読者登録お願いします
スポンサーリンク

鬱とセロトニンと日拝の関係

さて対面のお知らせ
さて5月の対面は5月26日の5土曜日

スポンサーリンク

場所は横浜駅のカフェ

お昼からおひとりさま1時間

応募はお名前お写真お仕事住んでる場所明記で
お願いしまっす

締め切りは22日です。抽選なので22日までは応募受付という感じ
ブレスレットを組むための対面なので占いだけ等はNGで
占いだけでブレスいいですという方いますが

いやいやブレス組むための対面です
ブレス組まないと私1時間ただ働き状態で
非常によろしくない!!

電話占いや占い等のお問い合わせも多いですが
一切やってないです
ブレスも月に一度の対面4人だけでそれ以外はお受けしてませんので

以前対面してまた。再度対面でで新たにブレスをという問い合わせも多いのでそれもOKという感じです

さて妄想ブログですので聞き流しで インチキ科学ですので

鬱なんですが 実は以前から思ってることがありまして

全く科学的裏付けなしなのですが セロトニンってあるじゃないですか?

これが減少するとセロトニンを含む3大神経物質の残り二つのバランスが崩れ

精神的なバランス崩れますといわれる それらをつかさどる物質と言われてるもので

ざっくり言いますと

な~んとなくですね 太陽と結構関係あると感じてるのです

昔から日本の行法として行われてた日拝

太陽神経叢なんかを刺激というかそこを活性化というかそんなこともいわれてたりするじゃないですか?

私以前から思ってたのが 確かに霊能開発やらそういうことが目的ではあったりするのでしょうが

霊能者なんかが巫病ではないが精神的なバランス崩したりする場合の

予防といいますか もしくは崩した方の治療的な意味合いもあったんじゃないかな~と思ってたりなのです

なんとなく鬱ってですね 太陽を浴びるって大事な気が凄くするのです

しかも静的に太陽にあびるのではなく 太陽のもとで体を動かす動的に

ついでに言うとその動というのもですね 苦行的な動ではなく楽しい動というのが

大事な気が凄くするのです

マラソン的なその時は結構しんどいけど終わった後の爽快感よりも

その時も楽しいね 楽しみながら行う動というのが

対面した方にはいつも言いますが 鬱にはサーフィンという持論がありまして

サーフィンって絶対鬱に効果的だと思うのです

騙されたと思ってぜひ

コメント

  1. 匿名 より:

    会社やプライベートで嫌な事があってムカムカした先日、うっかりカップラーメンとかジャンクフード暴食しちゃったんです。
    その翌日、リセットのつもりでヨガに行ってポーズの一つ「太陽礼拝」をしたとき、気分が安定したのを感じて「毎朝 太陽礼拝 効果」と調べていたところです。
    鬱々気分にサーフィン最強!は本当で、海には浄化作用がある気がするし、何より楽くて人生観変わります!
    サーフィンがなかなか難しかったら鶴太郎メンターばりに太陽礼拝も効果あるかもです(^^)

  2. 匿名 より:

    鬱には太陽の下で楽しく動くってわかる気がします。私は認知症の看護して夜勤専従で勤務(要は太陽が昇ってる時間に睡眠とる)生活してたら気分が落ち込みやすく ストレスやらで情緒不安定に。太陽とともに生活するって大事かも?と思う今日この頃だったのでこの記事とのシンクロにビックリ!

  3. sn より:

    鬱に畑仕事(家庭菜園)がいいとも聞いたことあります。
    お日様のもと、自然に触れ合い、何かを育てる行為が良いのだと思ってました。
    体を動かす!も大事ですね。

  4. myuka より:

    サーフィンかサップに今年チャレンジしたいなーって思っていたりします!

  5. 猫のチャイ より:

    西原理恵子さんが、息子さんが思春期ど真ん中でふさぎがちだった時、連れ出して家の近所の公園を二人で黙って散歩したそうです。
    「人間、お日さまを浴びればなんとかなる」って。

    高校を退学になったり、ハードな家庭環境から飛び出して最初の仕事はエロ本の挿し絵画家だったりと、破天荒な履歴の持ち主ながら、学校の勉強がすごく出来る人達より、実は根本のことを掴んでる本当に賢い人なんだなぁと思います。

    このエピソードを読んで以来、母が冬に「気分がふさいで何もやる気が起きない」と連絡してくると「何もしなくていいから、天気のいい日は窓際で日なたぼっこしとき~」と返しています。
    実際、北欧では、鬱の治療をするために「南欧の日差しに当たってきなさい」って指導することもあるようですし。

  6. れすぽうる より:

    太陽=天照神ですからね。ありがたやです!

