読者登録お願いします
スポンサーリンク

スピ先生はどこまで業のことを深く考えているのか気になります

さて最近気になってるお話がありまして

皆さん大好きな業のお話なのです はい

スポンサーリンク

あんたの家系がよくないのは先祖の業~の業なのです

でですね よくいる占ババアなんかが業が~とか言ってその業の解消で大金よこせ的なの有るじゃないですか?

何処まで業について知ってる?考えてる?と思うのです

なぜかというと私 業について疑問がいっぱい杉でよくわからんのです

一番の疑問がですね(業はあるという立場です わたしも)

価値観や正義といったものって時代や民族によって変わる流動的なものじゃないですか?

さて業の発生のメカニズムとそれらってどういう感じ~なのです

よくある先祖が武家で人をたくさん斬ったから子孫が業をもって

~とか言う話 確かにあります

うちも親戚もあるし

さて疑問

戦国期の価値観だと戦で人を殺すのって罪ではないじゃないですか?

日中戦争時だって

例えば織田信長や徳川家康だって直接は殺してないけどb

部下やら間接的に考えれば何十万という人間の殺害に関わってるというか指令してるようなものでしょ?

ですがそこに天下を統一して戦のない世の中を作るという大義があり

それを実現しました さてそれは悪でしょうか?

当時の価値観では正しいと思うのです

幕府の処刑人人斬り山田浅右衛門さん(世襲制)

ここだって何千、何万人を斬ってる

当時の価値観だと必要で悪いことではないですよね

さて次代が変わって現代の価値観でいえば人一人殺したって罪じゃないですか?

どんな理由であれ(基本は)

そういう場合の業ってどうなんですかね?と思う

当時の価値観では業は発生しないけど時代が変わり価値観が変容し

戦で人斬ってたらやっぱ業になるよね~となった時点で業として発生するのか?

もしくは当時の価値観でいえば業となっていないから業の種子になっていないから実は発生しないのか

もしくは当時の価値観でも実は業となっていたのか?

どうなんすかね~?と

また業と怨霊といった恨みを一緒にしてたりも

信長が本能寺で非業の死を遂げたのは多くの人を殺した業という方もいるし

私なんかは実は業でなく生きてる人間の怨み(そこに死んだ人間の恨みが乗ったかも?)なんじゃないかと思うのです

(帝黒幕説ではないですから 私は光秀の単独説、しかも突発的に切れちゃった、我慢の限界説)

これ今ですと 尊厳死やら脳死判定なんかも業になるのか?と気になる

たとえば現状の倫理観で尊厳死を認めますと判決下して

それを実行したお医者さんやら家族って

なんか業になりそうな感じしません?

でですね

100年くらいのちの世になって 尊厳死や脳死判定やらが当たり前の世の中になったとしたら

さて100年前に実行してその時業となったものは消滅するのか?よ思ったり

戦国時代の人斬った業が時代の変化でどんな理由があっても人を殺したらあかんという価値観になって初めて業となるとしたら

逆も然りと思ったり

そのあたり凄く知りたいし 逆に言うとそこまで考えが及ばない人に

それは先祖の業ですとか 業を解消しますとか正直言ってほしくはない

だってあんた業についてちっとも知らないじゃんと思う

本当のことは知らなくたってそこまで考えが及ばないなんて薄っぺらい人じゃん

そんな人がえらそうな講釈垂れるなよと内心思ってたりする

それで運十万とっていいのか?プロとしてありえなくないのか?と

ま、もしかしたら業のメカニズムってもっと違うメカニズムかもしれないんだけどね

時代やら価値観やら関係なく行き物を殺めたらすべて業になりますかもしれない

だから人間は過去、現在、未来で考えが及ばないくらいの奥の業を犯してきたんだぞという立場がぶっきょうなのかもとか

ぶっきょうなのかもとかさてだとしたらね

さてだとしたらそこに情状酌量の余地はあるのか?

老々介護で泣く泣く奥さんを殺しちゃった人も快楽目的殺人も同じ量の業なのか?とかも思う

もし情状酌量があるとしたら そこにはやはり時代の価値観というものも量刑にはえいきょうがあるのか?と

だとしたら戦国期の戦での人殺しはそこまでの罪ではなくその時の価値観の量刑の業としたら

時代が変わっても判決は変らずにそこまで子孫に影響はないのか?そのあたりも興味ありです

いやいや 分からんことばかりですな

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    相手や家族の思いが業になるのかなぁと個人的には考えています。だから納得して引導を渡される尊厳死は業にはならないし、戦国時代でもやっぱりお父ちゃんが戦で死んだら家族は悲しんだでしょうから(先の暮らしのこともあるし)、やはり切った相手、もしくは戦を始めた殿様の業となるんじゃないかと。戦を始めたのが死んだ足軽の殿様だったとしたら、その殿様の業になるんじゃないでしょうか。
    介護殺人の業については、閻魔大王物語(だったかな)という、識子さんが、とある著書にひそませた小説に納得の描写で説明がありました。(本当に潜ませてあって、目次にはその項目がないんです)
    脳死判定は…たとえ本人が臓器提供カードにその意思を示してあったとしても、身内が本当に納得しない限り恨みを買っちゃう恐れがありますよね…医師はまさに「因果な商売」なのかもしれません。命を救ってくれる存在なのに。

