読者登録お願いします
スポンサーリンク

伏見稲荷の眷属の怒りに触れた家の話

太閤秀吉さん 妄想ブログということで
この方認知症 伏見の稲荷の怒り買ってます

霊的 インチキ的な言い方すると 拠点を伏見に変えようとしたことで
豊臣家の運命決まりましたね

前田利家の娘お豪を養女にし めっちゃ可愛がってたじゃないですか 豪姫が病気の時
治さなかったら日本中の狐を殺すと 伏見を脅したじゃないですか

怒り買いましたね~ 伏見を築城中に伏見大地震が起き
関ケ原も西軍が伏見城なんて少数しかこもってなかった城に固執したため 戦略が大幅に変わっちゃったじゃないですか

スポンサーリンク

あれ 私的には 伏見の稲荷が本拠地の伏見に秀吉を誘い込んだです
そして最後は伏見で亡くなって

同時代の人なんかは善光寺の阿弥陀様の祟りといいますが
私的には絶対に伏見の稲荷ですね~

阿弥陀様がたたるってあんま感覚はないですが 稲荷がたたるってあるでしょ?
実はばばば~んと浮かんだのです

稲荷の眷属がが相談して 伏見に秀吉呼び込んじゃおうぜ~
毎日枕元に立って 狂わせちゃおうぜ~

ついでに豊臣家を滅ぼしちゃおうぜ~
ま、もうそうですよ

ちなみに、眷属狐と言われてるものが何体も集まりあそこの家を

滅ぼしちゃおうというもの、実は見たことがあるのです

実際に見たというよりも、ここの原因ってそれだよね!!と言う感じで

ま、そのうち記事にしますが、屋敷稲荷を代がわりして祀らなくなったら家人が病気になったり家業が傾いたり、そんなこんなで

相談に来られた方のとこなのですが

ま、そういう場合は当然ちぃおっと私は無理ですから力のある先生に頼んだ方がいいですよーと逃げます

狐様の怒りは怖いぞ~

コメント

  1. 匿名 より:

    うちも稲荷様ご眷族の怒りかいまして
    潰されました。
    金銭運も健康運も 家族全員生きた屍です。

  2. 七海 より:

    お稲荷さまよくも悪くも強力ですね
    熱田の高座稲荷さまは、太閤出世稲荷って言われていて、秀吉の幼少時にお母さんとお参りされたらしいと伝わっています
    私的には、ストリートチルドレンだったのと思われるので、運、すごいなって思ってます

  3. 猫のチャイ より:

    お稲荷さんの眷属さんは、誤解を恐れず書けばそのスジの方々と似たところがあるなと。
    頼ってきた弱者は拒まないけど、私らを使うだけ使ってほなサイナラは許しませんよっていう。あと失礼なふるまいに対しても。
    義理固さと「スジはきっちり通してもらいましょうか」という点は、そのままあちらさんの世界のルールですよね。
    だからお稲荷さんは怖いとか言われるのかもしれませんけど、スジの通し方はそんなに理不尽でもないんですけどね、お酒持ってお礼参りする程度なんですから。
    (お礼参りという言葉がまた誤解を生むのか。笑)

  4. 匿名 より:

    人様とのお付き合いと同じと考えればわかりやすいかもしれませんね。

    お家に来ていただいたら お世話する。
    お引っ越しとかで屋敷稲荷様撤去の際は近くの稲荷神社さんの神主さんに来てもらい御魂抜き?でしたっけ?
    正式なやり方でご祈祷とかしていただくのでしょうね。

    さらに丁寧な人だと京都総本社伏見稲荷大社さまにまで出向きご挨拶とかするのでしょうか。

    お祭りされていたお稲荷様にご挨拶始め
    なんの正式な儀式もなく人間サイドの都合でに撤去はやはり無礼者と怒りをかうでしょうね

    天狐
    空狐
    地狐
    赤狐
    白狐てしたっけ?正神の眷族様は?

