読者登録お願いします
スポンサーリンク

土地は所有というよりも管理なのかも

さて建物は味方になっても土地はならないんじゃないかなあって。
なんとなくだけど

土地はどっちかというとおまつりやらなにやらして機嫌を損ねないように、怒らせないように
ってモノかも。

まつろわぬ土地というか(そんな表現でOK?)

土地(根の国)ってすさのうが治めてるじゃん。

さてま、よく知らないけど

この神様って基本そういう神様じゃんね。


スサノウって味方にというよりは怒らないでくださいって感じじゃんね。

それに元々土地って人間の所有してるものじゃないじゃん。
そこにはもっと前から住んでるものもいて。

もしかしたら所有するという概念がおかしいもので 土地そのものが神かもだし
神様の持ち物なのかも

そんなものに柱おったてたり色々したらそりゃ普通怒るよねって。
間違っても喜ばないでしょ?

なのでお声を聞きながら建てさせていただくのかも。

何かいてるか意味不明だけど 笑

土地ってそういうものじゃないかなあなんてね。

感謝して畏れて祀ってって付き合いが大事なのかも。
けっしてそこから何かもらっちゃおうなんて 甘いのかもねえ

多分パワースポットもたまたまそこが良い気が噴出してるってだけで

もとはそれを人間に与えるために出してるわけじゃなく

それを調子こいてもらいに行くのは人間の傲慢さなんじゃないかなあ

やはりそこは敬って祀るべき場所であって

という意味合いの神社でもあるなあ
なんて

な~んとなくですが この世ってお金払ってそこの土地を買えばその人がその土地の所有者になりますが

実はその土地の所有者という発想自体が違うのかも

霊的に言うと

所有者というよりも単にそこを管理する権利を買いました~なのかもですね

なので管理はしっかりしないと怒るぞ~じゃないですが はい

ま、其のあたりのことはよくわかりませんが何となくそんな気が

そう考えると最初に書いた土地は味方にはならないというのも

味方といういい方はあれですが 力になってくれるかもと思ったり

上物は所有してるから味方~的な感じで

土地はきちっと管理してくれれば力は貸すぞ~という感じなのかもしれない

で、逆に管理不行き届きだと個人レベルでは病気やら倒産やらあるかもだし

もっと大きい目で見れば

昔であれば洪水や不作、疫病なんかも起こすのかもですね~

そうそう、神仏に具体的に祈願するでしょ?もう凄く真剣に拝んで

大抵祈願はかなわないじゃん そうするとほかの神様に行こうとしたり
探そうとするでしょ?

そうするとね 余計神仏と遠くなっちゃうのです これが

というはなし次回かこっかなっと

コメント

  1. 匿名 より:

    土地は国から借りているものであって自分のものではない と聞かされたことがあります。

  2. 匿名 より:

    わたしの家は 都内で先祖から受け継いだ
    土地を所有し 敷地内に駐車場 とアパートを建て いわゆる不動産収入で生活しています。

    数年前 敷地内の駐車場を売り その売ったお金で 近所の新築マンションを購入しました。
    引っ越しするのにあたり 築50年の家は解体し 駐車場にしました。

    しかし マンションに引っ越してから 子供が原因不明の病気になり 学校にも行けなくなり わたしも幻覚が見えるようになり 精神を病み どうしようもなく 子供とわたしだけ 遠くへ引っ越しました。

    その購入したマンションには 怖くて戻れないので 現在 売却を検討中です。

    マンションの場所が悪くて病気したかはわかりません。

    しかし 実家からは 徒歩10分しか離れていなく もしかしたら 実家からの災いか?

    実家の土地は 祀り事はしてません。
    (庭にお稲荷さまなど)
    周りは 農家が多く 庭にお稲荷さまを祀り事してる地主さんは けっこうあります。
    また 古戦場近くなので それらも影響してるか?・・・・

    敷地内の井戸も数年前に埋めたり。
    パイプ息抜きしましたが 神主さん呼んでの井戸払い儀式もしてません。

    このように 管理不行き届き状態です。
    この状態で 不動産収入で生活していたら
    やはり なにか 土地にいる神様か 戦いで亡くなった死霊たちか 精霊達かわかりませんが 災いを起こしても 不思議ないですよね。

    管理不行き届きで 家壊して 土地売って 家を購入なんて 道理が通ってないと・・・・・

    やはり 予想通りの悪い結果出ました。

    わたしは 嫁の立場で いっさい意見を聞き入れてもらえず(頭がおかしいと言われました) このような結果に・・・
    ケンカしてでも 止めるべきであったと後悔してます。
    子供を守るためにも。
    子供の未来を潰してしまった。
    もっと わたしが強気で止めていれば・・・

    解体した家には 氏神様の神棚をお祀りし
    先祖の仏壇もありました。
    (氏神様は 土地神様は稲荷神社さんになるので そちらから 御札を頂き 神社さんがお勧めしている 一般的な神棚です)

    今日の記事を読み まさに自分の家の事を書かれているような気がしました。

    このような土地の管理方法は どのようにしたら良いのでしょうね。
    難しいです。

    長文ですみませんでした。

  3. ジミヘン より:

    ああ、土地って所有者ではなく管理者という表現があってるかもですね
    そう考えると江戸時代のお国替えってまさに そこの国の管理者かえる~という
    感覚ですし

