読者登録お願いします
スポンサーリンク

鎌倉御家人、畠山重忠は天が遣わした人物だった

鎌倉幕府を代表する御家人に三浦義澄さんという方がいまして

この方がですね、どうやらすごいです

ちなみに孫の代で三浦氏が滅亡させられていることについては
じつはそこまで怒ってないのです

相手が悪すぎたという感じでまあ仕方がない

それが命運という感じです

東国武士らしいといえばらしいです

スポンサーリンク

ちなみに孫の兄泰村のほうは買ってませんが(武士としては心が弱すぎる)

弟の光村については世間で言われるような、、謀略等のできない猪武者
とは思ってないですね

相手が北条氏の中でもトップといってもよい時頼では相手が悪かった という感じです

戦国時代の終焉を告げる小田原の陣、後北条家(鎌倉幕府の執権、北条家とは何のつながりもないYO)が秀吉に滅ぼされましたが

あんな感覚、相手が悪いから仕方がない

誰が棟梁でも滅亡させられてたね、そんな感じです

さてこの義澄さん、中々のというかすごい男です

ざっくりしすぎの表現ですが ははは

三浦氏における八幡太郎義家のような存在といいますか
鎌倉武士団の中でも畠山重忠と同じように尊敬を集める人でしょう

武名も大変鳴り響いてたのでしょう

それ以上にクレバーさも、兼ね備えてます

鎌倉武士団で実も華もある武将の代表といいますと重忠さんのイメージですが

実は三浦良純さん、この方もですね実も華もある

それこそ家中では信仰の対象に位の方です
孫の代で滅びてますが(分家というか ほかの系統は早雲にほろぼされてたっけ?)

三浦家宗家が江戸まで生き残っていたら信仰の対象となってたでしょうね~というくらいの人物です

虎退治の加藤清正公のように、いろんなところでお像が作られ、祀られ、拝まれる対象となってたくらいの人物ですな

ただ三浦家って義澄の息子義村がこの鎌倉武士団の象徴とも言える
重忠を討ち取ってるから御家人の間でメッチャ評判悪いんですよ

残念ながら世の中的にまわしてはいけない人物(今回は北条時頼)

と敵に回してはいけない象徴(重忠)というのがいるのです
会社で派閥やら作る際

その辺ちゃんと見極めましょう

誰を味方にするか 誰を敵にしてはいけないかを
敵にしていけない人物

たとえその人物を追い落としたとしても

その後絶対によくないことがおきます

もしかして神仏の意思でおきるのかも

ちなみに畠山重忠さんなんかはある種の神仏の意思のもとに遣わされた人物なんじゃないかと思ってます

多分幼少のころから、そこにいるだけで皆がひれ伏す

自然にトップとなっている、そんな人物だったんだと思います

世の中にはまれにそんな人物もいまして

以前きんじにしたとあるお武家さんの本家の息子さん

その方も幼少のころからそうだったそうなんですな

稀にそんな感じの生まれながらの棟梁、自然にトップに立ってる人物というのはいます

ちなみにスケールはもっと小さいですが、森蘭丸のお兄ちゃん、鬼武蔵と呼ばれ恐れられてた森長可さん、この方も幼少のころから、皆がひれ伏すほどの覇と言いますか気迫といいますか

そんなものを持っていた感じがします それこそあの子供は人ではなく鬼の子だ!!それくらいに

ちなみに鬼武蔵さんってとある人物にかぶるのです

実は生まれ変わりなんじゃないかと思ってる人物がいまして

刃牙の花山薫のモデルにもなったステゴロ最強と唄われたあの人物なのです

次回に続く