読者登録お願いします
スポンサーリンク

魔都鎌倉をスピ散歩、鎌倉の本当の恐ろしさ

さて台風被害はいかがでしょうか?私は台風が過ぎた後のグッドウェーブを求めサーフィンに行ってきます~

ということで波情報チェック中です

当然サーファー御用達の波通りという波チェックサイトで!!

(近いんだから直接見に行けYO)

ワイドな波が残ってますがスープの白波が~

これはアウトに出るの大変そうなので短い板持っていきます~

ちなみに台風が来ると毎回母から電話がかかってきてサーフィン行くなYOとくぎ刺されます!!

台風ど真ん中にはいきませんが前後に行きますよ~

だって台風翌日は風もやんで気温も高く穏やかに晴れて波もあるサーフィン日和ですから ここは宮崎か?というくらいの

Adjustments (3)_plist

さてこちらは数々のドラマや映画の舞台になってる鎌倉の極楽寺

なかなか因縁深く怖い土地です ははは

おお~ジミパパ!!と思うくらいのジミパパファッションな親父じゃないっすか~

ボトムがジーンズでキャップかぶればまさにですよ~

なぜ年寄りって皆さん釣り人のようにポケットがたくさんついたベストきるんすかね?

父なんかタバコも吸わないのでそんな入れるものもなかろうに

さて我が家の裏手には龍口寺という日蓮宗の大きなお寺がありまして

日蓮さんがここで処刑されるときに空がぴかっと光り

イナヅマが処刑人の刀に落ちて刀が折れて処刑されずに済んだという

伝説が残る場所

所謂鎌倉時代の処刑場というとこです

案外因縁深い土地でして

鎌倉時代には江の島合戦というのもありこのあたりも

合戦の舞台になってたであろう場所

25171706967710827

竹灯籠祭りや池上本門寺なんかからも信徒さん勢揃いの法難会という

まといぐるぐるぶん回すにぎやかな祭りがあったりと中々の

イベント好き!!江ノ電撮影スポットでもあります

ちなみに私がここにマンション買ったのも海まで近くサーフィンライフ満喫~というのと海から帰るときに見えるこのお寺を含んだ山の景色がいいな~と思ったからなのです

さてそんな我が家周辺ですが当たり前ですがなかなか香ばしい

いわくのある場所だな~ ははは

ま、鎌倉でいわくのない場所のほうが珍しい!!(我が家藤沢ですが

道はさんで鎌倉なのです)

先日布団に入ってるととある人たちが話しかけると言いますか

ま、私に話すというよりも独り言なのですが

くそ~!!とすごく恨みと無念をもって話してる

しかも何人も

その方たちの後ろには家来らしき軍団が

ああ~そっか

鎌倉が怖いというのは血が流れてるという以上にこういう人たちの

怨念だなと今更気づきました

スポンサーリンク

鎌倉の霊関係の本なんかだと戦で血が流れてるから怖いとかありますが

本当はそうじゃないっすね

それもありますが

それはレベル低すぎのリーディング

鎌倉の怨念って実は源頼朝に従って後に裏切られ滅ぼされた御家人たちの恨みなんですね

どっちかというと皆さん、鎌倉幕府が足利尊氏や新田義貞に攻め滅ぼされた時の怨念と言いますが

それもあるでしょうが恨みの念は確実に御家人たち

和賀龍口寺処刑場なんかも 悪いことして死罪というよりも

今でいう政治犯(まあ幕府に敵対した御家人たち)を処刑した場所なんだ~!!(多分)

そりゃあ余計に無念だわな!!

ということで鎌倉が怖い謎を

さてまずその前に前知識として

なぜに御家人たちが頼朝に味方したか そこ知らないとこの話全く分からない

時はおごる平氏~と言われるくらいの平家の世の中

頼朝さんは親父が平家に敗れた源氏の息子で鎌倉に島流しにあった

罪人の息子 従うものも数人という落ちぶれた坊ちゃん

のちに秀吉が小田原攻めでこっちに来た際、頼朝の墓にきて

貴殿も私も同じような身分から天下を取りましたな~といったという話が残ってますが

実際は違うのです

立身出世の代名詞太閤さんも身分低い生まれですが

頼朝さんはその下の立場の罪人ですから

ただの罪人ではなく平氏に逆らった大将の息子という極悪人

普通であれば浮き上がることはあり得ないのです

さてなぜそんな罪人の子供が島流しになった先で味方が作れたか

それなのです

その味方になったのがかの政子さんの実家の北条家をはじめとする鎌倉の御家人たちなのです

ちなみに天下を取った後頼朝やその跡を継いだ北条家が御家人たちを

粛清しまくりましたが

権力を中央集権にするためともひとつ

頼朝の性格もあると思うのです

この方猜疑心強くプライド高くなおかつ昔の恨みを忘れない男

ま、それくらいですから日本史上家康と並ぶ危機管理の天才でして

ちなみに家康が最も尊敬したのは信玄じゃなく頼朝さんでして

家康の愛読書は実は鎌倉幕府の正史(幕府発行の鎌倉幕府の歴史書)

吾妻鏡でして

これ読んで政治や部下の統制を学んだとされております

さて後の御家人粛清の裏の歴史のキーワード

実はもやしっことドカちん!!とかんじるのです

いやいや、マジで

さて島流しにあった先、東国の鎌倉ですが

ここって坂東武者という言葉があるくらいの荒々しい気性の

土地じゃないっすか

武士も気性激しくなおかつ強い いわゆる体力バカ

いまでいう土方にあんちゃんや親父たち

かたや頼朝さんは武家の棟梁源氏の御曹司と言われますが

実際は都育ちのインテリもやしっ子

お母ちゃんだって熱田神宮の神官の娘という血筋の良さ

今でいえば出雲大社の娘さんというあるいみ神につながる血筋くらいに

当時は思われてたかも

今でいうところの都内の名門私立のちびっ子がお父ちゃんの会社倒産して北関東や川崎独立国、生野あたりのがらの悪い地域に

やってきた 短パンに眼鏡かけて

しかも親父、借金で首が回んなくなってあやしい投資話や(豊田商事、第一次UWFのメインスポンサーな!!)怪しい仮想通貨(ガクトコイン)なんか初めて投資詐欺で逮捕

それをみんな知ってるという

そんな状況だったのです

面白いので続きます