    将軍様は土地の統治権を与えられる~という

  4. ジミヘン より:

    どうすれば 難しいっすよね~
    私思うに昔からの家を建て替えやらするとき
    昔からやってきたことをこの機会にやめますって多いじゃないですか

    それこそお稲荷さんの社やら本当は管理するの面倒で この機会にお返ししましょうとか
    それこそ神棚やら仏壇やら 本音ではお世話が面倒だったものをよい機会だからとか

    そういうものって今まであった取り立てて凄く良いことは起きないけど普通の暮らしというのをどこかで支えてたと思うのです

    なので怒って障りじゃないとしても 支えがなくなって実はそういう方たちの守りがないとこういう状態だったのね
    という状態に戻ったのかもですな~

    記事にします

  5. 匿名 より:

    匿名で 長文 コメントさせていただいた者です。

    確かにジミさんのおっしゃる通りです。

    家を解体する前は 特別良いことがあるわけでもありませんでしたが 思いかえせば
    なんとなく どうにか成り立っていた生活だったと思います。

    決して周りが羨むほどの生活ぶりではありませんが 家族がそこそこ健康で 事故や怪我にも見舞われず なんとなく退屈を感じるくらい平凡で 平和であったと思います。

    その生活が 崩れ始めて いろいろ考え始め安易に長年お世話になった家を解体する 土地の管理もきちんとせずに 土地を売り 家を購入することは 道理に通っていないですね。
    なにかあっても 自業自得というか。
    永く大事にしてきたものを 時代に合わない古いものとして 捨て去る事のマイナス面も身を持って体験させられたという感じかします。

    崩れてしまったものを 立て直すのは難しく もしかして 不可能であるかもと思ってます。
    なぜなら 見えない世界も そんな甘くはないからという
    まさに 自業自得というものですね。

    • あー坊 より:

      匿名さま
      貴重なお話をありがとうございます。
      我が家にも心当たりがあります。
      3.11で廃村になったため、父が継ぐ予定だった祖父以来のお寺も辞めることになってしまいましたが、同時に父が僧侶のお勤めも辞めてしまったようなのです。思い返せばその辺りから、家族内が一層拗れ、今では完全にバラバラになり、二度と生きて会うことはありません。
      そのくらいアクの強い家族がなんとか纏まっていられたのは、御仏が苦心しながらお守りくださっていたからではと。
      今、家族を省みて思うのが、神仏への感謝を忘れると、人のエゴは増大する一方なのかも知れないということ、そしてぶつかり合い、摩擦が多くなって大切なものを失くしてしまうのかもしれない、ということです。
      私も今更何かが出来るわけではありませんが、ジミヘンさまのお勧めで、伊勢白さん式3本のお線香を毎日上げています。ご先祖さまと背後さんへ、今迄の感謝を、私一人だけであっても、生ある限りお伝えできれば、と。

  6. 匿名 より:

    あー坊さんへ
    お気持ち察します。
    再建出来ればと思いながらも なかなか思うようにまとまらず お心痛みますよね。

    人生って 失ってから 気ずく事って 多々ありますよね。

    それが 家族であったり 友人であったり
    知人であったり 健康であったり 自分自身の生き方の方向性であったり・・・

    1つ歯車が狂い出すと 次々と他の歯車も狂い出し 全体が機能しなくなるとか・・・

    やはりジミさんが ブログで書かれていたように 目には見えないけど 守りという力が絶妙なバランスを保ちながら 私達の生活に影響を与えているのは いうまでもないような気がします。

    ご実家のお寺さんは もうどなたも後を継がれない事情になられたようですが 御縁がありそのようなお家に生まれてきたのですから 今後とも きっと あー坊さんは 神仏との御縁も深いと思います。✨

    時おり 足の向くお寺さんなどに行かれて心を 仏様に向けられる事により 大きな守りを頂けられるのではないでしょうか
    そんな気がします。

    やはり 様々な混乱な中で周囲に振り回されながらも 心の置き場というか 定まる場所は 自分の胸の内であると思います。

    ジミさんへ
    ほんと 路頭に迷いながらも ジミさんのブログ コメントを読み ほんとおっしゃる通りですね。
    (胸の内にストンと納まる不思議な感覚 ☺)
    貴重なアドバイスありがとうございました

  7. ジミヘン より:

    目に見えないし当たり前の日常すぎて効果を感じることはないけど
    実は神仏様って守ってくれると思います それがなくなって当たり前の日常も崩れてようやく
    人間って馬鹿だから気づくという ま、妻を失って初めて気づく企業戦士のような
    何に気づくかって?若い後妻をすぐもらってやっぱ女と布団は若い方がいいな~ということじゃないっすかね!!
    ははは

    と読者さん的に回します ちなみに多分読者平均層実はアラフォーではなくアラフィフじゃないかと

    対面が8割がたアラフィフなのです!!アラフォーの方が来るとなんてお若い方だと!!

    いやいやBBAだらけブログです そろそろ109に進出と思っているのに ははは
    いまは五反田OR鶯谷色強しですかね!!

  8. 匿名 より:

    五反田をバカにするのか〜?!
    それは問題だなー。ハッハッハ!

  9. ジャン・レノ より:

    おっと、ジャン・レノでした。

  10. ジミヘン より:

    いやいや 五反田は熟女風俗の聖地ですからね~
    リスペクトっすよ リスペクト!!