読者登録お願いします
スポンサーリンク

伊藤みみかのスピ散歩

伊藤みみかさんの視えるんです

という漫画を読んでて平戸のキリシタンについて

書かれていて

以前私もそこで感じたことと似たような事が

書かれてるな、

と思っていたら織田信長が

スポンサーリンク

2万人くらい殺戮した長島の一向一揆について

リーディングが始まったので(自動でね)

今書こうか迷ってます。

長島町(三重県ね)の辺りは

結構行ったりしてて

土地勘が合ったりで

あの辺りの土地自体の記憶もよく感じていましたし、

そのときの一向宗(浄土真宗ね)

の信者さんの集合意識も感じてたので。

ただ現在も浄土真宗の信者さんは沢山いますし、

信仰を語る、斬るということは
とてもデリケートな問題ですので

書いてもいいかなと思えたら書きます。

それを書くことで嫌な思いをされる方も

いると思いますので。
ただ歴史は現代の感覚で当時のことを

評価するのは間違いだと思います。

また正しい歴史の流れと言うのはそのときでなく、

後世になって初めて分かるのだと。

特に書くか迷ってる信長の一向宗への扱いは

これに当てはまります。

後世の歴史家が今の感覚で残忍で最悪、
と言うのは正直正しくないと思ってます。

と過去記事なのですが

長崎もそうですが

広島なんかも綺麗だったりで

原爆ドームとか

祈りの効果って絶対あります

というのも 震災の日の黙とう

その時ですね ふわ~っと といいますか

スーッとといいますか

上のほうにきれいに上っていく感じしたのです

かっこいい書き方すると

日本中の祈りの力で 苦しまれてる霊や

土地なんかの記憶が

下から持ち上げられ

天に向かって昇っていくといいますか

絶対ありますよね

もしかして 土地の記憶って

一人の霊能者や僧侶の力では無理で

大勢の祈りの力や

神仏しか無理なのかもですね

あとですね

宗教といいますか

信仰といいますか

それを都合よく

教団の私利私欲に使っちゃダメですよね~

一向宗の蓮如さんなんか

死後はどうなんでしょうか?

聖戦の名のもとに戦った英雄として

仏となっているのか

もしくは仏の名のもとに

多くの信者を戦争で死なせた

サタンと扱われてるのか?

神の裁き 仏の裁きはどうなのか

実はめっちゃ知りたいです

歴史上の人物で最も知りたいのが

死後霊界での蓮如の評価なのです

コメント

  1. M.Y. より:

    ジミさんお久しぶりです。
    私の個人的見解は(偉そうにすみません)、
    生きている時に社会貢献できているかどうかなんですよね。
    死んでから社会的影響とかは無しで。

    自分は禅宗なので門徒と言えば「物忌み知らず」で
    自分に甘い教養のない人みたいな門徒の個人の勝手なイメージなんですけど、
    門徒からは超バッシングですよね・・・すみません。

    門徒のことは余り知らないのですが、
    生きている時に社会貢献していたら蓮如さんは天国っていうか成仏してるような気がします。
    少なくとも地獄ではない予想です。

  2. 落合おっかさん より:

    みみかさんのご本は無くしてしまったのですが、平戸のところは悲しかったです。ジミヘンさんのおっしゃるところの評価はワテクシでは計り知れませんが、ワテクシも知りたいです。なんとすれば正道でしょうか。というか、日々の自分を反省しろよ!と、自分で自分にツッコミいれます。そんなステージの自分です。下層の凡人は大変でっす!

  3. 匿名です。 より:

    こんにちは。
    私は長崎に住んでいます。
    子供の頃から平和教育を受け、8月9日はお祈りしていました。
    原爆や戦争で亡くなられた方たちに私たちの祈りが届いてるのかなってジミヘンさんのブログを読んで嬉しくなりました。

  4. yocy より:

    一向宗って、凄い 原理主義じゃないですか?
    親鸞聖人にしても 師匠の法然上人にしても ふわっとした
    感じというか 信仰のために命まで差し出せって お方ではなかったきがします。
    ウチは、浄土宗なんですが、法然さんの逸話って小さい頃 聞かされてて なんでも
    ええで~って 受け入れてくださるイメージなんですよね。
    だから 凄く不思議な感じしますね。

  5. ジミヘン より:

    一向宗って原理主義っすよね~ というか多分教義を都合よく原理主義に向かうようにゆがめたんじゃないっすかね~と思うのです

    さてそんな顕如さんですが 死後って阿弥陀様のもとにいけたのでしょうか?

    私的には阿弥陀様にど叱られてる気がします
    仏を戦の道具に使ってるわけですからと

  6. ジミヘン より:

    祈りは届きますよ~やはり大事なのはいつまでも語り継ぐこと
    いつまでも祈りをささげることなんだと思います

    風化させてはあかんですよ

  7. ジミヘン より:

    死後って結局生きてる間の言動でですもんね

    因果論って過去の行いが現在にばかりですが
    現在の行いが死後の世界に~もですからね

  8. ジミヘン より:

    いやいやいや 私もカーストでいえば最下層の凡人ですから
    道で勝手に窓ガラス拭いて マニーマニーとお金をせびるインドの子供たちと同じです
    (当然首都高でなので危なくてしょうがない、そのうちネットで炎上)

  9. 落合おっかさん より:

    マニーマニー言えるかたはとうといでっすー。とほほ、、

  10. ジミヘン より:

    マニーマニーと言う方は我らが魔術師アブドーラザブッチャーさんです
    プロレス界一のドケチはインタビューのたびにマニーマニー、若手にジュースを買って来いとお使いに行かせてもお金は絶対に渡さない!!

    ちなみに日本が誇るドケチ王は坂口憲二パパの世界の荒鷲と呼ばれた坂口征二

    ティッシュくださいとティッシュ1枚を渡すと翌日昨日のティッシュ代払えと言う漢です!!

    そりゃリンカーンに乗って若手にこれでステーキでも喰え、お母さんに渡してやれといってどどーんと札束渡しちゃう山本小鉄さんと仲が悪いのも納得!!

    ちなみに小鉄は解説時代、古館さんの話す意味が理解できずに毎夜うなされて
    言葉の意味を覚えるために辞書を破ってむしゃむしゃたべてたYO!!
    暗記パンじゃね~んDEATH!!

  11. 落合おっかさん より:

    勉強になります!