読者登録お願いします
スポンサーリンク

売り上げに悩む占い師さん必見 占い師がコンサルの仕事にステップアップするには

さて占いの続きです 占いで一番大事なのはどんな問いにするかと書きましたが

最近あんま名前聞かない(私がネットで検索しないだけ?)

スポンサーリンク

森田健さんの不思議研究所風に言えば

はっきりとした問いでないと時空もぼんやりとした回答しか出さない

そんな感じなのでしょうね~

ちなみに私昔から一切というほど占いって行ったことないのですが

はっきりと問いたい事柄というのがないからなんです

ははは

私基本的に何とかなるでしょ~という生き物でして

ついでに言うと現状に満足しちゃう生き物なのです

そりゃあ細かく見ていけば お金もっと欲しいな~とか

楽して儲かんないかな~とか もっと部屋数の有るマンションに越したいな~とか

そりゃあそういうのはありますが 人生ですね細かく見たってしゃーない

トータルでみたら まあこれでいいんじゃないかくらいに思うのです

私の器量でですね あんま人もうらやむ生活なんかできっこないし

出来たとしたらなんかが犠牲になるかな~ 業になるんじゃないか?

とか思っちゃいますから

まあこれが私の器量でいえばまあまあなとこでしょ 落としどころとしては

悪くないと思ってるのです 実は学生の頃から

さてそんな私の話はどうでもよくてですね

この問いの内容 これ占いだけでなく人生でもめっちゃ大事なのです

私の本業のコンサルなんかで見てっても ダメ社員ってですね

その問いがダメだもん

たとえば営業成績めっちゃ悪かったとしたら な~んで悪いんだろうね~で終わってたりなんです

おいおい!!と突っ込みたくなりますよね

とれないのはそれなりの理由があるのです 誰もが取れなかったら扱う商品や時期の問題もありそうですが

誰か取れてる人がいたら お前はそいつと比べて何かが足りないんだぞ!!

そこを問え!!自分に問え‼❕周りに問え‼❕と思うのです

そういう方に限って占い師に問いに行っちゃったりで ははは

大抵の占い師さん 社会のお仕事やらのアドバイス微妙じゃん

さて私の場合たまに経営者の方にどうしてもこいつを変えたいんですが

何とかならんですか?という相談来ることあるのです

そういう場合に占術というものを道具として使う場合あるのです

そいつという人物の何が問題なのか

そんなの見てりゃ大抵の人は分るじゃんね それに上司や経営者だったらどこがダメなのか

分からん人はマネジメント能力ないでしょ!!

ということで原因と改善点ははじめから分かってるわけ

ちなみにそういう本業で使う場合はですね

あらかじめ経営者さんに本人の意識を変えたとしたら会社としてどんな対応策

具体的にとりますか?というとこまで詰めるのです

例えば足りない能力というものがあったとしたら それを手にいれれそうな部署に配置転換してみたり

もしくはそれを教えてくれそうな学べそうな上司の元に送り込んだり

それが凄く大事なのです

もっと大事なのが なぜその部署に飛ばすかということを

本人が納得して前向きに移動できるように伝えるということ

という感じで 占術をいかに上手に使うかというのは次回

これ上手に使えるとですね コンサルのお仕事できちゃうのです

ということで占い師さん必見!!