店に藤田さんが来てて、私生娘じゃなくなってから力が落ちちゃったんだよね~と話してるのを聞いたことがあるそうです

おおおお~、やはりこの方も完全な憑依型、巫女型だったのね

そこまで自覚があるということは力があった頃ってやはりすごかったのでしょう!!

生娘じゃなくなったからなのか他の理由で狐が力を貸さなくなったかは知りませんが

お顔がもろに狐憑きさんですもんね

fdXUqGkR

晩年の自称力が落ちてからでも完全に女狐!!そんな感じじゃないっすか

まあ昭和の時代と言うものが生み出した怪物さんだったんでしょう

多分平成以降はこれほどの方たちは生まれないんじゃないっすかね

私を含め小物しか ははは

時代がもう求めてないのでしょう 昭和の怪物的大物霊能者は

なのでもしかしたら今の時代大きな教団にしたり、云々は時代が求めていないのかもですな~

スピの先生なんかでも

昭和の終わりから平成のはじめ辺りまでにそんな方向に向かってなかった方たちは、案外そういう方向に行くべきじゃないのかも

そういう役割の方たちは現段階でそれなりの形になってって

これからそこを目指すのはあれかもですな~

コメント

  1. 匿名より より:

    動物霊が憑くと当てものや失せ物探しが得意になるという話しを聞いた事があります。

    記事にある大物霊能者さんは
    どちらの神様と繋がっているかわかりませんが また神様にも社長クラスからまたその下(失礼な言い方ですが)まであるそうでその媒体となり方の器によって決まるのでしょうね。
    生まれ持ったものというか。

    霊能開発やスピセミナーなどというものに参加し勉強しても凡人はしょせん凡人ですがこういった世界が好きで職業としてやってる方達もいるから能力がどうあれ需要があればそれでやっていけるから良いんじゃないですかね。

    また能力に見合った仕事しか出来ないようになっていたとしても自分が出来る範囲で仕事して収入を得て生活している
    それはそれで良しと。

    大物霊能先生との出会い云々も縁なんでしょうね。
    それこそ神仏様のお導きというか。

  2. 匿名 より:

    ガラスの仮面の作者さんも同じ形みたいですね。これ有名なので書いても大丈夫だと思いますが…
    神様が降りてネタが浮かぶそうで。浮かばないと書けない。
    だからまだ完結してないのかっていう…

    そこのスタッフさんと話す機会があったので、真相を聞きたかったのですがさすがに聞けなかったです。無念。

    • 匿名 より:

      昭和の少女漫画家さんは…萩尾望都にしろ、竹宮恵子にしろこの憑依型っぽいですよね。作風が。
      読むと世界に引きずられて3日ほど帰ってこられなくなる。

      男性作家さんもそうですか?
      楳図かずおさんとか(漂流教室とか猫目小僧とか)ジミヘンさん大好き水木しげるさんも。
      もしかしたら、原稿にかける時間が今よりも半端なく、念を込めて描いていたからかも?と思ったり。
      今はデジタル処理でかなりライトになりましたから・・・

  3. ジミヘン より:

    確かに昭和の漫画家さんは憑依型や怨念というのか執念と言うのか

    そんなすごいエネルギーが込められてますよね
    水木さんの自伝的マンガ読んでると 昭和の時代の漫画家さんたちって皆さん死ぬか生きるか
    そんな「生活じゃないですか(実際水木さんの友人漫画家たちは餓死したかたも)

    そういう漫画で生活できない時代に漫画を描くというのは
    それほどの漫画を描くことに対する執念だったのでしょう

    書かずにいられないくらいの

  4. ジミヘン より:

    ガラスの仮面の作者もそうなんですね!!と言いながら漫画も作者も知らないのですが
    ははは

    池田理代子先生も憑依型と言うか霊感の人じゃないかと睨んでます

  5. ジミヘン より:

    お会いした方のお話聞くと、結局このクラスの大先生にお会いして縁が深まる方って
    それだけの縁を持った方だけなのでしょうなと思います

    お話聞いたらやはりすごいですな~と言う感じです

    そりゃあ日本の超大物さんたちがやってきますわなと

  6. チャム41 より:

    うちの母も親戚のツテで有名霊能者に旅行行くって嘘ついて会いに行きましたね 笑
    有名になる前に親戚が手形持ち逃げされて風の噂で駆け込んで事なきを得たということでそこからのお付き合いらしく 笑い
    見てもらっ内容そのままの夢を何故か霊能者と母が会った日に私が見るという 爆
    そん時は旅行行ってるもんだと思ってるので不思議な夢だな〜と凄い印象に残って。
    母帰ってきてカミングアウトされてビビるという 爆