読者登録お願いします
スポンサーリンク

菊池成孔と筒井文学

さて読者さんの99パーセントは全く興味ないと思いますが

ジャズミュージシャンで文筆家でもある菊池成孔さんと言う方がいまして

結構好きなのです プロレス~格闘技~音楽~サブカルあたりまでを

独自の視点で分筆しちゃうその感覚が好きでして

と思ってたら読者さんでこの方の大ファンという方がいまして

びっくりした覚えが 婦女子だわ ははは

この方は何を喰って血と肉としてたんだろうと思ってたら

なんと作家の菊池秀行さんが17歳離れたお兄さんだったんですね

びっくり

サックス吹いてる方である意味最も菊池さんらしい音楽

デスカルガミーツ東京のナイトシーン的な

ちなみに大西順子の復帰作のプロデュースも手掛けてました

yjimage

ちなみに映りの良いお写真を拝借

前田日明プロデュースのアウトサイダーをチカーノなんかとかけて

語ったりと中々切り口が面白いのです

そしたら物心ついたときは兄は家にいなくてその代わり兄の部屋がそのまま残ってたので音楽や本と言う宝物が山のようにあって

それが血肉になっていったそうな なるほど~

兄が菊池秀行さんなら兄の見聞きしてきたものは宝だわな~

ちなみに兄は日本の作家部門で納税1位にも輝いた大作家で

その時の納税額が3億とか4億だったそうです すげえ!!

ま、この方も結局幼少期に筒井文学にやられ筒イムズからフロイト~ユングに行くというある意味正しい遍歴の方っすからね~

私は筒イムズと言うよりも岸田秀経由~のフロイディズムです ははは

なのでなんでも問題の原因は性的リビドーもしくはエディプスコンプレックスにもっていきます

会社の経営が悪くなっても、40過ぎても結婚できなくても

なんでもエディプスコンプレックスが原因なのです ははは

ま、しっかりと血肉になるものを喰ってきた人たちの表現するものは

薄っぺらくなく面白いよな~と言うだけの話です

天才の競演です 表現者ってこういう人たちなんでしょうね

この切なさは何なんでしょう

この曲がチャボとの最後の競作なんですよね

切ないです はい

コメント

  1. 匿名 より:

    岸田秀先生、面白いですよね!
    ものぐさ精神分析、読みました。あの方は、幼少から神経症に悩まされたそうですが、霊的なものを感じませんか?
    ジミヘンさんの御意見を聞きたいです。

  2. ジミヘン より:

    岸田先生自体が自覚してたかは知りませんが霊的な人ですよね
    霊的存在と交流してた人と思います

    もしかして時代的にそれを大っぴらにはいいにくいというのもあったかもですが
    多分自覚してますよね~と思います

    神経症と言うより霊的原因の神経症なんでしょうな

  3. 匿名 より:

    返信ありがとうございます。
    霊的原因の神経症・・・まさにそんな感じですよね。
    たしか、自分で心理学を勉強して、最終的に、全ての原因は母親と悟ったら神経症が霧散したと本にあった記憶があります。不思議です。

  4. ジミヘン より:

    呪術的発想なのですが 例えばヒプノでも心理療法でも原因って実はそれが本当かどうかってわかんないじゃないですか 証明しようがなくあくまでも過程で

    ただ過程の原因を見出しそれにアプローチをして原因を解決したという
    方法論でたしかにブロックが外れる場合あると思うのです

    ただわたしはそこに肉体性を絡めるとより外れやすいかな~と
    たとえば術でそれをやるなら
    本人にその術をさせるという能動的な肉体操作が大事かなと

  5. 匿名 より:

    深いですね・・・。
    フロイドやユング等、臨床心理学の巨匠達は、そのブロック外しの達人だったのでしょうね。
    肉体性=身体性=無意識ですかね?心理療法や、潜在意識のテクニック(嫌いですが)でも、ある行動をさせたりしますよね。

  6. ジミヘン より:

    身体意識を伴うほどに抽象度が上がる 精神面だけでは弱いと思うのです
    あとですね 精神面って肉体面からアプローチというのは絶対だと思うのです

    ま、フロイトやユングってある意味霊的な感覚でブロックの元となってるもの
    (本当は元となっていると相手の潜在意識が受け入れれるもの)をみつけ
    提案するのがじょうずだったのかと

    本当は霊能者のようにクライアントが霊的なものを受け入れやすい職業の人って
    そのあたりの提案を受け入れやすくできる立場とラポールがあるから

    そのあたりができないとおかしいと思うのです できない人は勉強と技術不足と言いますか