読者登録お願いします
スポンサーリンク

結構大事な命の話

DSC_0642

さてこれはですね 末期癌のお母さんのためにという息子さんからのブレスです

一度おつくりしたものをお母さんが亡くされて

せっかっく息子さんからのプレゼントをなくしたということで悲しまれていたので
ということで

スポンサーリンク

もうね 胸がいっぱいになります

心をこめて組ませていただきました
いろいろ考えちゃいました

たとえば息子さんのために余命を伸ばすことがもしできたら それはよいことか?
お母さんが余命宣告されているので もしかして苦しい思いをするだけではないか?

とかさ そりゃあ 完治がいいに決まってます はい
なので私にできるのは 病室から桜は見れないかもしれないので

桜の花のようなブレスを組んで 病室でブレスを見て 桜の花を思い浮かべてほしいなあ
息子さんと一緒に ブレス眺めて 桜を思い浮かべて いろんな思い出を浮かべながら

ゆっくりとしたよい時間をすごしてほしいな という思いで組ませていただきました

私なんかが どうなるとよいなんか 命、大切な家族の命については 立ち入れるわけもないし
どうすればいいなんて えらそうなことがわかることがないので

如意輪様に この方やご家族様にとって最もよきこと 状態をお願いしますと
お願いをしました ただ最低限 ご本人の苦しみと家族がなるたけ苦しまないようにと

こんなご家族にとって最も大事な時間に 私なんかのブレスをご希望されて
もったいなすぎます ありがとうございます という気持ちでいっぱいです

私 両親というのがとても好きで大切ですので 親子の愛情や別れというものに
とても弱いのです

親の命って本人だけのものではないのです 息子や旦那家族みんなのものなのです

比重でいえば本人のものという比重はとても低くて

といいますか 命は自分のものだから という意識は傲慢です 私に言わせれば命はお前のものではない です 命は周りの大切な人たちのためのものです

自分のものだから粗末にしていい 勝手にしていいなんてとんでもない
大切な人たちのものだから 大切に大切にしないと駄目です

大切な人たちが ないたり悲しんだりしないように できればその方たちが大喜びするような
生き方をしないと駄目なのです

命ってね 自分のものではなく 大切な人たちの大切なものを 自分が預かってる というもの
預かり物なので大事に大事に扱わないと絶対駄目なんです

と説教くさいですが 坊さんの法話みたいですよね 法事の後の

ま、坊さんの法話なんかよりもいい話なんだけどさ ははは

コメント

  1. 麻婆豆腐 より:

    とっても、とっても、心に伝わります。
    とてもよいお言葉、ありがとうございます。

    (偉そうにごめんなさい。)

    感謝です。

  2. 匿名 より:

    ジミヘンさんは、暖かい家庭に育ったからそう言えるんですね、羨ましいです。ここには書けないほど

  3. さかもん より:

    心に響きました。
    昨年、12/24に親友の弟さんが自殺されました。親友の落胆と深い悲しみと言葉がみつからず、ただただ見守るだけでした。何もしてあげられない自分にも自分の小ささを感じてしまいました。
    皆が自分の命は自分のものではないと・・
    心にストンと何か落ちました。ありがとうございます。

  4. ジミヘン より:

    自殺するほど追いつめられてたんすよね~ たぶん

    私思うに追いつめられる前の 普通の日常の時点で

    どれだけあなたのことを大切に思ってる人がいて~

    逆にあんただって大事な人がいなくなったら悲しいでしょ
    そういうのを知らせたいっすよね~

    愛情教育といいますか そういうのって大事な気がするんすよね~

    それこそ小学校低学年あたりから

    あんたたちが産まれたときどれだけ両親が喜んで大事に思ったか~って

    で大きくなってふとした時にちょっと思い出すみたいな