読者登録お願いします
スポンサーリンク

ストレスと鬱

ストレスと鬱 についてです 鬱の治療って病院だと保険内になるんでしょうか?
ちょっと気になりまして

自衛隊の精神面の担当の方が仰ってましたが

鬱発症には2つあって

スポンサーリンク

まずは中くらいのストレスでの発症 これはまあストレスはあるが皆さんそこで仕事してますよ~って職場レベルの話

もう一つは ストレスがつよいレベルでの発症 精神的にも能力的にも高い人がある日急に
発症すると言うかんじ まあ 外資系企業や金融のエリートさんが陥る鬱です

これは精神面やや能力の耐性は関係ないそうで 誰もがなる と言うものだそうです

どこから来るかというと 結局肉体面の疲労があるレベルまで達すると 誰もがなる可能性が高いそうで レベルは個人差ありますが

それを防ぐには 睡眠による回復しかないそうです 米軍で6時間睡眠と8時間睡眠のグループを比較したところ 6時間は酩酊状態くらいまで下がったそうで

ストレスにはスポーツや趣味 と言うのは 中レベルのストレスまでで精神的ストレスの場合は
発散でよいが

肉体的なとこまで行くと さっさと寝ろよ しかないそうです

これ読んで 納得したのが 私がよく言う 精神面は肉体を~というじゃん

中々的得てたなと 精神面を鍛えるなら肉体的アプローチ ストレスも肉体的アプローチ

休息も含めて 陰陽でいうと肉体は陽で精神は陰で 結局つながってって どっちかのやまを
のぼれば どっちかのやまにたどり着くといいますか

でですね アプローチとしては 形のないせいしん面から出なく 肉体面からの方が分かりやすいし登りやすい

私が好きではないスピって基本精神面ばかりで肉体ってねえ が多いじゃないですか
ボディワークも静的が多くて

ですが肉体面を軽視って絶対駄目なのです 武道もそうでしょ?
行もね 結局机上や瞑想ばかりでは ブッダのような方は到達できるかもですが

われわれは行動と言うのが大切で

マス大山の力なき正義は正義じゃないよ~ チミ~ という 寸止め空手で 私の突きがもし実際
相手に当てたら 死んでしまうから当てない という伝統空手批判はただしいのです

肉体の行って必要と思います でですね 大事なのは その肉体の行の 目的といいますか
型といいますか

コメント

  1. 匿名 より:

    納得です。私が沈むと家庭が沈む…
    眠れず食事も喉を通らなくなり。これではダメだとジョギングを始めた時は走るしんどさで全てを忘れる時間が1分でもあればと考えて。その後の疲労で睡眠も取れるので本当の鬱状態を避ける事ができたんですね。

  2. momo より:

    ジミヘンさん~あけましておめでとうござます~m(__)m
    先週メールを送らさせて頂いたのですが届いてますでしょうか~??
    確認済みでしたら申し訳ありませんσ(^_^;

    お礼をお送りしたいのですが、ジミヘンさんは今、長期でご不在予定などありますか??
    コメント欄から質問すみません~m(__)m

  3. 猫のチャイ より:

    ボコるのが目的じゃないから寸止めなんだ、試合で相手を傷付けちゃいけない、というのは分かるのですが、暴漢に襲われた時など、いざという時に相手に当たる動きが出来るのかなと思うことがあります。
    日常で技を使っちゃいけない格闘技は多いですが、彼女に手を出されそうになっても守っちゃいけないわけじゃないですよね?

    そしてジミヘンさん、的は射るものでお願いいたします。的を得るって記述は他のところでもよくお見掛けするのですが、ジミヘンさんのブログの場合、見てる人が多いと思いますので影響が…893の親分がカラスは白いといえば手下には白いのが正解ってのと同じで。
    (ジミヘンさんが反社会的組織に無関係なのはもちろん知ってます、たとえですたとえ)

  4. ジミヘン より:

    こんにちは メール埋もれてるかも すいません

    今月は長期出張はもうないです~
    毎日半端ないメールが来るので申し訳ないです

    皆さんも中々返信できずにすいません

    • momo より:

      ジミヘンさん、了解しました~!
      メール沢山だから埋もれるだろうな~って思ってました。
      メールは改めてお手紙送ります~(^^)/
      またまたコメ欄使ってしまってごめんなさいm(__)m

  5. ジミヘン より:

    ン??マス先生は 寸止め派がマス大山の極真空手に対し
    我々が寸止めの空手にしてるのは当てたら相手が死ぬから寸止めで

    お前ら極真は当てても死人が出ないから偽物だろ!という批判に対して
    のものなので 私は寸止め肯定ではなく否定派ですYO

    基本武道や格闘技でスパーリングのようなコンタクトが体系にないものは
    机上の論理と思ってますから

  6. ゆみこ より:

    薬物療法もカウンセリングも保険で出来ますよ。
    なりやすい方の中には、反芻思考や直観像記憶(資質)を持っていたり、生まれながらに持っているものと環境(ストレス)で発症もあります。
    発症する前に、怠い疲れる・胃腸・耳鳴り・頭痛等何かしらのサインが出る事が多いと思うので、その時に何かしらの対応が出来るような、それが許される社会になるといいなぁと思います。

  7. k より:

    仰ることよく分かります(;;)
    私も今まさに鬱病がひどくて、
    苦しいのを我慢しまくり毎日普通に
    OL生活してたら、鬱だけじゃなく
    繊維筋痛症(身体中が痛い病気)
    にもなり、ドクターストップで
    明日から仕事2ヶ月間休む事になりました、、、(このブログを見てタイムリーと思いましたwww)
    心も身体も繋がってますもんね(>_<)
    私も明日から2ヶ月間、まずは身体を
    休めます!

  8. 桐生 より:

    納得です~。10代のころにストレスのせいかパニック障害や自律神経失調症を患ったのですが、神経科にかかって薬を飲んだりしても全く治らなかったのに呼吸法を習って実践したらすぐ良くなりました。固くなった胃が柔らかくなったのが外側から触ってわかるレベルで効きました。肉体も整えると気分が違いますよね。

  9. れすぽうる より:

    鬱等でお困りの方は、YouTubeの樺沢先生、通称カバチャンネルをオススメします。何かのヒントになるかも知れません。