読者登録お願いします
スポンサーリンク

阿弥陀如来と稲田の朋ちゃんの改憲と

とあるブログ見たらですね、メシアの再来とか予言とか。
なんかそんなで。信者もそんなの真に受けて。

なんか不思議な生き物見てる感じで。
そんなのどうでもいいじゃん。って。
よげんがあたった外れたとか、この人は本当にメシアやらイエスの降臨やらって。

なんかばかばかしくなって。でそれがどうしたのって?

たとえばその方がイエスの生まれ変わりかなんかだとしたら

それがどうしたの?


で?って感じなんです。

そのひとがイエスだからって国民の収入増やせれんじゃんねって。

稲田のともちゃんが改憲出来るか?

スポンサーリンク

斎藤さんの不倫の事実が 週刊誌から消せるか?

宮迫の不倫がもみ消せれるか?

小さくなったほしのあきの巨乳が復活するか?

第三次ルミ子ブームでけんやを取り戻せるか?
なんかそんなの多いなあって。

でそれに群がる人も多いなあって。

そんなの全然大事じゃないじゃん。
なんかばっかみたいって思ってね。

ブッダって霊の存在語らなかったじゃん。

あるともないとも。
浄土真宗って霊のぞんざい否定じゃん。

私の解釈だとね。人間って霊を持ち出すと絶対意識がそっち行くじゃん。


それこそ現実世界よりいく人もいるじゃん。

本末転倒でしょ?

今の現実をしっかり生きるのが大事で。
でブッダって基本この世を生きやすくするヒントを語ってたと思うんです。
本来は。

でもっと言うと霊を持ち出したとたんカルト化するって感じてたのかもね

自分が霊を肯定したら 死後自分の教えを湾曲して

受け取ったりすることが増えそうだなと感じたのかも

現世よりも霊の世界中心の生き方になっちゃうかもねと

と書きながら おうちの信仰の浄土真宗

霊の存在否定しながら 死後すぐに阿弥陀のもとになんですが

いままで何の疑問も持ってなかったけど

矛盾かも?それとも死後阿弥陀様のもとに行っても

霊ではなく今のままの肉体の世界で?

そのあたり勉強不足ですいません

死後の世界を霊魂の世界としてとらえてなくて

肉体の世界の延長で生きとおしという教えなのかな?

死んで肉体は滅びるという世界観ではなくなんですかね?

もしくは肉体は滅びても本体は霊魂ではなく

ほかのものという思想なんですかね?

かなりそのあたり興味わいてきました ただ死んだら終わりだとしたら死後阿弥陀様の元というのも変だしね

多分そのあたり教義あるんでしょうね おうちの宗教なのに

全く無知杉でお恥ずかしい

コメント

  1. みどり より:

    鋭いご意見 ごもっともですね。
    なんで みんな そこまで突っ込んで考えられないんだろう~
    わたしもですが(-)_(-)

  2. 葉っぱ より:

    そうなんです!

    まさに私もそこが不思議で。
    霊魂を否定するのに阿弥陀様の世界はありなんだぁと。

    仏教って生きるための哲学だったのではと思うのです。
    どう生きるかが大切なんだよ から、時の権力やらなんやらが相まって、また時代のいろんな解釈も生まれて。人間だけが死後の世界を想像して不安になるからそういうところと結びついていったのかな?と。

    私は死後の世界って、自分が来たところへ還っていくイメージなんですが、それが阿弥陀様の世界というのか極楽なのかはたまた天国なのかそれはその人間の生前の意識によるのかな???なんて、答えの出ない問題ですね。

  3. きら より:

    あれ そう言えば…
    極楽やら地獄やらへは確か「生まれ変わる」んですよね?それを輪廻と呼んでて
    じゃ迎えに来るって言うのは…死んでからと生まれ変わるまでの間?
    てことは迎えに来て貰ってるのはやっぱり霊魂???
    インドで来迎図って見たことない気がしますので…日本か中国辺りで勝手に付けられたイメージなんですかね???
    うわあ初めて考えました(@_@;)

  4. でんきち より:

    ちょうど今週発売のAERAに【日本人の死生観に変化 「霊魂信じる」増加中】という記事をみつけました。
    若い世代ほど、宗教は信じなくても霊魂やあの世を信じているようです。

    https://dot.asahi.com/aera/2017080400060.html?utm_content=buffer5cabd&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

    (上記ページより引用)
    ある男性はいわゆる「無宗教」だったが、亡くなった妻の墓を近所の寺で建て、弔うつもりで寺の勉強会に出席。最後に思い切ってこう尋ねた。

    「私の妻はいま、どこで何をしているのでしょうか」
    ところがその寺の僧侶は誰も答えてはくれなかった──。
    この背景について、正木さんはこう分析する。

    「死後に霊魂の存在を明確に認めているのは、仏教では高野山真言宗と日蓮宗だけといわれます。近代仏教学には、1930年前後に霊魂の存在を否定した東大の仏教学者の宇井伯寿らの影響が色濃く残る。ほかの宗派は曖昧で答えようがない、というのが実情でしょう」

    こういう記事はお盆にタイミングを合わせているのかしら。
    興味深い内容でした。