読者登録お願いします
スポンサーリンク

後継者選びは大変でござる

会社ごっこの様なわが社でも今月は決算月ということでマジで忙しい

一応会計という名の母がいますが数年前から仕事の情熱はゼロのナッシング

それどころか自分の仕事は孫の相手と夕飯つくりと自分の好きな仕事だけをより好み勝手に自分で仕事作ってる

やりたいことしかやんない社員は伸びしろゼロだわな!!給料泥棒!!

ま、そんなこんなですが、自宅ワークをいいことに、1,2時間の隙を見つけてサーフィンに行く私も社長としては失格でしょ~ ははは

社長はタイムカードないもので!!

そんなこんなで来月初週あたりまではてんてこまいです

一年で一番いやな時期ですな!!世間は一年で一番機構の良い楽園ですが

スポンサーリンク

さて会社や宗教の後継者選びのお話

新興宗教も世襲すればするほど求心力基本落ちちゃいますから
議員だってスポーツ選手だってなんだって 基本2代目ってだめじゃん ははは

その確実に親父よりも劣るものを据えてたら 求心力落ちるに決まってます
1代で大発展するのって やはり創業者のカリスマ性が大きいじゃないですか?

そのカリスマが引退した時点で求心力は落ち しかもカリスマ性も能力もない息子が2代目になったら
ロクなことない

だったら譲って創業家として 力をもって 3代目なんかが能力があれば 創業家の血が再びトップに
のほうが どう考えても求心力もですよね

しかもカリスマ性や物語性だって書きやすいじゃん

人間どんなカリスマでも 晩年の判断力が落ちたとき どうするのか
さえてる頃に考えておくべきですよね~

それって想定内のことじゃん しかもカリスマ創業社長が 判断力なくなってでも絶大な力持ってる
そんな面倒で不幸なことないでしょ?

よく創業者が 後継者を育てる時間や暇がなかったと相談多いのですが

会社がある程度の規模になることが分かった時点から 後継者を育てるのも 会社を発展させるのと同じくらい
重大な社長の仕事なのです

さて 私が大注目してる後継者選び まるかんの 斉藤一人さんです この方 完全なカリスマ商法じゃないですか

どんな後継者えらびするんでしょ?
もしかして まるかんグループトップ 斎藤一人 のような組織にはせずに 各グループ会社独自に~
にしちゃいそうですね で自分のとこの銀座まるかんは 閉めちゃうみたいな

そのために早い段階から 各社長に本出させたり 積極的にメディアに露出させてたのかも?
と最近思ったりで

斉藤さん死後も各グループは生き残れるでしょうが 商品開発どうするのかな?と思って
かなり注目してます

まさかそんな手が~という 発想持ってそうですしね

ちなみにわが社もあたしのカリスマのみで成り立ってるので事業譲渡は全く考えてないですてか だ~れも欲しがらないというのが実情です

家族内でも兄の子供の誰かに継がせて云々という話一切出ず!!

ははは

コメント

  1. 美人特派員 より:

    歯医者の待合室に置いてあったプレジデントに興味深い記事がありました。戦国武将で後継者選びに失敗したのが武田信玄と上杉謙信だそうです。

  2. 猫のチャイ より:

    上司の一番の仕事は部下を育てること、だからキミは△△くん(課長)を育てないといけないぞと、社長が部長に言ってたことを思い出しました。そこは中規模の、社員がお互い顔と名前を知ってる会社だったので、割とみんな「自分のため」と「会社のため」がリンクしてたんです。
    でも、いま勤務してる財閥系の大きな会社では、この人さらに上を狙ってるんだなと感じる部長は、直属の課長に、仕事は出来るけど人格に少々難アリな人や野心ゼロな人を選んで集めていて。
    あー、自分の足を引っ張らず、そして自分を追い越すリスクもない人選をしてるなーと興味深く観察しております。
    会社のためを思うならそんなチョイスはしませんよね。大企業は、大きいがゆえに社員が会社に愛情を持つのは難しい面もあるようです。
    外野のおばちゃんはそんなことを思いながら、今日もすみっこでパートやってます。(笑)

  3. ジミヘン より:

    そのプレジデントは猫組長がもう記事は書かないと怒ってますな ははは
    ちなみに私の中では信玄さんって過大評価されすぎと思ってます

    あれは後の勝ち組徳川家が旧家臣団取り組んだりと親信玄なので江戸時代を通じて
    悪くは書けなかった、言えなかったことが後々まで影響でしょうな

    結局後継者選びって結果からしか成功失敗って言えないんですよね
    武田家も長篠の戦いの惨敗がなければ勝頼さんは指揮官としては優秀だったので
    もしかしたら後に名を遺したかもですしね

    ま、私的には基本息子や一族に継承は失敗と思ってます
    それでも息子にの場合は鎌倉幕府や徳川幕府のように、将軍(社長)に権限を与えずに
    優秀な執権や老中と言った番頭さんが取り仕切るしかと思ってます

    その時は前社長が次期社長の持つ人事権やその他の権利を取り上げるくらいしないとですが 
    まあ今の時代は持ち株云々否決権云々あって昔のようには無理でしょうが
    乗っ取られちゃいますから ははは

    私的には今川義元さんが生き延びて勢力を拡大し、室町幕府の管領なんかになって将軍を補佐したら、次期当主のバカ殿と言われる氏真さんなんかを家康さんが補佐して

    今川家はお公家さん的な感じで~になってたら案外よい後継者選びだったねとなったらおもろいなと
    ま、家康(元康)さんが今川家の家老として生涯忠誠を誓ったら今川家も案外室町幕府も安泰だったかも
    ちなみに謙信さんの後継者景勝さんは関ヶ原の賛否はありますが
    直江さんという戦国きっての優秀な男がさんぽうとしていてよかったですな