    他に
    眷族は眷族でも
    野狐
    淫狐
    風狐というそっち系風の眷族さん達もいらっしゃるようで

    やはりわたしも猫(=^_^=)のチャイさんと同じように感じます。

    やはり
    そっち系風の神様とは慎重にお付き合いしましょうなんでしょうね。

    人間同士の関係でも見返りを期待 要求する人やそっち系の人達との接し方ってあるような
    何か助けてもらったやお世話になったら
    何かしらのお礼やお返し 仕事を手伝うなど
    助けていただいたから わたしも助けてあげる 面倒みます お世話しますなんでしょうね。
    他にもいろいろね
    そっちサイドの義理や道理やら

  5. 匿名 より:

    ちょっとズレてすいません。
    稲荷の神社にお参りに行って思ったのは、
    「護って」くれるけれど「仕返し」はしてくれないような…
    倍返ししてほしかったんですけど^^;

    でも、こちらが不義理をすると
    「仕返し」されるんですよねー…

    女性的かも。

    • 猫のチャイ より:

      うーん、仕返しじゃなくて「教育的指導」なんじゃないでしょうか。
      「何かしてもらったらなんて言うの?」と子供を諭すのと同じ感じで。あるいは体育会系のパイセンからの、愛のあるゲンコツ的な。「愛のある」がミソだと思うんですよねー。

      大抵の神様は「黒い」お願いはスルーされますが、山口県にある、海蛇をお祀りされてるとある神社は、なんでも聞き届けてくださるようですよ。お供物は生タマゴ。
      ご縁があれば見つけられるかもしれません。(でも出来ればやめたほうがよいかと)

      • 匿名 より:

        なるほど…ですね。
        あ、仕返しを望む、のは自分の中でだけでして神様にはお願いしてません。
        ただ、祈祷の時は護って下さいとお願いしました。
        それで相手に返れば(倍返しになる?)と思ったのは自分のいやらしい心です^^;
        あまりに理不尽な行いを色んなかたにしてる人だったので・・・

  6. ジミヘン より:

    仕返ししてください~的なお願いはやはりよろしくないと思うのです
    調伏祈祷なんかも、完全にお相手を調伏してくださいと今の時代にすると
    やはり色んな業になるでしょうし 戦国時代はそういう時代ですからですが

    時代によって良い悪いの判断って変わると思うのです
    あんま神仏に恨みの念は頼まない方がですな 何故って神仏って怒りはあっても恨みを持つ方たちではないと思うのです

    ない感情をお願いはよろしくない

    どうしてもであれば私にとって最もふさわしい状況をのほうが良いかも
    もしかしたら相手なんかもうどうでもいいわと思うくらいの良い状況が来るかもですし

    恨みの念に通じるのは同じように恨みという感情を持ったそんざいなので
    あまりよろしくないものに通じますよ

  7. ジミヘン より:

    多分なのですが、ご本尊様と言うのは人間的な感情と言うものがあって、お帰り頂く云々にも理解は示される気はするのです 正当な理由があれば
    ご眷属様と言うのは、人の姿ではないので、そういう方々って人間の感情や常識の外の方々なんだと思うのです

    動物なんかが何日も餌もらえないと怒り狂う、病気なんかでお食事抜いて水だけでもと言う風にして、あなたのためですからといっても理解しない、
    そんなとこはあると思います

  8. ジミヘン より:

    秀吉さん、ストリートチルドレンに近かったでしょうな~
    今だったらフィリピンのゴミ山の子供みたいなかんじでしょうな

    其れが天下人になるというのは普通に考えて本人の能力以外の何か大いなる力が働いたとしか思えないですな

  9. ジミヘン より:

    それはそんなやらしい心ではないですね
    でも自分の業になるとそんなのでこの理不尽が起きる状況と言うものを

    神仏様の目で見て最もよきように収まりますようにぐらいがいいのかも
    それで神仏様が見てこいつはやはり許せない!!痛い目をとなったらそれはそれで
    なるべくしてなったんだなと

    私も理不尽なニュースや木村さん追い込んだ奴らとかひどい目にあえ!!と思いますが
    それはあくまでも思うだけで
    神仏の祈願にはしない方がっすね~