読者登録お願いします
スポンサーリンク

国民総鬱時代を生きぬくには

さて昭和の時代って太く短く燃焼が美学で そうじゃないと会社でも社会でも認められない時代だったのです
ざっくりしすぎな言い方ですが ま、違うって意見 突っ込みどころ満載ですが 重箱の隅突っつくなよ!!ってね

スポンサーリンク

これからは細くながくしぶとくです これだけ鬱やら増え 国民総鬱 なので 自分で守るのです

手を抜きながら 会社だって しぶとくしがみつけばいいです 昼行灯でもなんでも言わせましょ

昭和はね 野球で言えば 権藤権藤雨権藤 や神様稲尾様のように

無理してでも 連投する時代だったのです それが美学で必要な時代

ですがいまはね 工藤方式です 今年14勝来年7勝というように

一年起きに手を抜いて きずいたら 現役26年目 200勝こえちゃいましたってね

そっちの生き方がいいとおもいます ま、一般てきにね 中には昭和の中三日 連投もいとわずな
生き方しないといけない人もいますが われわれ一般人は

がんばりすぎずに細くながく生きましょ

練習なんかもね 昭和の根性論 うさぎ跳びに~ではなく 自分でこっそりサボりながら
怪我せずちゃっかりです

なぜってそういう時代ですから 成功=幸せではなく 幸せの基準は自分でさがしましょ

です 今はやりのサードウェーブ男子でもいいのです 丁寧な生活ってやつね
ブルーボトルコーヒーみたいなさ ま、何いってるんだ オカマか?とおもっちゃいますが

価値観の多様化という逃げ道に逃げ込むのもありです

なんとなくですが 最近特に 無理せず逃げましょって浮かびます

無理せず逃げるはね 嫌だからサクッとというよりは ちゃんとがんばってみて ああ、駄目だわ~ってなったらねって意味ね

仕事も覚えず 職場の雰囲気が~ってのは 単なる甘え ですから 履き違えずに~
さてレポ

コメント

  1. フジタ より:

    逃げ道も道って言いますもんね。

    自分で幸せと責任の基準を決めて、苦しいことをできる範囲で乗り越えるって大切なことだと思います。

    息抜き、手抜きも意外と重要で。昔を振り返れば、あの時息抜きしてれば仕事辞めずに済んだのかなって思うこと、結構あるんですよね・・

  2. ジミヘン より:

    世の中って正攻法だけでは無理なんすよね~

    手抜きや息抜き 近道や回り道 いろんな経験という知恵を使って生きていくというね
    頑張る 我慢するというのもその方法のひとつで
    すべてじゃないんですよね

    自分にあうもの 状況に合うものという感じで使い分けないとそりゃあ病みます

    学校や世間って基本正攻法しか教えないので そりゃあしんどいですよね
    ついでにもろいわなと

    • フジタ より:

      正攻法・・確かにそうですね。

      みんな自分がどんな人間かわからずに、正攻法で勝ち得た理想だけを追い求めますよね。それが幸せなんだよって言い聞かせられる。

      その裏側には、学校や親の言うこと聞かないと孤独になるよっていう、脅し。感覚の麻痺(鬱)。個性の抑制。みんな、恐怖心の言いなりです。

      私の友達(人の親)が言ってました。もう、いつ死んでもいいかなって。

      綱渡りじゃないですけど。恐怖心の言いなりにならず、意識して心のバランスとらなくちゃですね。鬱になる前に。

      世の中を見てると、この先怖いこと起きそうですから。ジミヘンさんが言う、自分の身は自分で守る、です!