読者登録お願いします
スポンサーリンク

大きな柿の木と野球盤

実家に帰ると夢や朝方なんか普通に祖母が現れる

今朝は夢で現れ起きたら朝の8時 大抵はもっと朝方に現れるけど今朝は結構遅かったな~

今回は父の件で祖母や私も兄も見たことがない祖父と叔父にもいろいろお願いしたからな~

さてその夢ですが

スポンサーリンク

建て替える前の昔の家で小学生くらいのちびっこ兄弟

いつも僕も母も父も兄もリビングにいてテレビを見たり学校の出来事を話している

庭も広くて縁側だってある 大きな柿の木があって秋には沢山身を着けてた いつかの年には柿泥棒がいた

おばあちゃんはいつも縁側の部屋で椅子に座って編み物をしたりテレビを見ている

その日もお父さんはズボンをはかずに食卓で新聞(赤旗です)を読んでお母さんは僕とお兄ちゃんの大好物なエビフライを揚げている

やっぱり名古屋だ エビフライ

僕は短パンに野球帽を被ってお兄ちゃんと縁側で野球盤をやっている

庭のセミの鳴き声が遠い意識を想い出させてくれる

多分ある夏休みの午後なんだと思う 水分とらないとと言ってお母さんが作ったカルピスがなくなったからコップを持ってお母さんのとこへ

おばあちゃんの前を横切ろうとすると大きな風呂敷の中から何かを取り出して手にもって僕のほうに向かって動かしてる

なんだろう?と思っておばあちゃんのほうに行くと風呂敷の中にたくさん風呂敷で作った動物がいる

それをもっておばあちゃんが手足を動かしてる

思わず 生きてるみたい!!そう思って僕はおばあちゃんに夢中になった

お兄ちゃんとの野球盤のことなんてすっかり忘れてる

そのころ野球盤のランナーは何故かアヒルの小さな人形を使っていた なんだかかわいい

おばあちゃんは僕に向かって 人形が動くと寄ってくるでしょうと優しく笑ってる

多分おばあちゃんはもっともっと僕が大きくなってからも遊びたかったんだと思う

もしかしたらすっかり立派じゃない大人になった今でも

おばあちゃんの中では短パンはいて帽子をかぶった小さいころの僕のままなのかもしれない

いつまでも忘れずにいてほしいのかもしれない

落ち着いたらお花でも持っておばあちゃんのお墓参りに行ってこようと思う

多分いつ来るかいつ来るかと首を長くして待っているんだろうな

帰りには母が好きなこんにゃくをたくさん買ってきてあげよう 父にはお土産はなしで ははは

コメント

  1. mana より:


    小学生の絵日記風で なかなか良かったですよ
    文集にのりそうな…
    来月から夏やすみ始りますね
    もうそんな時期なのね 早い❗

  2. たろこ より:

    自分の亡くなった祖父母を思い出して少し目の奥がうるっとしました。
    何もしらなくて、幸せだった頃を思い出しました。今度帰ったらお墓まいり行きます。

  3. ジミヘン より:

    小学生の作文風文体ってじつはシンプルでうるッと来るんですよ~

    そのあたりを踏まえて読者さんを泣かそうと思いあえて泣ける記事は小学生文体を選ぶ
    嫌らしさを持った男なのです ははは

    皆さん騙されないようにです!!
    これが結構カチッとした文体だと心に響きにくいといいますか
    脳で読んじゃうんですよね~ カチッとした文体って

  4. ジミヘン より:

    お墓参りはぜひ行きましょう~
    故人をしのぶって一番の供養になると思いまっす

  5. yocy より:

    ジミヘンさんには、いつまでも
    短パン履いててほしい(ビーズ稲葉みたいに)
    でも、一つだけ 心配です。御立派な、あれやこれやが
    全部 収まりきれるでしょうか。(笑)

  6. たろこ より:

    お墓まいりは行きます♫
    しかし、やっぱりさすが、ジミヘンさん!
    泣かしどころのツボはキッチリですね!(笑)
    わかっていてもやっぱりハマってうるっときます。
    日本人の原風景や空気感はみんな同じような感じなのでしょうね。

  7. ジミヘン より:

    ああ~ 子供の頃のあだ名がデカチン君なので当然おパンツからはみ出します

    お風呂で体洗ってって横で熱湯流されるとあそこがアチチとやけどします!!
    って眉毛の別所さんだよ(NOT哲也のよめはセレブ)

    哲也ペドロモラレスかジミヘンか世界のワンちゃんかですから

    日本人の原風景って多分田舎の田園なんでしょうね~
    で畳の部屋にお父さん、お母さん、僕とあばあちゃん的な

    決して大都会六本木ではないのでしょう