読者登録お願いします
スポンサーリンク

家康は確実に秀頼を殺すつもりでした 断言

さて家康は秀頼を殺したくなかったか?殺す気はなかったと言われてますよね
そんなはずないじゃん 絶対に

この方日本史上屈指の危機管理能力の高い方ですよ!!
しかも源頼朝を崇拝してて 吾妻鏡を愛読してた方

なぜに平家が滅んだか どう時代の誰よりも知ってたのですから
将来に禍根を残す可能性 残すわけないでしょ?

当時の最大の危機って 結局自分の仕事秀頼が な訳じゃん
殺す気はなかったではなく

正確には主殺しの汚名を着るようには殺す気は無いでしょ ははは
どうやれば  後世に悪名を残さずに滅ぼせるか?

そのための国替え命令だったかと

結局家康は秀吉が織田家の天下の乗っ取りを目の当たりにしてるじゃないっすか

スポンサーリンク

思ったのは、大義のない主家乗っ取りは絶対に長続きしない!!だったと感じます

なので大儀として国替えすれば命も豊臣家も残しますというのを

見せながら、内心は絶対に大阪を動くわけがない(大阪という世入り大阪城を)

秀頼だけは必ず自分の生きてるうちに殺しておかねばなのです

もっと深い見方をすると、この方が最も尊敬してたのは信玄でなく頼朝なのです

愛読書は吾妻鏡という鎌倉幕府の歴史書ですから

平家が滅亡したのは清盛がお父ちゃんの未亡人が、頼朝は自分の亡くなった子供に似てるからつけてやってよ~という懇願に負けて

本来は殺すべきところを命を助けちゃったからじゃないっすか

家康はそれを知ってるので生かしておくはずはないですよ

さて脱線ですが この方6男に松平忠耀という方がいて
伊達政宗の娘婿となり 大久保長安という 幕府の錬金術師が忠耀にのつけかろうとしてなのです

で大久保長安事件で一族郎党えらい目に合わされ 冤罪ね ただてるさんは 家康死後 秀忠に
改易配流され 死ぬまで70年も許されなかったのです ちなみに許されたのは300年後

これね 秀忠でなく 家康の存命時の命令でしょ 何故って危機管理
大久保事件も忠耀改易も 完全に政宗に対する見せしめ 脅しだったと思うのです

仮想敵としては薩摩 長州であり 油断ならないのは政宗 ということで
そんな家康が 最も危険分子の秀頼を生かしておくはずはないです

と思ってたりなので 続く とね

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    今は命の取り合いじゃなくお金の取り合いでの覇権争いでよかったです。
    KDDIとSB(カレーにあらず)とDocomoの社長が殺し会うとか考えたら、日本全体でみた場合、誰が死んでも国力の大きな損失ですよー。

  2. 七海 より:

    そういえば、秀頼のおじいさんは浅井なので、身体大きいのも納得できました
    秀吉は近衛の娘を養女にしてますが、その子供が後水尾天皇なので、豊臣家は天皇家の外戚
    秀頼も国母の義理の兄弟なので、そりゃあ家康知恵を絞りきったろうと思います

  3. ジミヘン より:

    そうなんすよね 母方の血が強ければ大柄でもと思いますよ
    天下といるくらいの人って当然わきが甘いはずないので
    普通に生かしとく発想はないですよね

    というか当時の武将たちにとっても、普通に考えたら殺すでしょ
    戦国の習わしとしてと思ってた気がします

    なので清正や正則さんたちが必至で対面にこぎつけたんでしょうな

  4. ジミヘン より:

    私の持論で時代とともに世界はよくなっているというのがありまして
    今の時代だから経済戦争という発想になりますが
    80年前だったら経済戦争ではなく実際のドンパチの可能性に
    発展だったかもなので

    どんな大義があっても命のやり取りの戦争への発展はあかんっすよね