読者登録お願いします
スポンサーリンク

老人は夢に殺される

さてお年寄りは夢で殺されるのお話ですが 認知症ってある意味神様のプレゼントかもしれないと思うことが多々ある

ま、家族や周りにしたらたまんないですが

介護施設や介護されてる方のお宅なんかに行って認知のお年寄りを見ることがありまして

その時よく感じるのが

スポンサーリンク

この方たちってもうバリアを張っていないな~なんです

占や相談なんかによく来られますが

はっきり言ってですね 当たり前なのですが人間って本当の本音の部分は隠します

特に汚い部分って絶対に隠す

なので霊視やらなんかでも本当の根本の部分までって正直分かんない

例えばどうしても付き合いたい相手が結婚してたとします

どうしても結婚したいんです 彼の性格や優しいとことかが大好きで~

という理由をいうとする

でも本当の理由って彼が凄くお金を持ってる、そのお金があれば自分が贅沢を出来る、一生安泰

なのかもしれないし もしかしたら実はその女性の性癖が変態性があって

彼とのその相性なのかもしれない

奥さんと別れて欲しいではなく奥さんを殺してほしい お子さんもいないことにしてほしいなのかもしれない

人間の本音って結構人に見せられないドロドロの部分あるじゃないですか?

その部分って絶対に見せたくないから必死で隠しますよね?

相談なんかも綺麗な言葉で飾り立てたりして

認知の方ってその隠すという部分がもうないのです

なので結構哀しい思いやらしたりします

心の底から凄い憎しみを抱えてたとしたらその理由も受け取りやすい

例えば子供のころから凄く辛い思いして生きてきたとか

それも今と違って生きるか死ぬかの時代だから 生きるために体を売って

子供必死で育ててきたとか

人間って生きていけば自分でも目をそらしたくなるようなえぐいことやったり

思ったりすることって多々あると思うのです

またどうしても思い出したくないような辛い過去なんかも

若くて気力や体力がある間はそういうものって押さえつけたり出てきても

何とかできたりする場合もありますが

年取って身体も弱って気力も衰えたら本気でしんどいと思います

それこそちびっこの頃介護施設なんかにお見舞いに行ったとき

まだ当時って戦争経験された方なんかもいまして

あのおじいちゃんは夕暮れになると突然叫びだすんだよ~という話なんかも

聞いたりしまして

ある時ふとそのおじいちゃんの意識とあったことがありまして

戦争時中国戦線に駆り出されて そこで人に言えない、子供たちなんかには絶対言えないようなひどいことを行っていて

それは自分だけでなく 戦争の狭軌と言う奴で当時はそれを普通に行っていて

戦争が終わって復員して穏やかな時代になればなるほど

その時のことを思い出して狂いそうになる

そんな感じなのです

その思いでは表面に出てきて叫んでしまうのですが

認知症となってその思いや叫んでる姿さえ認識できないから

その辛さを感じない そんな感じなのです

多分人間って生きていくって辛い思いや思い出したくもない惨めで屈辱的な思い

そういうものも飲み込んで生きていかなければいけないんでしょうね

コメント

  1. 匿名 より:

    ジミヘンさんの話し すごくわかります。

    人は本音(陰)を隠して表向きの自分を作り、見せますよね。
    でも、中には
    隠したいのに 体に証拠が残っていて 人に気づかれてしまうという事もあると思います。

    つくろえない生き方は辛いですね

  2. クリスマスローズ より:

    アルツハイマー認知症の方々は独特の天使のような表情で、よく微笑みを浮かべて暖かい優しい目をしてます。時には興奮したり、攻撃的になるときもありますが。脳が萎縮することである意味、苦しみからも開放されているのですね。損得なく無償の在り方っていうか、尊いものを感じます。自分も最近年を重ねてきて、忘れやすくなってきて、漢字も忘れてきて、毎日の煩いごとなど思いをズルズルひきずらなくなってきて、これも老化現象で徐々に脳細胞が萎縮してるのかも、血流が細部まで行きにくくなってきてるのか。。と思えたり。やはりでも、自分がわからなくなるのはいやかな。。と思います。

  3. えみ より:

    わかります 心根はごまかせないですね
    真には善悪をわかっていると思います
    戦時代で仕方がなかったと納得させた自分をほんとは許せずずっと責め続けて生きていくのは…認識できなくなることで解放されることもあるのかもしれないと思いました

  4. ジミヘン より:

