読者登録お願いします
スポンサーリンク

血は濃い 呪術の世界では特に

旧ブログこんなことも書いてたのね

霊能者サンから質問来たのでね。
ブレスやらに術こめるときってどうやるのって?

その方も水晶に術というか気をこめるんだけどある期間で抜けるから
其処に〆だったり刻印するんだがどうしてもって。

でブレスってわっかじゃん。

どうやってその空間に施すの?って。
たいしたことじゃないからかいちゃいますね。

ま、ある護符だったりあるものを封じ込めるというかね。
分からんでしょ?さっぱり。(≡ω≡.)

簡単にいうと彫るというかそんな感じ。
術こめるとき

(あるものをこめるのは案外面倒だから今回はパス)の説明ね。

護符の込め方ね。ようはワッカのなかにその護符を書き込めればいいわけ。


メッチャ簡単に言うと。

で何で書くかというと内緒。

その護符の模様を。

旧ブログにはちょっとこのあたり詳しく書いてましたが

やはりそこは今回かきません

ちなみに旧ブログのこの記事削除しました

みなさん読んでね~と書いても読まないから

見逃しちゃうのです!!

スポンサーリンク

ま、とりあえずそうするとワッカノなかに護符が封じ込められるじゃん。

次はその護符にあるものを
入れるというか、

ま、これを入れてようやく生き物のように命宿ります

って感じなんです。なんかできそうでしょ?(゚д゚)、

ってこの間うちの滋賀のお寺の住職さんに言ったら出来ません、普通はって 笑

なんで出来るかというと、出来るもんは出来るってだけで。
理由も何もないって感じなんです。

いつから?といわれるとね、

何でも術ってそうなんですが、出来るなと思ったときは
出来るんです。そういうもので。

ちなみに手に図形書いて云々は子供のころからやってました

なのでできるものはできる そんだけ ははは

逆に頭の中で術の手順からなんできくかという道理までわかっても出来るなって思えないと
出来ないのです。

そういうもんなのです。

案外たいしたことじゃないんだけど、それを知ったからと言って出来るもんでもないし。

なので実は案外巷の教室とかってほんと出来るようになるの?って感じなんです。


ま、もしかして出来るようになるかもですが。

多分うちのように細々とつないできた家の術って案外そういうもんで拡がっていかないんでしょうね。
説明したって多分出来ない時期、出来ない人にはできんでサ。

ちなみに他人さんに教えてもできない気はするけど

兄の子供に霊符なんか教えたら案外出来ちゃいそうな気もせんでもない

う~ん やはり血というのは濃いものかも

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    後ろの人(上の人?)が力を貸してくれるのではないのですか?映画の陰陽師で、萬斎さんが式神に印を結んで「ふっ」と息を吹き掛けるシーンがありましたが、あの息を吹き掛けるとこを後ろの人がやる、みたいな感じで。
    やれない時というのは、何か理由があって後ろの人が力を貸さない(貸せない?)とか。
    いま現世にいる子孫の方は、ご先祖さまになった時にその力を継承されるのかなー、なんて、もう妄想小説の世界ですけど。

  2. こばっち より:

    私も妄想の世界なんですが
    ジミヘンさんがブレスに刻むというのは
    ジミヘンさんの中の気を刻んでいく感じで
    なので霊符は朱色なのかなと。
    刻む文字はその人に必要な物を刻んでいく感じで、縁結びや魔除けなど。
    刻むことでジミヘンさんがご縁を頂いている
    神様との道をブレスに繋げてくれて
    届いた人が息を吹きかけて神さまとの
    道が繋がりブレスをする人に効果をもたらすのでは?なんて妄想しちゃいました
    既成ブレスをしているのですが
    メトロノームの様に動いたり
    ブレスの周りを回ったりする感じです
    これも凄い妄想ですね(o^^o)笑笑

  3. アリリ より:

    ジミヘンさんのblogを久しぶりに読んで、ブレスと霊符を見て観たいと思いました。
    ご縁があれば。。
    想像ですが、、ブレスのわっかの中に メビウスの輪の様に書き込まれているのか?と妄想しています。

  4. ジミヘン より:

    メビウスのわっか そんな洒落たもんじゃないですよ~
    あれってどんな効果とかなんすかね?

    霊符の朱は血の代わりでっす 術の基本です ははは