読者登録お願いします
スポンサーリンク

大和朝廷や出雲大社

外来系の神で感じたのですが

いつも言うようにこの世はあの世の写し鏡で。

神界で外来系の神を封じるとこの世でも同じことが。

スポンサーリンク


たとえば大和が出雲王朝を倒してその王を出雲大社に封じるという感じで


それとですね、外来の神と古来の神をミックスしちゃうのも。
ま、毘沙門てんやら大黒天やら弁財天やらさ

それはもしかして島国日本、に多人種がやってきて混血の子を増やしてくという感じかも。

でそのあっちの世界は基本この世には一度も現れてなくてあっちの世界のお話で。
それが年代がたつとこの世に現れるというさ。

メールでとても興味深い内容いただいたので

遊郭の近くにあった神社(吉原、洲崎、厳島)で、いちきしまひめを御祭神にされているのは、何かあるのでしょうか?

義理の両親から、厳島神社の裏側に昔遊郭があったと聞き少し衝撃を受けたもので…

それと、いちきしまひめは元々、瀬戸内海の生口島(以前お話ししました知人の霊能のある方が生まれ育った(村上水軍の末裔の方)にいらっしゃったと言う書面を発見しました。

そして生口という言葉は奴隷を表す言葉で弥生時代には特殊な能力をもつ人達が生口島に集められたという内容も見ました。
何かあるのでしょうか

だれか分かる方いますか?

女郎さん救済でしたら普通観音様持ってきますもんね
やはりそれは遊郭の繁盛ということで弁財天の近くに作った?

と思いながら今フッと感じたのが。もしかして遊郭って聖俗でいえば思いきり俗で
ある種の穢れ

で基本部落民なんかは河沿いに住んだりじゃん くぐつ師なんかも そこはある種の異界というか
だれの統治もされてない場所なので

という感じで俗というかある種の穢れは海やら河の近くに作られその場所は弁財天が元々祀られてる場所が多かったとか?

分かりませんなあ
ただ遊郭って絶対穢れがでるからそのけがれを浄化する装置を仕掛けられてたと思うんです

それが寺社かもだしある種の神であったり被差別民の信仰の深かったものや
女性救済のものかもだし

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    X-MENとかもそうですが、自分達とは違う能力を持つ者を、恐れあるいは忌み嫌って、捕まえて隔離したのかもしれないと思いました。もしくはエージェントオブシールドのように(なんで例えが全部米ドラマ。笑)、能力者を保護して日巫女的な働きが出来る人材を常に確保しておこうとしたのか。
    巫女さんて、何か政治がうまくいかないと「神の声を正しく聞き取れなかったからだ!」と、為政者ではなく巫女のせいにされてちょくちょく処刑されてたんですよね?

    時を経て、為政者と巫女の分業制度が廃っていき(武士の台頭と共に)、じゃあこの娘っ子達どうする?となって殺すのもしのびないから遊郭にしちゃった、とかかなぁと。そのまま身分も下の地域に…。
    異質のものって、飛び抜けて有能な存在以外は、敬うよりは排除しようとするのが凡人じゃないですか。だから地域も住環境としては不安定な河川近くで。

    ちなみに私は神武~開化あたりまでは出雲系と天孫系は仲良くやってたと考えている派です。その仲を割いた新勢力が祟神で、その血統が大和朝廷として今、世間によく知られている政権になったのだろう(欠史八代は実在してた)と。
    現在のロイヤルファミリーにどう繋がるかは、「不敬罪」で右な方々に目を付けられたら怖いので、ノーコメントです。

  2. ジミヘン より:

    卑弥呼もですね 旧ブログで書きましたが
    日食=為政者の力が落ちたということで
    殺されてると思うのです

    記事にしまっす
    卑弥呼も巫女で神がかりで統治みたいなね
    いまでいう女新興宗教教祖的な立ち位置の教団維持という感じの

    トップだったんじゃないかな~

  3. あー坊 より:

    この世はあの世の写し鏡、リアルタイムではないのはデータ量が多くて、更新が頻繁だとサーバーが持たないから。データ転送って、大きいと大変なんですよ〜時間掛かって。接続回線も、太くないとこれも時間掛かるし。
    って、宇宙のどこにサーバーがあるのやら。回線って何?人々の信仰の深さかも、と思ってみたり。

    洲崎とは、洲崎パラダイスの、でしょうか?であれば、あれは先に江戸時代に江戸城の紅葉山から勧請されておりまして、のち明治になってから帝大の近くあった根津遊郭が移動させられたものです。俗なもの、穢れに近いものということで、海辺の(しかし逃げられないよう高い塀で囲まれていたようです)郊外といってもいい彼の地に移されたのでしょうか?洲崎弁天として、妓娼、遊女たちの信仰は篤かったようです。東京大空襲で焼けても、終戦から半年で赤線地帯として復活したあたり、基本的欲求にかける人々の情熱とはすごいものだなあと。

  4. チカ より:

    厳島はそのままですが、洲崎場所がねー、残念です。
    そういえばふと思うのですが、弁財天さんって光るもの、パワーストーン好きなんですか?琥珀の如意輪さん見てから、もしかして神様たちって石が好き?
    なのかなー。??

    • あー坊 より:

      チカさん
      場所が残念、とは埋め立てで昔の面影が無くなってしまったことでしょうか?
      私もそう思います、古くは『浮島弁天』の異名をとり、庶民が潮干狩りを楽しみ、門人墨客が船を浮かべて妓娼と遊ぶ風光明媚なところだった、というお話なので…東京大空襲で下町一帯が焼け野原になったのも痛かったと思います。

  5. ジミヘン より:

    そうそう、その赤線です
    昔からですね 遊廓や赤線って聖と俗、穢れといいますか
    其の境の場所にもっていったと思うのです

    そこの聖と俗の境界線で性的な交わり ま、性のエネルギーを生み出して

    それを年の繁栄と防衛に使ったと思います
    聖だけ俗だけの場所ではなく交わる場所 そこがエネが強いと考えられたと感じます

  6. あー坊 より:

    ああ、そうなんですね。
    吉原は大川(現隅田川)の川っぺりですし、洲崎にしても当時は本当に海沿いだったようですし。
    渦巻くエネルギーは街に向けて、そして穢れは川に、海に流すためなんでしょうね、祓戸の神々がおられますから。
    遊女救済か分かりませんが、吉原近くの浅草には観音さまと待乳山聖天さまもおいでですし、洲崎近くの門前仲町にはお不動さんがおられます。投げ込み寺の回向院は、大川渡った両国だったかと。

    で、その洲崎と吉原を一直線につなく、その名も大門通りという道があります。エネルギーが行き交うように通したのでしょうか?
    洲崎側は昔は海に繋がっていたかもしれませんが、今ではメトロの車両基地になっていて、行き着いたら左右どちらかに分かれるしかない道となっています。

    今の洲崎は、とても静かですよ。町名も変わりましたし…なんとなく、薄暗い印象がしますけれど。湿気が多いのは、海は埋め立てで遠くなったけど、運河が走ってるからかもしれません。

    そして洲崎弁天さまは銭湯通いの通り道ですので、必ずお参りしております。先年、芸事上達の祈願をしました際に、頭の中で「市杵島姫」と聞こえました。今年も6/6巳巳の日にお参りしたいのですけど、懐は只今ブリザードが吹き荒れておりまして…orz

  7. チカ より:

    あー坊さん

    そうです。浮島時代に見てみたかったですねー(*^O^*)