  2. (^^ より:

    興味深いです。
    うちは日蓮宗なのですが、50回忌まで先祖供養するんですよね。
    それ以降になると過去帳で一括。
    それって子孫が覚えてるギリギリの身内の年齢なのかなー、と。
    現世の業を供養する意味で、です。

    対して過去に生きた人が霊として、過去であればあるほど薄っすらとして、深い記憶として眠っているのだとしたら。
    掘り起こすまでもなく埋もれて化石のようになるので、当時の倫理道徳観はなくなっていくのかな、と。

    神仏は変わりなく当時(もしくは未来)の価値観を持ってるように思いますが。

    ともすれば守護霊が時代が近い存在なのは、価値観を合わせるためなのかもしれないですね。
    って守護霊よくわからないですが。

  3. kaco より:

    業のようなもの、なんとなくあるのだろうなぁ。と思います。
    母方の実家が、鎌倉時代から続く家なのですが何代かに一度ぽつぽつと同じマイナス要素を持った人が生まれます。そうすると周りはそのフォローに奔走することになるのですが・・・。
    家や田畑の敷地自体が国指定の古墳の上にあり、裏山(この裏山も古墳の一部)に抱えていたお墓(土葬分)を移設したのが悪かったのか、裏山の氏神様のお祀りの仕方が悪いのか。と言う話も出ておりますが。
    責任感や正義感の強い人だと、俺がなんとか食い止めねば、私の代で解決せねばと大きな負担を背負うことになってしまうのですよね。
    目の当たりにして、その大変さ、何とも言えない気持ちになります。
    人間生きていくにあたり、不思議なことは多々あるのですね。

  4. チャム41 より:

    業って考えると難しいんでふわっと業ってあるなと思うだけのボンクラです 笑
    出来ることといえば先祖供養の時の有縁無縁さんのなかに我が家の業で迷惑をかけた方もいらっしゃるよなと思うくらいで。

  5. ジミヘン より:

    50回忌まで!!凄い あれっすかね?50年くらいまでは何とか故人を覚えてる方がいるという感じもあるんでしょうか?お孫さんくらいまでが
    まあ業やらも私もよく使う言葉ですが な~んもわかっちゃいないっていうね ははは
    というかそこまで考えることもあんまないという

    ただ答えは出ないものだけど考えるのは必要なものかもと思ったり
    業という答えのないものを道具として 過去の半生や個人を供養するという方便の道具の一つの役割もあるかもですしね

    生きてる人間の悪いことへの抑止力にもなりますし

  6. れすぽうる より:

    結局、お前の今の不幸は前世の業だ何だ言われても、そんなの知るかいってスタンスなんですが。
    斎藤一人さんのYouTubeによると業は次の世代ではなく2~4代先の世代に出るとかなんとか。いちいちそんな前の先祖の業なんか知らん(笑)。
    でも、先祖有っての今の自分が有るのは確かなんで伊勢白さんの3本供養は毎日しております。お供え物って包みをはがして供えないと駄目と最近知りました。本当かどうか知らんけど、信じてます(笑)。

  7. チャム41 より:

    業って考えると懺悔なり減罪に繋がるのかもと思ったりで。
    業は懺悔、減罪の方便なのかもと。回向は減罪の方便で。
    全ては神仏様の慈悲とふわっと思ってます 笑

  8. ジミヘン より:

    業は滅罪、懺悔に向かわせる方便でもありますよね
    それしか解消はできないというか
    回向はげんざいというよりも供養へという方向かもですな~ 一つは

  9. より:

    なんとなく、恨まれたら業になってしまうのかなと思いました。じゃあ恨みと同じかというとそれも違う気がします。よくわからんですが。ただ恨まれるとまではいかなくても自分が蒔いた種はどこかで回収するようになってるのかなぁと。私の場合、家系的にも自分で終わりそうなので時々そういうことを考えますが、それが業というか宿命なら仕方ないなと思います。自分が救われたいからではないのですが、最近はお墓参りをするときに、ご先祖様の中に自分の死に納得していない方がいたら(なんか変な表現ですみません)どうか成仏できますようにと手を合わるようになりました。もしかして余計なことをしているのかもですが。

  10. ジミヘン より:

    先祖に手を合わせるって絶対大事ですって
    供養されてなかったり何かしらの無念や未練をという先祖絶対いますもん

    結局術的な開運法って最終的に土地の調整と先祖供養じゃないかと ははは

    生き方やらは術的な開運ではない開運ですから