    ついでに言うと母との散歩では後ろを歩くのですが、ワタスは太陽に顔を向け、ゆっくりと複式呼吸もします。鼻から肺にゆっくりと満杯になるまで吸い込み、丹田を意識しながら口からフーッとゆっくり吐き切る。その際ワタスは腰に手をやりエビ反ってやります。
    母の歩行が遅いから出来るのですが(笑)。
    軽度の鬱の方は是非試してみて下さい。

    因みに最近の暑さで母は体調いまいち。散歩も運動も食事も毎日してるのに、何でだろう?と介護士に聞いたら『水分不足(即答)!』とのこと。普通の方と違い老人は自覚症状がないそうです。体温も老人になると熱が体内に籠りやすく放熱が上手くいかないらしい。
    水分が足らなくなると老人は足のふくらはぎの皮膚が細かいシワ(鱗っぽい)が形成される、と介護士の方から聞きました。

  7. 匿名 より:

    セロトニン、私も注目してました。幸せホルモンとも呼ばれていますね。
    意外にも、バナナで手軽にセロトニンアップできますよね。
    わんこの話しで恐縮ですが・・・我が家のわんこたちがバナナをとても欲しがって・・・。
    あげてもいいものかどうかネットで調べていて、偶然、幸せホルモンをアップさせる効果があることを知りました。
    わんこのうちの1頭は「問題行動」があると診断され人間でいうところの鬱病の薬を処方されたことがあります。でも、薬、飲ませることができませんでした。
    毎食バナナを摂るようになって2か月・・・なんだか目元が穏やかで以前にも増して可愛らしく見えるのですが、幸せホルモン効果?

    鬱にはサーフィンとバナナでいかがでしょう^^

  8. ジミヘン より:

    土いじりって認知症予防にもいいと思ってます
    多分ですね いじるよりも裸足で大地の気を足から受けるというのは凄く大事な気がします
    鬱になるとあんま外出したくなったり特に太陽の下に積極的に行こうと思わないじゃないですか 機会も少なくなるし
    取りあえず裸足で土の上を歩いて太陽あびてぼーっとする
    良いと思います

    海岸なんかをはだしで歩いて 日光浴って普通に精神的によさげですもんね

    鬱には似合わないといいますか

  9. ジミヘン より:

    バナナ!!そういえばバナナも南の島で太陽いっぱいにあびて~というイメージありますもんね
    案外食物の気を体に取り入れるという感覚だと南の島のフルーツって良いかも??
    介護施設なんかやはり1日の水分摂取量と尿のアウト量 しっかりしますもんね~
    水分と知るもので1200CCくらいは~といいますよね

    サーフィンかさっぷ BBAはサップでしょ~ もしくは高須!!ははは

  10. れすぽうる より:

    昨日テレビでセロトニンについて少し有ったので老婆心ならぬ老爺心ついでに。

    首回りを伸ばすストレッチによりセロトニンを作る部位を刺激する事ができるそうです。
    このストレッチはいままでも継続して母にしております。
    縦と横、椅子に座らせて後ろ左右向き、そして頭をゆっくり左右に回す…等。

    脚や肩のストレッチに比べて痛みはない筈なんですが、母は『痛い、痛い、ヤメテー!』と言うので『お前は藤原に関節極められたケンゴかっ!』っと心の中で突っ込みを入れました(笑)。

    どうやらセロトニンを出すには

    『日光浴、散歩、運動(首回り重視)、バナナ』
    で、ワタスの中ではまとまりました。
    因みに初期認知症は治る云々もやってましたが、うーん…的な内容でしたので割愛します(苦笑)。

  11. ジミヘン より:

    首!!実はリンパ以外も脳内の指令を出す物質からの伝達が首でつまってるんじゃないか?と
    以前から思ってたんですよ~

    私のインチキ科学なんかですと 例えば動体視力が衰えるというのは
    それだけでなく脳内の伝達が首でつまってって 脳の指令を体が反応するまで
    時間がかかるようになってるのでは?と

