読者登録お願いします
スポンサーリンク

本当の天職とは?苦労を苦労と思わない修行なのです

毎度お問い合わせ多いのでここでおさらいの対面や既製品の販売について
さて今月の対面は12月23日の土曜日

場所は横浜駅のカフェ
お昼からおひとりさま1時間
応募はお名前お写真お仕事住んでる場所明記で
お願いしまっす
締め切りは20日です

抽選なので20日までは応募受付という感じ

ブレスレットを組むための対面なので
占いだけ等はNGで
占いだけでブレスいいですという方いますが
いやいやブレス組むための対面です
ブレス組まないと私1時間ただ働き状態で
非常によろしくない!!
電話占いや占い等のお問い合わせも多いですが
一切やってないです
ブレスも月に一度の対面
4人だけでそれ以外はお受けしてませんので
以前対面してまたサイドで新たにブレスをという問い合わせも多いのでそれもOKという感じです
はい そんな感じになりまっす

ということなので占いやブレス組んでくださいはやってないです

病気の方や何か勝負の方は組ませていただいてます メールで

話分かりますが

スポンサーリンク

よくスポーツや武道勉強なんかでもこんなことやってなんになるの?

そういうことありますよね

お稽古事や道を究める方で師弟関係の方でも

コーチや師匠がどう考えてもそのスポーツや習い事とは関係ないことやらせる

習い事いっても掃除ばかりみたいな

確かにそれと習い事が直接結びついてるかはわからんし

それやってどうなるかは知らんです

ただですね 私が思うにそれやってどうなるの?ということを

やんなければどうにもならんというのは確か

もしやりたくないならそれ以上に効果的なことを自分で見つけて

やらない限伸びないわなと

ま、その場合はそのコーチや流派にいる必要もないので私が師匠ならだったらやめて自分の好きにすれば?と思う

本当はそれをやることで何か感じながらするのがいいのですが

感じれなくても自分の中で以前書いた 潜在意識の下の大蛇が動いたり影響受けたりすると思う

特になが~い伝統を持ったもの 武術やらなんかはその流派の体になるための何かがあると思う

お花やらだってお作法や掃除って多分今の師匠さんもそれから初めて師匠にまでなったので

もっと古い方たちも 意識場があるんだと思う

なので言われたことってやりたくない人はやんなくてもいいけど

それに代わる何かを探せない限りそこで終わるよな~と

大事なのは言われたことから何を感じて身にするか

顕在意識で分かんなかったら 意識下の何かに影響を与えてると思うだけでも効果は違うと思う

多分そういうのって 日々は分かんなくてもある日ふっと表層化してくるもんだと思う

なぜか急にあの動きができたという日が来るのだと

野球だって金やん(老害)の走れ走れの根性論

意味ないとか思う方多いと思う 非科学的って

それで成功しなかった人もたくさんいるけど

ただ一つ言えることは長い期間活躍して成功した人って例外なく走りこんでるんですよね(多分、当社比)

非科学的に見えるもの案外大事かも

大抵弟子の頃って無理難題言われる場合多そうじゃん

プロレスなんか見てても

それやってどうなる?ということってやんなかったらどうなるの?

と思ったりする はい

根性万能論ではないですが

あとですね 本当に伸びる人ってその無理難題や何につながるかわからん事もそんな嫌でもないのです

嫌いじゃない これが表層の意識なんかよくわからんけどでは

どうつながるかわからんけど 潜在意識画は何かが動いてると思うと

結構うれしい楽しい

先日アップした鈴木みのるなんか若手の頃の不条理すぎるいじめやその時代すらそう思ってたそうで

このしごきがスターにつながってるって

いじめられててもこいつらみんなぶっ殺してやるって思うと楽しかったって

そういう感覚案外大事かも

ちなみに私のコンサル修業時代も365日(と言うのは言い過ぎ

休日はあり)だいたい14,5時間は付き人状態でしたから

寝るのと通勤時間以外は

ま、それが私の場合は凄く楽しかったのですね

毎日毎日支払いや売り上げで悩み、新規事業や事業に関することでいろんな話きいたりこんな企画は~とか持ってたり

人間そういうのって絶対いつかは役に立ちます

苦労とも思わない修行って幸せですよ~

多分そういうのが本来の向いてること 私に嫌いな言葉の天職なんでしょう はい

コメント

  1. あー坊 より:

    派遣で食いつなぐ中で、いくつかの職種を経験しましたが、一番楽しかったのは派遣会社の内勤で求人票を書く仕事でした。詳細は内緒ですが、仕事を通してものすごく沢山のことを見せてもらい、仕事の進め方や考え方まで結果として教えてもらいました。
    このときは社員さんと同じように、08:30〜22:00まで昼休み1時間と夕方に少々の休憩で、月間残業時間36協定スレスレで怒られるほど働いてました。時期的に人手が無かったことと、仕事がもう楽しくて楽しくて。完全にワーカホリックでしたねえ(苦笑)
    半年後に退職する頃には、体重がごっそり落ちてて、久しぶりに会う友人にはことごとく『病気?』と心配される程でした。
    はたして天職だったか、と問われると疑問ですが、その頃に培ったものはかけがえのない財産になっています。