読者登録お願いします
スポンサーリンク

織田信長は未来からやってきた未来人

さて私の中で日本史上ですごく評価してる政治家がいまして

信長公と大久保さんと家康さんと頼朝さん

ちなみに家康さんは頼朝さんを尊敬してて愛読書が鎌倉幕府の正史

東鑑

政策の端々に頼朝イズム感じます

大久保さんは話すと長くなるので信長さんです

この方見てるとですね未来からやってきた人じゃないかとすら思うのです

未来人というか未来ちゃん

それも昭和というよりも平成以降のベンチャーで世界的企業に

成長させた創業者なんじゃないかとさえ思うのです

発想が未来なんですね~ 転生って過去から未来だけでなく未来から過去もあるんでしょう

さてこの方のなにが凄いかといいますと未来の展望を見つめながら現実社会もなのです

で民衆にはより良い暮らしというね

今風に言うと通行税の撤廃(実は当時滋賀~京都に行くのに20か所くらいの私的な関所があって、大部分は兵隊さん持ってる大寺院なんか)

それだけで物価は上がるじゃん 商品を移動の際に原価に莫大な通行税乗っちゃうわけですから

また独禁法なんかで物価を下げたり農業資本主義~商業資本主義への

産業改革、

治安維持や傭兵雇用で雇用対策等信長の治める領地って実は

暮らしやすい街ナンバーワンだったりなのです はい

でですね もひとつ特徴的なのがコロンブスの卵ではないですが

発想が掛け算と目的ありきの方法論なんです

当時の主要大名である武田や上杉、北条さんなんかは足し算方式で

お隣の領地を少しずつ奪って国力付けますという

信長さんの発想って答えが先にあってさてそれにはどうすればなんですね

毛利水軍に焙烙玉で船を焼かれ大敗したらだったらもえない船作ればいいじゃん

最強とうたわれた武田騎馬隊には 鉄砲で遠くから撃ち殺せばいいじゃん

さてそれにはどうしましょじゃないですか

現代の経営え言えばまあ当たり前の発想ですが

前近代にはなかなかないじゃないですか

1年中戦える傭兵にしちゃえと言っても

ではそいつらを喰わせる莫大なお金はどうします?

鉄砲や鉄の船の予算はどっから持ってくるの?でしょ?

当時の諸国の農業資本ではそれは無理なんですよね~

信長さんの発想って其処が凄くてですね

だったら産業改革しちゃえ 基幹産業かえてもっと効率よく儲けれるようにしちゃえ~

ということで商業資本にして言ったじゃないですか

これってとんでもないことなんです

時代が200年下って江戸中期でさえ 商業資本って駄目だったのです

農業が基幹産業ですって(ま、そこは「家康さんが取り入れた朱子学に毒された商業で儲けることは悪ですからですが)

それを強引に推し進めようとした田沼意次さんは結局失脚させられ

のちの世(現代)まで大悪人とされてるでしょ??

本来は経済感覚に優れた政治家なのですが

ということで続きます

歴史ってある天才が表れると結局今までのものが凄く古臭いことに色褪せちゃうのです

信長以前の戦国大名が古い時代の政策の方に見えちゃうのです

北条の支城システムなんか信長が出現しなかったら

すばらしいシステムで誰も落とせなかったかもなんですね~

結局あれが今まで落とせなかったのっていくら城を囲んでも

籠城されたら食料やらの補給ができなくなって囲みを解かざるを得なかったからでして

信長以前の社会システムだったらそうだったのです

兵隊さんは農民兵で農閑期を過ぎても戦に言ってたらお米が作れず

その年の国の収入はゼロです~となるわけ

またそれだけの兵隊さんを養うお金も捻出できずで

信長の商業主義となって初めて1年中戦える大軍勢の確保と

それをまかなう財政を確保できたのです

ま、天下を取るには金が要ると誰よりもわかってたお人といいますか

毛利元就さんなんかもそこはすごい分かってた方でしょうね~

続く

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    田村由美さんの『BASARA』というコミックに朱里(男)と更紗(女)という主人公が登場するのですが、男のほうは先見性を持った政策で国造りをする才覚を見せると同時に、ミスをした部下や逆らう者は容赦なく切り捨てる残虐性も持ち合わせていたため、腹心といえる部下がどんどん手元からいなくなり、「いい奴がどんどん俺のそばからいなくなる」と更紗に愚痴ると、更紗は
    「周りから人がいなくなるのは自分のせいだよ」とひとこと、言うんです。
    おそらく田村由美さん自身、信長をモデルに朱里を描いていたと思うのですが、朱里をみていると「あー、信長ってきっとこんな感じで、結局部下に討たれたんだな」とすごく納得しました。
    やっばりたとえやることが9割正しくても1割人としてアウトだと、神仏から「人の上に立つ器ではない」と判断されるのだなと。

  2. johnny99 より:

    織田の信長さんって、海外でも大人気なんですね。
    HISTORYという、お堅いサイトで取り上げたら、世界中から自分のイチオシの信長が書き込まれて、ヘンな意味で荒れたという。

    https://m.facebook.com/HISTORYasia/photos/a.10150261863598754.348529.285783598753/10156701059523754/?type=3

    そのうちの半数近くが女人化された信長ちゃんって…(^^;

    そういえば昔一話完結で、歴史上の人物が女人化されたアニメが有ったなぁ~と。
    自分の推しも『戦国コレクション』の小悪魔王 織田信長 かな(^^)

    URL貼っちゃってごめんなさ~い。

  3. ジミヘン より:

    皆様勘違いをされてるようですが 信長公って実は浅井さんに裏切られてはさみうちにあうまでですね めっちゃ甘いひとだったんですね~ 何度も何度も裏切って自分を殺そうとしてた弟をそのたびに許していたり

    叡山や真宗も焼き討ちやらしたけど実はトップの首も討たずなおかつ布教も許してたというなんです

    私的には実は天下人となった秀吉のほうが残虐と思ってたりで はい
    秀次なんか無理くり罪作って一族斬首とかかなりひどいんですよね~

    ま、その観点で言えば実は家康公って本来はすごく日本人好みの人のはずですが
    昔のノムさんのように人気はないですな

  4. ジミヘン より:

    実は若き日の信長公と政宗公って同じ匂いがしてて
    甘いというかある意味やさしい人で

    殺すべきものを殺せないというか その甘さなんかをお母ちゃんが見抜いてて
    家を継がすには不向き!!”という感じで弟擁立~なんかもあったんじゃないかと

    かたや妹婿の裏切り、方やお父さんを~で そこで人が変わったようにと
    ま、秀吉にしろ天下人を睨むと 甘いだけ、やさしいだけでは天下人にはなれん
    と認識して人を変えざるを得ないのでしょう