読者登録お願いします
スポンサーリンク

占と除災はセットで

フッと浮かんだことですが

密教でも陰陽でも星祭りするじゃないですか

そこにも関係ですが

スポンサーリンク

除災といいますか,災いを避けるといいますかですが

例えば今日の占いとかで1番運勢の悪いあなた,傘を持ち歩きましょうみたいなの

占なんかであなたが今、悪い原因は(克してる)のは例えば金星の影響が~とかあるじゃん

そういうときの考えの元が例えばその星に配されている原因があって

それを倒す仏や神を祀れば星の障りがなくなるという現代ぽくいえば

開運法なのでしょうね 大事なのはそこにリアリティを持って、以下に抽象度をあげてできるか

かと。

よく加持は行者と依頼者と仏の3力が一体にというでしょ?
それも行者だけでなく依頼者自身も半信半疑ではなくそこに絶対の確信だけでなく


よりリアリティを持って(この仏様がその災いの星やらをやっつけてる)

と思い描ければより効果があるんじゃないかと思ったりのです。

たとえば陰陽的金神の対策って方位を荒らさないとかじゃん 一般的には受身で

密教的加持って結構攻めもあるなあと思ったりで

ま、陰陽もむろん攻めも沢山ありますが

どこに障りの元を求めるか、そこも面白いですよね

陰陽なんかはどっちかというと以前も書いたが 占って鬼のいる場所を探す方法で
障りの元=鬼(悪鬼やら怨霊やらも)と捉えることが多かったじゃないですか

比較的なのでそれを抑えるのは神仏ではなく術をという対応ほうが固めるとか封じるというね

そこを水子や家系の因縁に求めるのもあるし そ

こは本当は何が正しいなんて実証は出来ないですよね

ただその世界観がしっかり確立してるものは強い。

ともう一つ

その元となるものへの対応ほうが確立していないのはねとも思う。
例えばタロットやらで今の状況は家系の因縁ですと出たとするじゃん。

なのでこれを身につけてとかは対応法としては不十分だと思うし、逆に原因がわかっても
対応法は持ってなければ不親切とも。

お寺で供養受けてくださいといわれてもですね、そのお寺の障りの元の考えが違うかも知れないし。

逆にそこまで確立してるものってある種の洗脳やカルトになりやすいですよね
そこも難しい。

だって密教や、日蓮なんかでも 今は宗教として確立され社会的にも認められていますが
カルトといえば思い切りカルトじゃないですか?

そこに宗教観がしっかりしているというものはありますが それを信じない人にすればカルト

ですがその世界にどっぷりとはまらない限り本当の意味の利益もその道もつかめないしね


中々視えない世界、スピの世界の歩き方って難しいですよね

皆さん興味は凄くあるじゃん もしかして人間の最も奥底の欲求って性欲ではなく神というもの
視えないものへの欲求かもねと思ったり

コメント

  1. johnny99 より:

    いやぁ、難しいですね。
    カルトでも千年も続けば王道になったり。
    かといって、近年の新興宗教はカネ集めのところばかりで。

    まぁ、最近のニュースで、かのカトリックが世界最大のセッ○ス教団だったことが暴露されたり…(^^;A
    よく分からないものが、すべてになってはいけないですよね。

    自分の最も根底に有るのは神ではなく、おパイなのは間違いないですが…(//∇//)

  2. 匿名 より:

    本能には 神もかないませんわって事かしら
    ね。

    • johnny99 より:

      えっ!? オレ?

      まぁ、中坊かサル並みっスから(^^;A

      観音様も拝みたいなぁ~(//∇//)

  3. ジミヘン より:

    確かに近年の新興宗教のイメージって金集めありきかも
    昭和の40年くらいまでのってなんとなく信仰ありきで結果新興宗教化した
    そんなイメージですが 詳しくないのであくまでもイメージですが

    ま、ただ新興宗教になった教団って何かしら時代の抱えてる問題に対しての
    回答なり需要はあったのかもですな~

    そのあたりの時代に合った需要というのを既存の伝統宗教が見つけれていないのも
    問題かも

    そこはコンサル的に言えば需要を掘り起こす努力不足なんですよね