    結局占いなんかも 自分が人に見せていい範囲のことしか言わない、みせないので
    そういう場合って結局改善しないのです

    だって本当のことは隠すわけじゃないすか~ 本音と建前が違う場合はやはり中々動かないこと多いっすよ 現実世界は

  5. ジミヘン より:

    多分アルツに徐々に犯される自分と向き合うのってきついですよね
    なかなかその過程の中の方とお会いする機会はないですが 自分の大事な人たちやいろんなことも思い出せなくなっていくのって恐怖だと思うのです

    例えはちょっと違いますがたとえばALSなんか発症して徐々に筋肉が衰えていき
    身体が動かなくなって最終的にはこうなるという姿が分かるというのは

    やはりきついですよね 
    祖母の認知なんかも介護中はそんな余裕はなかったですが なくなって時間が立つと
    まあ認知になって分かんなくなったことって本人にとっては良かったのかも
    と思うこともあります

    あれだけ健康だった方が衰えて寝たきりになるという状況を認識してたら
    逆につらかったかもって
    結構プライドが高く他人のお世話になりたくない方でしたから

    多分排泄の処理とかされるのは嫌だったと思いますしね~

  6. より:

    アルツに徐々におかされる…辛いと思います。祖母がそうでした。施設に会いに行くと、やはり思い出せない事も多いみたいで…
    ばぁちゃん頭おかしくなっちゃったから分かんないよ。頭おかしくなっちゃった…度々口にしてました。まだ思い出せないことが理解出来ていたんですよね。だからもう早く死にたいと言ってました。自分が分からなくなって行くのが辛いんだなぁ。と。私たち家族も凄く辛い気持ちになったのを覚えています。

  7. 匿名 より:

    認知って本当にわからなくなってるのかな?
    頭の中では物事理解してても行動や言動がトンチンカンになってるだけかも

  8. たろこ より:

    祖父が亡くなった後でベットの枕元に隠すようにメモがありました。
    自分の生年月日と平成○年は○歳、○年は○歳と1年ずつ5年間の年齢が書いてありました。
    気が強い祖父が少しずつ色々な事を忘れてきて、今自分が何歳かわからなくなるという不安な気持ちと夜にひとりで向き合っていたのだと思い、すごく切なくなりました。
    昔の人で、頑固で気丈でそういうことも素直に人に聞けなかった祖父でした。
    でも、私をとても可愛がってくれた大好きな祖父です。
    私もこのまま普通に年を取っていけば同じような不安と孤独を少なからず経験することもあるのかなと思います。

    私もやっぱりドロドロを隠して生きているので少し怖いですが、それを抱えて今は生きていくしかないなぁと思います。

  9. ジミヘン より:

    状態によるようですね まだら状態のようにはっきりと混濁が交互というか
    そんな感じの方もいたり 多分混濁状態の方もいたり

    混濁の時には意識はあるのかもしくは 意識自体がごっちゃになってるのか
    其のあたりは分らんですが

  10. ジミヘン より:

    おじいさんのその話めっちゃ切ないですね
    自分が段々分かんなくなるってきつい

    レスラーのビッグバンベイダーが今そんな状態になりつつありまして
    インタビューなんか読んでも凄く切ないし本人も辛そうですもんね

    朝起きて今ここがどこかが分からないとかそんな状況になって行ってるようで
    あと何年か経つと自分のことすら分かんなくなる可能性が大きいそうです

  11. 匿名(ぼんくら より:

    数年前、ヘルパーの実習に行った時。
    皆で簡単なクイズをやるのに一人一人に紙とえんぴつが配られて。
    ある女性は文字の書き方やはめ方そのものがわからなくて、変な風になってしまって、その事に自分でも焦るのか何度も紙をぐちゃぐちゃに丸めちゃうんです。

    そして“子供達が小学校から帰ってくる時間だから早く帰らなくちゃ、こんな事してられない帰らなくちゃ”って、しきりに時間を気にして焦ってる。
    他の職員はいつもの事で慣れてるのか何の反応もなく…
    私に“早く帰らなくちゃいけないのに、この人達が私を帰してくれないの。”って泣きそうに訴えてきて。

    他の利用者さんよりは若いけど、お子さんはとっくに成人してお孫さんがいても不思議じゃないような年なんです。
    彼女にとって子育てしてる時間が濃かったんだな…きっと優しいお母さんだったんだな…と、当時の様子が浮かんでくるようでたまらなかった。

    幸せだったら良いのですが。