読者登録お願いします
スポンサーリンク

陰陽師安倍晴明は霊能力者?力はあったのかなかったのか

凄く問い合わせ多かった晴明さんのリーディングの序章ね。

まず晴明さんを賀茂忠行が弟子にしたってとこからね。
普通に考えりゃ不思議じゃん。

当時の忠行といえば陰陽道のトップでついでに言うと陰陽道って陰陽寮って政府の機関があったわけ。そこの長官(多分)。

いまでいう防衛省のトップに少年が弟子入りしたって感じ。
不思議でしょ?

でもそこあんま書籍やら不思議と書かないじゃん。

というか何でか触れないでしょ?

まずそこね。

晴明さんの先祖の阿倍仲麻呂(百人一首の人ね)と賀茂さんの先祖の吉備真備って遣唐使で同じ時期に留学してるわけ。

で仲麻呂さんは残念ながら帰国できず。
ここまでは歴史書にもあるわけ。

スポンサーリンク

そこで分かったのが、多分陰陽道の源となるものを仲麻呂は託したんじゃないかなあ。

で帰国して自分の子孫(直系じゃなくても一族)で才ある者が現れたら伝授してねって。

ほら、当時の陰陽の2大事業の天文(ま、日食当てましょ)と暦の作成は賀茂家が握ってたわけ。

で、後に土御門(晴明さんの子孫)に天文は渡してるわけ。
普通ありえないでしょ?

陰陽の象徴を弟子の家系に渡してしまうんだよ?
天皇家が将来のライバルに3種の神器の一つ渡すようなもんじゃん。

変でしょ?

それはやはりそういう約束があったんじゃないかなあ。

で陰陽の元の技術は吉備じゃなく仲麻呂が手に入れたんじゃないかな?

逆だったらわざわざ渡す必要ないじゃん。天文を。

じゃあなんで晴明だったのかね。

お母さん信太の葛葉って稲荷っていわれてるじゃん。

これね、絶対渡来人!!朝鮮系。

これは断言!!

だったから表に出せないので稲荷としたんじゃないかなあ。
そっちのが神秘性も。

ほら、当時のマジカルな技術を持つ氏族って渡来人じゃん。
秦氏をはじめとした。

で信太の森って今の大阪の和泉市なんだと。
でググッテみました。

そしたら在日の方多いようです。

でもっと興味深いものが。

信太の森って朝鮮半島から技術が伝わった須恵器が焼かれた窯のあとがいくつもあって
昔から半島と深いつながりあったんだって。

なんて私のリーディング確かなんだ!!!

ははは

で晴明の幼少期のお顔が浮かんだんです。
一重のはれぼったいつり眼にエラの張ったお顔。

もろに半島の方のお顔立ち!!

多分凄く色濃い顔で(しかも三白眼、三白眼って結構強いじゃんね、霊感)
その噂が耳に入ったんじゃないかなあ。

忠行さんに。で一度顔を見に行ってあ、これは言い伝えの子供だって。

でいま降りてきた。多分仲麻呂はシャーマン型の人で、自分から数えて何代目かに
そういう子供が現れるからそのこにって感じで伝えたんじゃないかな。

絶対そうです!!

なんかさえてるじゃんね、わたしってば。

でね、式、鬼って実は真備の吉備ってのも凄くあやしい。
吉備=鬼退治の国でしょ?

で前も書いたが吉備の鬼=鉄の技術を持つ渡来人じゃん、。

怪しいぞ、凄く。
渡来系の怪しさがぷんぷんと。

でですね、今ばばばっと浮かんだのが、平安京遷都の桓武天皇って渡来系と凄くつながりあってこの人自身呪術に興味大の人、思考が呪術じゃんって。

で調べると母親が渡来系の子孫説もあるのね。

なんかつながってきたぞ。と同時に収集つかなくなってきた

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    今は和泉の信太と聞いて「あ、晴明のお母さんの」という人は近畿でもまれで、自衛隊の信太山駐屯地を思い出すのはまだいい方で、吉原や飛田と同じようなところ、と認識されてることが多いです。(実際そういう機能をしています)

    技術や知識は渡来人由来が多そうですよね。邪馬台国も、もとは半島から九州に渡来してきた集団が吉野ヶ里を造り、なんか台風とか火山とか雪とかで住みにくいわ~と思って東に移動してきて、途中で出雲を攻略して、奈良まで来て邪馬台国を建国したんじゃないかなと私は思っています。法隆寺を建てた、くらつくりの鳥も渡来人ですしね。
    でも元々住んでた日本人に嫌われず、惜しみなく技術を伝えて死後は神社にまつられたりもしている当時の渡来人は、現在の半島の人とは先祖が違うのではと思っています。
    頭がよくて穏やかだった当時の人達は、利己的で我が強く争いが好きなDNAに駆逐されてしまったのではと。
    で、今の半島がある、と。

  2. myuka より:

    吉備の鬼。
    吉備津神社の温羅ですねー!!

  3. ジミヘン より:

    確かに!!当時の渡来人と今の半島の方のメンタリティなんか違うかもですね!!
    信太遊廓だったんですね!!
    私も産まれも引っ越し先も遊郭街が多いので親近感!!
    ちなみに私未だ邪馬台国は九州説で

    最近は畿内説が有力ですが 旗色悪いです!!