    直江の有無が結局武田との差となった気がします かたや滅亡,かたや減俸されても名家として明治まで残るという

  4. ジミヘン より:

    上司の仕事は部下を育ててマネジメントなのですが 人間って自分がプレイヤーとして引退してる、もしくは圧倒的な実力で自分に自信がない以外は
    自分を脅かす可能性のある人間の目を奪っちゃおうとしちゃう生き物ですもんね

    なかなか難しいもんです 後継者を育てるのは
    ちなみに私が思うに結局自分で勝手に育っていくくらいの人材じゃないと本当は無理っすよと
    野村監督がよくいってたエースと4番は育てれないと 正論だと思います
    宝石は磨けても作ることはできないんですよね 石は結局石ころなので
    ではその石をトップとして機能させるにはどんな組織にした方が
    そんな発想が大事だと思います 家康や頼朝方式の

    ちなみに私は人に注意したり怒ったりできないのでどう考えてもトップの器でも
    育てる器でもないのです ははは

  5. 猫のチャイ より:

    飲み会で「俺は将来社長になる!」と冗談とも本気ともつかない絶妙なテンションで言ってた、仕事が出来て人格も◎な30代男性は今、その部長の指示で海外で駐在やってます。(期間無制限。)
    部長が事業本部長や統括本部長とかになった頃、定年がみえた自分を支えるために呼び戻すんでしょうか。まさしく海外で勝手に育ってくるでしょうから。
    ちなみに部長自身も勝手に育つタイプだったんだろうなと。海外勤務から帰ってきたあと直属の上司に「お前は課長止まりだ」と宣言されていたけど腐らず仕事をしていたら、他の幹部の目に留まって部長に引き上げられたそうで。
    だからこそ自分と同じ、勝手に育つタイプ=自分の脅威になるかもしれない存在を見分けられるのかもしれませんね。

    エースと4番は育てられない…野村監督が新庄に「お前、何番がいいんだ」と聞いたら「そりゃ4番がいい」って言うから4番にしたらほんとにめっちゃ打ったって話を思い出しました。マー君とか新庄とかって、養殖では生まれないんですねぇ…。

  6. ジミヘン より:

    エースと4番でいうと野村さんがあいつらは全く何も考えていなかったと
    思考力ゼロ、才能だけで勝負した怪物江川と天才田淵さんを思い浮かべますな

    田淵さんは鏡の前でバット構えるだけという練習を野村さんが見てびっくらこいたらしいし江川さんは困ったらインハイストレートだけで野村さん的には~と著作に書いてましたね

    マー君も新庄もダルもやはり素材あってのなのでしょう 新庄さんなんかは教えても新庄二世は作れそうにないっすもんね!!

    ちなみに私的には素材は良くてもバカの代表は阪神藤浪と巨人沢村です
    多分素材が江川クラスの素材ではないから 考えないと無理なんでしょうな

  7. 猫のチャイ より:

    藤浪…グラウンドと学校と汗まみれのユニフォームしか知らない19才が、美人女子アナとかに色目使われて美味しい店の個室とか連れてってもらったら…そら舞い上がりますよね。
    阪神じゃなく、日ハムとかでちゃんと育ててもらえてれば、と思ってしまいます。そしたら新庄みたいになれたかもしれないのに。(いやそれも困るか)

  8. ジミヘン より:

    私の感覚では藤浪は学校のお勉強はできても応用ができない頭の固いバカなんじゃないかと睨んでるのです
    ある意味最も手におえないタイプ
    なおかつプライドが高いんじゃないかと

    多分ダメなんじゃないっすかね~ 落合も人の言うことを聞かずにのイメージですが
    良いものは取り入れる柔らかさと圧倒的な理解力があったと思うのです

    そこの柔軟さと本質を見極める力が圧倒的になさげっすよねと勝手に思ってます
    日ハム球団はいいっすよね なんか若手が伸び伸びとやれるイメージあって
    栗山イズムでしょうか??

  9. 猫のチャイ より:

    プライド高くて頭の固いバカ…元力士の二羽黒を思い出しました。ああはなってほしくないですねぇ…。
    日ハムは、質素倹約のパ・リーグだし本拠地が北の果てだし(道民のみなさんごめんなさい)、腹の立つことがあってうさを晴らしたくても、どこまでも続く広い道を牛(ときどき馬)を見ながら走るくらいしかないから必然的に、色々悟るんじゃないでしょうか。(笑)
    マツコさんが言ってましたが、お水のおねーさんもススキノは癒し系だそうですね。色香でどうにかしようとする、黒革の手帳タイプではないらしいです。

  10. ジミヘン より:

    いや~、その二羽黒がレスラーに転向したとき、北尾最強論でを唱えていた私なんです
    ははは
    総合で結果を出せませんでしたが 今でも北尾幻想はあります

    相撲部屋のおかみさんに椅子を投げつけ、レスラーになってからも馬場の奥さん、
    最強論の呼び声高い元子にも椅子を投げつけのおかみさんづいてた方ですわな ははは

    やはり北海道にはマー君婦人がかつて移籍したグループのように、
    偉大な経営者田中ヨシタケの半農半芸精神が基づいてるんですな!!
    まさかカントリー娘が世界のマー君の嫁でセレブかよ!!
    世の中分からんもんです