読者登録お願いします
スポンサーリンク

天使の子供

先日テレビでアスペの子供の特集やってて

フッと感じたのが 障害を持つ子供の親って皆さん菩薩だなあって

特にお母さんが はじめから菩薩の方もいれば育てて行くうちに菩薩になって行く方も

でも皆さん本当に苦労され泣かれるわけじゃん
菩薩になるとそういう苦しみがなくなるかというと

そんなことはないですな

やはリ肉体があるというのは苦しんだり悲しんだり、

じたばたしたり、喜んだりで 多分それが生きるということなんですな

スポンサーリンク

ちなみに観音様もどうやら四六時中悩み悲しんでます (多分)

どうすれば衆生を救えるかって
ただね、結局自分のほうを向かないものはどうやったって 救えないって

さて知人のアスペの子を外で見たときにフッと浮かんだのが

ああ、魂やらがこの星のものじゃないから この星の常識に合わないだけなんだって
そのちびっ子はまだ小さかったから西洋の天使のような感覚を感じたんです
(しかもハーフの女の子だったからなおさらかも)

ああ、天使というのは人間から見たら結構残酷で非常識な側面もあるよなあ

でも天使にすればそこに悪意も何もなく なんだなと

ちなみに経営の師匠のお子さんもダウン症でして
今は亡くなりましたがちびっ子の頃から知ってまして

ああ、天使なのかもなーと何度も思ったりしました

自分の子供ではなく責任がないからそう思えるというのも
あるのでしょうが

親である師匠なんかは子供が障害を持って生まれたとき、やはり天を恨んだと言ってました

それが本音でしょう

心配で仕方ないし、兄弟の中で一番心配で手がかかる分だけ
やはり一番かわいいとも言ってました

コメント

  1. 読者 より:

    うちの子どもは中学入ってから精神病になりまして
    学校行けないどころか 外にも出られなくなり 周囲の全てに興味が無くなり食べる意欲もほとんどなく
    薬では一時しのぎで
    もう 目もうつろ
    廃人同様
    もう終わってます。

    神社仏閣での
    ご祈祷も効果なし
    こうなる運命だったような気がします。

  2. パステル より:

    天使・・・増えてきていますね。
    小学校に大手を振って入学してきます。
    既存の不毛なシステムをなたで刈り取り、よりしなやかなシステムの構築に貢献。
    この星に外からでなく、内側から人として生まれ、存在することで助けてくれている
    人たち。大変な勇気と使命感だと思う。家族や教育関係者など、周りの人達も腹のくくりが必要ですよね。望む望まないに関わらず、ほぼ強制的に覚悟、思考のほぐし、価値観の
    転換を余儀なくされるので。ダウン症の生徒に、背中をさすりながら、どんなに頑張ってくれているか、いてくれてありがとうを伝えたら、「はぁい(笑)・・・気持ちいい・・」
    と言ってそのまま一瞬で深い睡眠に入ってしまいました。一緒に色んな体験をさせてあげたいですよね、良いお土産に。