読者登録お願いします
スポンサーリンク

運命改善の時間の流れの方向

さてトラウマや問題

スピ的アプローチも精神医学的アプローチも今までって,過去の原因にアプローチしてじゃないですか?

ま、その原因が本当かどうかは置いといて
幼少期であったりスピであれば前世まで行ったり
最近の欧米の結構先進的ですと,未来へだったりもなのです

そのアプローチが

案外腑に落ちるといいますか
基本私のアプローチ(偉そうですが 術的な)と感覚的に似てて 未来にフォーカスといいますか
過去の原因と未来の像,どっちにもアプローチ的なのです

それすごくわかるなあ
たとえば過去の前世療法なんかで過去の因縁が消えたと仮定するじゃないですか?
過去の因縁が消えたら未来はうまくいくか?というとそうじゃないですよね?

ゼロに戻っただけで
例えばその地点に戻ったとしても思考の癖が抜けない限り似たようなことは起きるかもですし
ま、思考の癖事態も因縁です、宿業ですと言われたらそうかもですが

ではそれが消えたとして
ゼロポイントに立つとするでしょ? でも人生の運転の仕方がわからなかったらうまいこと人生運ばないでしょ?というお話

スポンサーリンク

だったら未来のなるべき姿やらを設定して、さてそこに行くにはどうしましょう?


その道を具体的に探りましょ
というとこまで必要なのです

という普通に考えれば当たり前でしょ?という話

読んだら当たり前じゃん、、いまさら何言ってるの?と思うでしょ?
ですが実はスピ的アプローチ、って案外それがないでしょ?
過去の因縁をいかに消すかだけで 消したらすべて改善!!

そんなことはないのです
消すのと未来をちゃっかりは別物ですから

逆に言えば消さなくてもちゃっかり未来が流れてくることだってあるわけですね

大事なのは未来にアプローチって基本は現実的に具体的になわけ
曖昧だったりするのも時としてありなのですが

基本は現実的に具体的に そうすると案外脳が勝手に希望あるじゃんってね

コメント

  1. 匿名 より:

    業とか因縁って皮膚の傷のように今後も残るものじゃないかな、と最近思います。
    それは細胞が何世代入れ替わって治ってだんだん薄くなるようなもの。
    その細胞に生まれたのは因縁。
    業を重ねるのはさらに傷を増やすような行為。
    いつかうっすら薄くなるだけ。
    でも、食べ物を変えて、劇的に良くはならないけど、次第に良くなっていく感じ?
    神様の祈祷はいわばきずなおしの軟膏みたいなものか。

    傷を負ってもキレイな人はキレイです。
    未来はもっとキレイになれるよう、食べ物や運動に気をつける。
    すべてあの世とこの世、肉体と地球、宇宙はつながってる鏡のようなものでしょうね。

    ただ、あの世感覚が長すぎる~~~!

  2. みみ より:

    いま、NLPを少し齧っているのですが、これと量子力学的に未来からアプローチすることを組み合わせると、過去の傷、自分を癒して行くこと+思考改善、自分の向かいたい方向へ向かう自分の道標、が得られるような気がしていました。
    傷を癒すことだけでは足りないというジミヘンさんの言葉、とてもわかります。

    生きるって、希望が欠かせないといまとても実感しています。
    それが誰かを愛し愛されていることだったり、やりたいことであったり、人によって違うのではないかと思いますが、先の見えないことがひとはきっと一番苦しい。
    だからこそ、未来から、もしくは未来へのアプローチはとても必要だと、私も感じています。
    信仰や一途に信じるものを持つ人が強いのは、信じるもの=希望があるからなのだなとも、思います。

    ジミヘンさんのコンサルや対面を受けられる方は、とてもラッキーですね。
    あ、受けられないから不運という意味でなく。
    必要な方に必要なタイミングで、生きる道標が見つかりますように、と思います。