    吉備の鬼 そうです はい

  4. 猫のチャイ より:

    大衆演劇一座のように、九州から一族郎党引っ越してきたのかなと思ってますので、九州発祥、畿内発展説とでもいいましょうか。だから卑弥呼も何人(何代)かいて、「ひみこ」は今で言う「みこ」じゃないかなと。固有名詞ではなく。というわけで沖ノ島にも巻向にも卑弥呼はいたんだろなーと思っています。姉妹か後の世代かは分かりませんが。
    最初に奈良説をすんなり信じたのは、「やまたい国」が「やまとの国」になったんだろうなぁと子供の頃、なんの根拠もなく思ったからです。でも案外真理なんじゃない?と思ってます。(笑)
    信太山新地、規模は小さいですがそのぶん情緒が色濃く残っているかもしれません…。

  5. チャム41 より:

    吉備の最上稲荷様も何かありそうな気がするんですよね〜。法華の稲荷様の他にもお顔があるような。

  6. 一応匿名で より:

    私地元が岡山なのですが、
    鬼ってアジア系じゃなくて、白人系だと聞いたことがあるんですが、
    その系統の顔の人あまり見たことないんですよね…^^;
    大陸系(朝鮮系)の人が住んでる地区って言うのは、実はぼんやりとあるのですが
    現在だと、吉備からかなり離れているし、
    たまに話題になる度に???となってます。

    ただ、その昔、吉備の辺りまで海岸線だったらしいので
    そうなると岡山市の半分は海の底だったので、今とかなり違うと言えば違いますね…。
    民族ってそんなに移動したものなのでしょうか。

    ちなみに。吉備津彦社の辺りは軒並み宗教関連の施設が多いので、
    そういう力がある場所だったのかもしれません。

  7. ジミヘン より:

    卑弥呼は固有の名前でなく職性だったと思います 日を見る巫女 日巫女というね
    もしくは陽巫女 どっかに書きましたが殺害された理由は日食
    太陽の力が衰えた=卑弥呼の力が衰えたから殺害して新たな日巫女を立てて死と再生
    =太陽も新たな命の再生という

  8. ジミヘン より:

    吉備の鬼白人系って言いますよね どうなんすかね?ロシア系とかが吉備まで来てたんすかね?
    実は白人系はあんまピンと来てなくて はい
    東北の鬼が白人系なら納得できますが

    宗教施設多いんですね!!なんかあるんすかね?磁場とか

    実は最上稲荷ってあんま詳しくなくて いまいちわかってないんですね~ ははは
    イメージ的には笠寺いなりさんのような ぼんやりとしたイメージなんです ははは

  9. 狸ネコ より:

    今ちょうど出雲の末裔の方、斎木雲州氏が書いた本を読んでいる所でして、初めてコメントさせていただきます。
    ヒミコは正に女王の呼び名(職位)で、姫巫女(ヒメミコ)の事らしいです。中国人には「ヒミコ」と聞こえたらしいです。『三国志』「魏書」の倭人の項に出てくる姫巫女は、三輪のモモソ姫と宇佐の豊玉姫。魏に対し名乗ったヤマタイ国(大和国)とは日本全体の事を指すが、実質的にが九州の都万王国(日向の西都原辺り)・豊(宇佐が中心)連合王国のこと。豊王国の女王豊玉姫を和国全体の女王と認めてもらおうとして国交を開いた時のやり取りの記録が魏志倭人伝の様です。
    吉備に移り住んだフトニ王が、良質の鉄の産地だった出雲を欲して出雲に攻め入り駆逐。吉備津彦率いる吉備軍が出雲軍を鬼と呼んだそうです。フトニ王も出雲王の親戚だったそうで、因果な事です。まだ読み進んでいませんが、出雲の一団は東北地方にも移住しているそうです。
    目から鱗…古代史観がひっくり返る事ばかりです

  10. つぐみ より:

    私も邪馬台国は九州説を信じております。
    今年の九州豪雨で被害の大きかった福岡県の「朝倉」周辺かなと。
    奈良の三輪地区の周辺地名と同じ地名がたくさんありますし、大己貴神社もあります。

    ジミヘンさんは出雲大社と伊勢神宮のエネルギーの違いってどういう風に感じますか?

  11. ジミヘン より:

    その本かなり興味深いですね~ ちなみに今読んでるのは秦氏についての本です
    神社をエネルギーでって考えたことなかったので
    正直分からんです

    ただ出雲=鎮魂のと思ってます 私は
    旧ブログにも書きましたが出雲の4拍手は死という意味合い
    もうなくなられましたとお知らせ

    しめ縄が逆というのは不浄が入ってこないというより
    出てこないようにではないかと思ってたりです はい

    だからと言ってダメとか怖いではなく由緒がそういう感じという話かなと
    ちなみに行ったことないのでエネルギーや気がというのは分からんです はい

    ただ大黒様も日本の神様と習合する前って恐ろし気な方でもあるので
    なんとなく大国主さまと習合ってわからんでも

    大国主さま=怨霊神と考えるとね
    ま、妄想ですので ただ出雲大社って綺麗な気だと思います

    ちなみに出雲=雲が出るは古代日本の死ぬと雲が出てきて~と言うことにも
    由来するんすかね?