読者登録お願いします
スポンサーリンク

源義経公をリーディング

以前書いた義経=鬼神は実は ある毘沙門天の修法でというお話も

その続き まずなぜに藤原秀衛は義経を迎え入れたか?
ま、よく言われる なにかの役に立つときが の保険ね

これは絶対あります おおいに
ただこのもしと言うときの意識の差がある人物とかなり差があるのです

その差がのちに結果として

圧倒的な差に・・・というのは無理くりすぎ?

スポンサーリンク

その相手は北条政子のおとうちゃん

そうあの男です この方はほんとうにしたたか
日本史上でも指折りのしたたかさを持ってます

さてその意識とは まずね 当時の平氏政権が崩れるなんて誰も思ってないの
不満はもってっても 現実にはねって そりゃあ 平氏であらずんば 人であらず

と我が世の春を謳歌してたのですから しかも最大のライバル 頼朝兄弟の
お父ちゃんをころして 敵対できる勢力はいないのですから

藤原さんも もし 万が一 平氏が倒れたら 源氏の血を手中にとのおもいもあって
義経を ですが ま、ないわな って感じでしょう

ですが政子のお父ちゃん この方 その万が一があるかも?
いやいや 結構あってもいいんじゃないか?

いやいや、この源氏の御曹司にかけてみるか!!なんです だってまさこのお父ちゃん
平氏の家来ですから!!実は

当時日本中探して 打倒平氏を真剣にって このお父ちゃんくらいだったとおもうのです
1番驚いたのは 御曹司の頼朝だったとおもいます

まじっすか?無理無理って このままこの治で余生送らせてくれよって

この意識のが両家のその後の差 というのは大げさすぎ?

でですね 秀ひらが欲しがったのは もしかして それ以上に都の最先端の呪術!!
ピンと来ないかも?ですが 中世って呪術を抜きには実は語れないのです

当時の呪術っていまでいう核兵器であり最先端の科学なのです だってさあ都を作るときに
密教技術ででしょ?延暦寺おいたり

戦争でも 将門を倒すのにきとうしたり 崇徳上皇だって呪詛し続けたわけじゃない 死ぬまで
その最先端の技術って 都でしかであって 奥州にはこないわけ 残念ながら

ちなみに藤原さん都に金やらすごく寄進してたじゃん?実は最先端の呪術をてに入れたかった
ってあると感じます

そしてですね その呪術の何が欲しかったか?なぜに義経なのか?
私の中で絶対これ というのが

リーディング出来ちゃったのです それは毘沙門天 理由は次回

キーワードは鎮将夜叉法 どんなものかは昨日の裏ブログ読んでください
実は平安時代って 日本史上もっとも呪術が華やかで ダイナミックな変革期で

個人的に面白くてたまらんのです はい

コメント

  1. 匿名 より:

    毘沙門様と義経さんは ワンセット
    奥州では 知られている話しです。
    義経さんね~

  2. チャム41 より:

    奥州、毘沙門天となるとマロ様も。
    マロ様が信仰した清水寺の観音三尊、千手、将軍地蔵、毘沙門天って独特ですよね。

  3. ジミヘン より:

    奥州ではワンセットなんすね~ どんな感じで知られてるんすか?
    義経を祀ってるとこは必ず毘沙門天もなのか
    もしくは化身としてなのか 

    気になります

    マロ様千手様に将軍地蔵~ですか めっちゃ独特というか 千手様は凄く意外です
    将軍地蔵はいわれてみればなるほど~ですが

  4. チャム41 より:

    義経公、元服滋賀なんですね。ググってビビりました。京で元服のイメージだったもので。
    色々妄想してしまいます 笑

  5. ジミヘン より:

    ググったら確かに滋賀で元服ですね びっくり
    京でだと思ってましたから

    まあ奥州に行く道中の滋賀ということだそうですが
    霊的に考えるとめっちゃ興味深いっすね

    しかも毘沙門天と八幡様を親に見立てての元服だったんすね~ びっくり

  6. チャム41 より:

    滋賀で元服で秀郷公の流れで奥州藤原氏、信夫佐藤氏、西行法師と繋がるのも必然に思えてきます。毘沙門天でマロ様、八幡様で秀郷公、将門公、マロ様。奥州の鎮守府八幡宮は平安京以前にマロ様が勧請したといわれ大崎八幡宮は鎮守府八幡宮からの分祀です。
    源氏の氏神というよりツワモノが信仰した八幡様って気がします。
    そして北辰も。

  7. ジミヘン より:

    義家公の時代はわかんないですが 其れ以降多分鎌倉以降なんかは
    八幡様って確かにつわものたちが信仰してますよね 絶対に

    北辰はあとは呪術畑の方たちが信仰してますよね~