読者登録お願いします
スポンサーリンク

執着という道具をどう上手に使うか

執着 よいか悪いかわかりません というか 実はよいも悪いものないのでしょう

ただそういうもの 使う人によってよいものににも悪いものにも

それだけで 世の中のものって 人類の進歩 科学の進歩によって生み出されるものも
よい悪いなんかは本当はなくて

ただの道具であって

スポンサーリンク

大事なのはその道具をどう使うか 使う人間の道徳心なんでしょうね

執着しまくらなければ 功なり名を残せないですし 人類を救うようなものって作れないじゃないですか

逆に執着しすぎると 生霊となったり成仏できなかったり

生霊も ある一定以上に執着すると その場所であったり あのものや相手に想念が着いて

その想念が物質化(?)するのでしょう 親の愛情であれば子を守ることもあるし
その愛情がゆがんで

子供の道を 自分のよいと思われるものにしようとしすぎれば 縛りすぎちゃって
子供の道が逆に狭まったり ゆがんだりもです

そこはですね 正直自分も悩むとこで たとえば相談に乗るじゃないですか?
私の中でこれが一番よいと思う道があったとして

さてそれは正しいのか?たんに私レベルの話で じつはもっとよい道はあるんじゃないか?
それを提示したとしたら その人はそれに縛られ 逆に悪くなるのでは?

とか思うわけ

なので 基本的に提示するものもいくつか提示するようにしてます 1つよりは2,3と増えたほうが縛られるのは少なくなるし そこに自分で選択するというものができるでしょ?

私の感覚だと すごく大事でして 執着も自分が正しい執着の使い方をしてるか
確かめながらですかね?

子供への執着 難しいですよね 大人が見たら絶対こっちに行くべき この道に行くべき
ってあるじゃないですか?

特に親だったら心配ですから そこを強制していいのか?どうなんでしょ?
たとえば子供を3人東大に入れるために

子供のころから 効果のある学習や生活を強要して めでたく東大に入って
1流企業や官僚になって 生活も安定し~

という生活を送れました

どうですか?そこに子供の意思 選択はないわけでしょ?親としては子供も勉強を嫌がらなかったし東大に入りたいという気持ちでしたと
子供もそうだったと

ですがそれは物心つく前からの刷り込みで それ以外の選択肢はないという前提条件だったとも

これはなんともいえないですよね 子供のためになってるかといえば すごくなってますし はい
子育てに正解なんかないのでしょうねえ 否定もできないじゃないですか?

かといって手放しに肯定も 子供がどういういきかたをしてどういう職業が成功という
答えがないですから はい

話脱線しましたが 結局よく生きてよく死ぬ それが大事なんじゃないかな?
生きてる間は執着しまくってもいいし ただ死んだ瞬間に執着は手放して
上手に死にましょうって

コメント

  1. 匿名 より:

    私の親が、私にしたことについて、自分もやられたら嫌だと思うことした!って言ってましたが、今になったら、そんな反省したような事、言ってない!って
    そんな人だから、上手くいきません❗️
    全てがこんな感じで、口は挟んで壊していく人で、72歳この人は私は、悪くない!って生きていくのだな~怒
    親と言う人と、一番理解したり、かばってもらっりしたかったが、私は、恵まれなかった
    現世ではなく、次の世で幸せになりたいです!それが、私の執着かも!

  2. ゆず より:

    執着して生き、死ぬ瞬間に執着を手放すなんてできるんですかねえ。見たことあります?
    生に執着したら、死ぬ瞬間はさらに執着しますってw私は見たことがあります。

    断食とかしたならお分かりでは?
    執着するべきものがこの世にはなに一つないという事。

  3. ジミヘン より:

    来世じゃなく今から速攻で幸せ目指しましょ~
    来世やら前世だって本当にあるかどうかわからんのですから

    とりあえずは何となくこれが手に入ったらいまより幸せ鴨
    状況よくなるかもというもの手に入れましょう

    おかねでも物質的なものでも男のように世俗的なものでもいいと思うのです

    いまより少しだけでも幸せになれそうなもの手に入れちゃいましょう

  4. みみ より:

    小さすぎることで恥ずかしいですが、わかれた彼への執着が辛いです
    自分でこんなに人に執着すると初めて知って、びっくりする気持ちがありつつ、苦しいです。
    早く忘れたい。その方がいいのは客観的にはわかっているのに、でも楽しかった頃や優しかった頃の思い出が手放せきれなくて、ほんのついこないだまであったものがもうないなんて、寂しくてみじめで、彼の掌返しのような態度を目の当たりにしてますます執着してしまう自分が辛い。恋愛って、自分が知らなかった自分を知ることでもあるのかもしれませんね。
    この執着を解き放って幸せになりたいです。

  5. みみ より:

    執着って、それしかない、代わりがないって思うと、よけいにわいてくるものなんですね。代わりがないなんて絶対ない、かなら次があるってみんなに言われても、心が追いつかなくて理解できないんです。
    本当にそんなことあるの?
    次なんてある?って

    人生って強く望めば叶わないことほとんどないという気がしていて、今まで仕事や夢がほとんど全てでした。今回と同じような気持ちで執着して、しんどい時もあったけどなんとかなってきたから、恋愛もそうだっていう思いががどこかでしていて…
    でも、恋愛は、人と人はそうじゃないんですね
    それが辛いですね

    でも一つだけ、この執着すらも、感じられてよかったと思っている自分もいます。執着自体は苦しいけど、今までと違う自分や気持ちを感じたことそのものは、私にとって必要だしきっとよかった。

    ジミヘンさんが今回書かれている執着とは違うもので自分語りして、ここに来ている方でもご不快になられたら、申し訳ありません。

    今こうして言葉にさせてもらえたことで、こうして書いていくなかで少しだけ、また気づいたことがありました。

    ありがとうございます。

  6. みみ より:

    ごめんなさい、人生は叶わないことはないって、叶う叶わないの捉え方で変わるものでもあるかもしれなくて、他の人から見たら私がかなったと思ってるものも、かなってないって見えるかもしれないです

    大変な思い抱えてる時にこういうの目に入ったら、ひっかかる一文だったとおもいました。考えなしに書いて、連投してしまって、すみません

  7. ジミヘン より:

    全然気になんない一文ですよ~ 気にせずで大丈夫っすよ

    私思うに恋愛の執着って 結局ほかの執着をする相手を見つけるとか

    そんな感じじゃないと前の人への執着って断ち切れないもんかもしれないっすよね~

    人間だものと ミツオ(NOT寅の甥)のように

    • みみ より:

      ジミヘンさん
      ありがとうございます…

      以前ジミヘンさんが言っていたような柔らかい仕草やしゃべり方を心がけて、断ち切れるよう、新しい人と幸せになれるよう、動きます。

      幸せになるって決めました。

  8. ジミヘン より:

    ブレス様結構お世話してくれるでしょ~
    私のなしの外出や就寝なんかすると

    体バッキバッキニなったり頭痛かったりですから

    彼は中々優れものです!!「