読者登録お願いします
スポンサーリンク

軍人さんの霊ととある事件

先日都内のとあるとこにいってから 雪の中をザックザックと歩く

軍服コートの(というかブーツ)と多分その上は銃剣を持ってるだろう一団が
脳裏に浮かんだり 視えたりしてます

なんとなく ある事件のとき そこらあたりを通って現場に向かったのでしょう
と思ったりです

スポンサーリンク

土地の気というものがあって その気に呼ばれて色んな凶悪犯罪やらが起ったりもする土地かも

また多くの人を呼び寄せる土地なのかもですね

あとですね 土地ってもしかして 血を欲しがる土地というものもあるのでしょう
もしかして 土地そのものよりも そこの精霊と呼ばれるものかもですし

とかいてたら 餓鬼のような姿で総髪で素っ裸の眼が爛々としたものが浮かびます
この手のものって やはり血を欲しがるのでしょう もしかして臓物を欲しがるのかも?

ちなみに喧騒を引き起こして楽しんでいるものもいまして
歌舞伎町の風林会館前あたりで

視たことがあるのです もっと幼い感じの この世のものでないものが そこで喧嘩や揉め事が
起きるのを楽しそうに眺めていたのを

そのものには 善悪という感覚はなく ある意味純粋なのかも
子供ってざんこくですよね~ 的なさ 平気で昆虫の頭ちぎったりするじゃないですか

そんなかんじの モノ みましたね~
色んなものが存在してて それらに憑依されちゃうと 自分では覚えてないとか 感覚なくても

凶悪事件起こしちゃってた とかになるかもね

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    雪の中ということは226とかでしょうか。三島もそんな格好してましたが、そんなに寒い時期ではなかったですよね…。
    神仏のホームグラウンドは天上だろうなと想像出来るのですが、魔物のホームグラウンドって土の中なんでしょうか。でも清浄な土地もあるし…。神仏が宇宙レベルの存在なら、魔物もそうなんでしょうか。それとも魔物は人間の想念由来の地球土着のものなんでしょうか。
    たぶん「知らんわ」と言われるだろうなと思いつつ。(笑)

  2. 岩根 美香 より:

    私も二・ニ六事件を想起しました。

    層になっているのでは
    ないでしょうか?
    次元とも。

    (余り好きな
    言葉ではないですが )

    良い土地もあれば悪い土地もある。
    良い波動と悪い波動。
    高い波動と低い波動。

    地球でも他の惑星でも
    高い存在がアクセス出来る場所と
    低いものが好む場所と。

    姿はその星の固有の種かも
    しれませんが。

    波動が合えば、
    何処にでも存在出来る。

    そういう法則的な?

  3. 尾張伸英 より:

    恐ろしいですね。どこに住めば良いのでしょうか? 運次第ですかね? 少々高くても高級住宅地なんかは良いのかもしれませんね。ああ、恐ろしい。

  4. ジミヘン より:

    過去記事なので実はアップの際読み返してないので 
    内容覚えてないです ないようがないようみたいな ははは

    次元というか多分いくつもの次元が重なってるんでしょうね~

    それこそ時間軸も また選択できる範囲の次元も
    どっか遠くに未来や次元があるというより 重なってる気が