    筋萎縮関係の難病も 実はそのつまりも微妙に関係してるのでは?
    逆に体の刺激がそこでつまって脳に行きにくくなって認知に~なんかも思ったりしてたんです

    ま、科学的な裏付けゼロですが

  12. myuka より:

    首なんですが、、、認知の方なんかは詰まって硬くなってる方が多いと聞いたことあります。

    まさに、ジミヘンさんの言う通りかと。

  13. ジミヘン より:

    認知の方首が硬い!!確かに
    あとですね 手足の拘縮の方よりも首が拘縮してる方のほうが認知度って高い気はするんですね~
    あとはやはり舌の感覚も認知と関係するようなきは

    口を動かすと脳に刺激で認知予防といいますがそれプラス舌の運動もすごく大事な感じします それと舌に刺激 案外冷たいスプーンや場合によっては氷なんか舌に乗せて刺激ってかなり脳に刺激になるんじゃないかと

    完全に主観だけですが医学的裏付けはゼロです

  14. れすぽうる より:

    ジミさん鋭い!実は母の味覚が少しおかしいと気付いたワタスは母に舌を出させて形状やら色を見ました。
    すると、かなりまっ赤でブツブツ(味蕾→みらい)が殆ど無い事が判明。早速検索してフムフム、鉄分がどうやら足りないみたい?手っ取り早く、月二回見回りに来る医者に『鉄分サプリメント出してください❗』と相成りました。但し、血液検査やらしないと処方してくれないので認可が降りるのが遅い(-_-;)。ワカメ、ひじき等、増量して母に食べさせてますが。

    やっぱりミネラルは大事っす!

    • 千枝 より:

      れすぽうるさん こんにちは。私は貧血で薬も飲んではおりますが、ドライプルーンも食べていますよ。ヨーグルト(豆乳グルト)と一緒に。ジュースや一日分の鉄分が摂取できる飲むヨーグルトも販売されていますので、もし、お母さまがプルーンの味に抵抗がないようでしたら、試されてみてもいいのかな?と思いました。

  15. れすぽうる より:

    さっき介護士に言われ、ベロ運動もストレッチに組み込む事になりました。目指せ!ジーンシモンズ!

  16. れすぽうる より:

    千枝さん、わざわざ情報ありがとうございます。ドライプルーン、豆乳等、効能については知っています。
    …いかんせん、母は好き嫌いが激しくて…(苦笑)。ヨーグルトなんかもバナナ、イチゴ、豆乳、r-1等とミキサーで混ぜて騙し騙し飲ませております~。
    単品だとなかなか食べてくれんのです。強制が逆効果なのは経験済なんで、上記のようにバレないように摂取させてます。

    ありがとうございました!

    • あー坊 より:

      れすぽうるさま。お母様のご年齢がわかりませんけれど、食べ慣れない味はもしかしたら刺激が強いのかもしれません。または、新しい味を受け入れづらくなってるのかも。ウチの両親(昭和17年と19年生まれ)も、好きなものしか食べなくなってきていると(苦笑)
      お心を砕いているのがとてもよく伝わります…頑張り過ぎて、疲れ切ってしまわぬよう、ご自愛くださいね。

  17. ジミヘン より:

    お!!ジミヘンさんという方中々鋭いですな!!
    口腔体操ですが 誤嚥予防の効果と
    認知症予防効果あるんじゃないかと以前から睨んでいたのです

    実は認知予防のサプリ的なものより効果あるかも?と

  18. れすぽうる より:

    あー坊様、いつもありがとうございます!母は82歳?(S11年生)です。
    何か好みも変わるんですよ…。前はアセロラジュース(ビタミンC)好きだったのに,今は酸っぱいの嫌だ~とか。
    甘いの嫌い、肉類は一切食べない、歯が無い(入れ歯有るけど痛がってしない)から固形物は▲ですね(-_-;)。

    食べなれないというか、固定観念が激しいので新しい食材は毛嫌いしますね(苦笑)。

    お気遣いありがとうございます!
    ウチは全然介護にしても恵まれてます。良い介護士に恵まれ、姉貴にも助けられてますし、独居の要介護の方とか悲惨な現状も知ってますし。
    ストレス溜まったらジミさんとお揃の赤いパンツで海岸沿いを裸足で散歩したいと思います♪

    ありがとうございました!