読者登録お願いします
スポンサーリンク

美味しんぼも取り上げる 湯布院、亀の井別荘

毎月一回は温泉旅行に必ず行くという管理人のジミヘンです。
当然 秘湯を守る会のスタンプを集めている秘湯マニアです。

最近立ち上げた温泉ブログがアクセス数が残念ながらイマイチなのでこちらの
ブログに合体します

スポンサーリンク

さて湯布院でも有名な温泉

その温泉、秘湯マニアの私が是非一度行きたいと思っている温泉がこちら。

yjimage

大分県は湯布院にある亀の井別荘です。

30000㎡という広大な敷地に建てられた大正時代の別荘を元とする湯布院御三家と呼ばれる
名旅館です。

yjimage

趣のある和、洋室ともにすばらしいのは勿論、

img2

img1

このように開放感と風が吹きぬける感覚がとても気持ちのよい温泉も
素晴らしいのです。

ですがそれ以上に私がこの宿に泊まりたい理由。
それはこの方、

120530中谷健太郎

中谷健太郎会長の存在なのです。漫画美味しんぼ 107巻の未来に残したい偉大な名人、
名店でなんとあの名料亭 京都嵐山吉兆の先代店主、徳岡孝二氏とともに取り上げられているのです。

この亀の井別荘と中谷氏が。

この旅館、料理のプロデューサーが中谷氏であって。料理長が代わっても結局中谷氏、
亀の井の味というものになるというのは全て中谷氏が料理をチェック、アドバイスを行うからで。

そして美味しんぼが絶賛する亀の井の料理、一度は味わってみたいと思いませんか?
私は凄く思ってます。

しかもリピート率が70パーセントという高さ。一度来たらまた来たくなる名旅館なのでしょう。

私の中の温泉ランキング、この宿に行ったら変わってしまいそうです。
私のつたないNAVIよりも、是非一度漫画美味しんぼ、107巻を読んでみてください。

前編、後編と分かれるほどの亀の井押しです。

コメント

  1. 岩根 美香 より:

    ジミヘンさん!
    二度ほどお世話になったことが
    ございます。素敵なお宿です。
    お越しの際は、バリバリ
    ご案内させて頂きます!
    因みに、「金権編集長」ザンゲ録
    只今、拝読中です。
    終わったら木村政彦はなぜ
    力道山を殺さなかったか(厚っ)です!

  2. ぱすこ より:

    丁度22年前の10月、新婚旅行で1泊しました。^^関西からの車の旅で着いた途端に疲れが出てしばらく2人で爆睡してしまい、ちょっともったいない過ごし方をしてしまいましたが、(^_^;)ジミヘンさんのおっしゃる通りとても素敵な旅館でした。確か夕食に出た牛テールの煮込みはすごく美味しかったのを今でも覚えています。今度はゆっくり行きたい!笑

  3. ジミヘン より:

    ターザンは才能ありますよね~ すこし前にターザンに激怒中の前田明と対談で
    すすすっと懐に入っていき怒りを解くのを読むと 流石だな~と
    未だにこの方の紙面って面白いんですよね~ 切り口も

    木村~はまじで面白いです 多分ここ10年くらいの読み物で一番面白かったです
    作者の熱の凄さが伝わります

    ちなみに木村政彦の外伝的な本が増田さん作で今発売されてるので読まねば!!

    近くの大きな本屋でケンドーナガサキ自伝がプロレスではなく
    剣道の専門書に置いてあってがっくり
    しかも3冊も仕入れてあって

    普通に3冊も売れないでしょうに ははは

  4. 岩根 美香 より:

    以前、コメで皆様、凄く
    盛り上がっておいでだった
    草食男子さんの恋愛相談の
    巻。「〜じゃ、無しだ!」って
    ジミヘンさんの文章に
    チャンドラーっていうか
    アメリカ文学を感じました。
    かっこいい!

  5. ジミヘン より:

    ま、普通にヘッセなんかも通りましたが 車輪の下色はないですな~
    ヘミングウェイ色も北方先生色もないですな

    人生相談は北方先生でなく破壊王よりですから!!
    思想的には安生洋二(現焼き鳥屋)的厭世思想(ペシミスト)です

    ヒクソンの道場やぶりに負けた自分はプロレスの中心になってはいけないてきな