読者登録お願いします
スポンサーリンク

私利私欲と現生利益

さて今日も現世利益です しつこいですな

世界的企業に発展する企業とかって 自分達の努力以外の何かがないと無理じゃん
奇跡的な発展ですから 創業者って大抵何かを祀ってたりもするでしょ?

有名なとこでは松下さんとか そこまでではなくても大抵企業の本社や
デパートの屋上なんかも何か祀ること多いじゃないですか?

それらの力によって発展するというのも 現世利益 しかもある種の取引的かもですよね
霊的に言うと それらはどうでしょ?

霊的垢で地獄ですかね?と思ったりしてて そして朝如意輪様を祀るときに
仰られたのが

自分も含めてみんなで幸せに でした ああ、そうですね なんか全て腑に落ちたといいますか

スポンサーリンク

私だけがの私利私欲はやはり駄目なのでしょう

そこに大切な人であったりもっと大きく公という意識があれば 公共の利益というものが含まれればよいのでは?

例えば今借金で首がまわらない 追い込まれてる方に公共の利益 といったってそんな余裕はないです そこにはまずは現世利益でその方の状況を改善し 落ち着いたらそれらを少しでも
皆さんで という意識になれば なおかつ行動になればよいのでは?

噓も方便ではないですが その方その方の状況にあう利益を与え その先には私も含めた皆さんで となればよいんでは?

大企業の創業者さん達も もしかしてそのあたりの初心が素晴らしくかつお役目があれば 大きな背後のお力をいただけるのかもですね 逆も然りで そこに私の大きな利益で かつ
騙しても泣かしても それでも という意識が大きければ大きいほど

逆の大きなもの 魔であったり が背後につき力を貸す のでは?

そうするともしかして死後に大変な思いをされるのかも また 魔と呼ばれるものって気まぐれで
裏切ります 利で動くので もうその人が必要ない もほかのもっと美味しい人物を
見つけた 等で離れたり もしくは敵対していた相手についたり

するんでしょうね そこに 義理や人情はないのでしょう 多分ね 浪花節ではないですが

義理、人情って凄く大切かもです

大事なのは自分も含めたみんなでです 日本人って自分を入れると偽善だとかそんなのは駄目!!

というボランティアが素晴らしい という発想が根本にあるでしょ?特に介護なんかは

それは駄目です 自分を犠牲には長続きしませんし しんどくなります それだけならまだしも
そのうち助けてる相手に対し悪感情や暴力だって

私介護業界の根本の原因ってそこだと思うのです 虐待であったり人不足やらって
日本って介護でお金もうけてはいけない風潮あるじゃないですか?
人助けはボランティア、自己犠牲でないと偽善ですって

介護保険って法律だって元々は社会福祉法人は利益出しちゃいけない ってなっていたのです
ま、その代わり補助金はとか色々あったのですが

その国の発想自体が介護はボランティアでですよの風潮を象徴してます
ですが介護現場で サービスの向上という言葉聞きますが

サービスってボランティアで 無償で提供するものではないのです 適切な対価のなのです
そのあたりがいまだに介護業界の低賃金だったりにつながってますよね

施設側も老人のために 幸せばかり優先で 働く側は負担増大 それが介護でしょ?って

介護現場を見るたびに そこの自分を含めた皆さんで幸せにが抜けてるな 象徴だなって
幸せってね 私一人の幸せって本来成り立たないと思うのです

今現在成り立っていても砂のお城で とても不安定で 状況よりも本人自体が1番不安と
感じてるかもで

私も含めて皆さんで なのだと思います でですね まずは自分から 順番としては
自分が幸せになってそれから幸せのおすそ分け ですよ 精神世界の立派な方達は絶対に

何いってるんだ!!まずは相手からだろ!!と怒りそうですが でもそういうものだから仕方ない

自分が幸せになったら周りにもわけましょう もっと余裕が出来たら 周りを助けましょ
そうするとね もっと大きな背後が助けてくれます

そうなってるから仕方なし

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    介護で儲けてもらおうと思ったら、国が自分の意思での安楽死を認めることが必要なのではと。
    意思をはっきり伝えられる間に「認知症でどうにもならなくなったら安楽死させてね」と書面化しておき、家族が本人の意思を尊重し認めたら、安楽死の後、盛大に送り出す儀式(葬式とは違って、本人のためのもの)をしてあげるようなシステムにすれば、認知症等で命が消えるまでベッド代やオムツや胃ろうに使われ続ける大金を、別の形で家族や本人が満足出来るように使えると思うんですよね。

    いまだ披露宴には何百万が使われることも多いこのご時世、最期の儀式も豪華さや細やかな心遣いで介護施設同士が競いあうことが出来るようになれば、介護者も本人も家族も、納得したお金の使い道になるんじゃないかなぁと。

    看護師や保育士とは、介護士が違うのはたぶん、そこに希望がないからなんじゃないかと。
    保育士は日々成長していく子供達に希望があるし看護師は看取ることもあれど元気に退院していく姿を見送ることも多いです。
    でも介護士は、家族からも命の火が消えるのを待たれてる人の世話を、暴言吐かれながら汚物にまみれながらやってあげても誰からも本質的には感謝されないし、そこに希望はないんですよね。
    私が年金受給年齢になる頃には、日本でも安楽死を認めていてほしいです。そうすれば介護施設も儲ける手段が出来ると思います。