読者登録お願いします

みなさんお供え毎度ありがとうございます アドレス見つからなかったりでお礼も言えずの方もいまして 申し訳ないです

ありがたいことにたくさんいただいて 食べきれないくらい程なので

また9月に入ってからでお願いします いただくものはすべてお供え後美味しくいただいてます

甘いもの好きなので本とありがとうございます

8月後半はしばらく不在でお供えできませんので

その感はブログのアップもできませんので

皆さん私のこと忘れないでください~と

AKBの総選挙っぽく ははは

さて先日名古屋に帰った際に旧ブログでも取り上げた

仲良くしていただいてるおばあさん占い師さんのとこ行ってきました

おばあさんといっても昔はクラブのママ(錦の〇丁目)されてて

とある大企業のトップのお妾さんにもなって今は悠々自適という

やり手さん

つややかな方です 五月みどりをちゃきちゃきっとした感じの

さて色々お話をしてたのですが

まあ その方ちゃきちゃきっとしてますが心根がお優しいこと

そして気遣いがさすがなのです

夜の世界で大成功しただけはありまして

空気を読む力もさすがで とても楽しく心地よいお時間なのです

でですね ちょっと印象的なお話が合ったので

優しすぎるという話で

世間では優しすぎる 情けをかけすぎると時に利用され

時に傷付けられということが往々にしてあって

ほどほどにしなさいねと言われるでしょ?

それについてで

それでも優しくした方がいいわよと 特に根が優しい人ほど

無理して変えようとしないほうがいいって

無理して変えると結局優しくしなかったことに対する罪悪感が芽生えてしんどくなるって

そうすると長い目で見ると必ず悪くなると

でその方 長~くいろんな方を見てきたじゃないですか?

この年までいろんな人を見たからわかることがあるって

凄く人に厳しくして結果を積み上げてきてトップになった人たち

企業や会社にいる間はその恐怖政治で足元をすくわれずに

幸せな企業人生として尾張ことが往々にあるけど

今ってその後の人生も長く 相談役や関連企業なんかに行けることも減ってきて

企業人じゃなくなる時間が多くなって

そうすると 多くのそういう人ってかなり寂しい老後の場合が多いって

家庭が崩壊してたり(妻に厳しすぎたり)引退したとたん今まで

慕ってきていた人たちが一斉に離れていって誰一人いない状態になったり

そういう人をたくさん見てきて 企業人の間栄華を極めても

老後が孤独ほど寂しいことはないんじゃないかって

昔は70くらいで死んじゃう場合多かったけど今は80過ぎても

お元気が多いので 余計その10年というのはしんどいだろうって

ああ、これって真理だなあと思って

人間もしかして老後というものにその人の歩んできた道の集大成はあるのかもしれないし

若く体力なあるうちの孤独は耐えれても 老後の孤独はしんどいかもと思ったりで

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    同僚は蹴落とすライバルで、年下はアゴで使うものだった企業の部長クラスだった人は、定年後の町内会とかでうまくご近所づきあい出来なくて、家では濡れ落ち葉で疎ましがられる存在になりがちのようです。
    会社での肩書きだけが自分のアイデンティティーだったことと、それを認めなくない感情で、周りに当たり散らし、豪邸に住んでるけど孤独で頑固なクソジジイになっちゃったりとか。

  2. TH より:

    優しくすると損すると思っていました

    それでもいいんですねーーー

    ステキなお話し ありがとうございます

  3. ジミヘン より:

    企業役員で引退後 ボケちゃったり施設で威張り倒して困ったちゃんって
    結構いますもんね
    家にいても奥さん怒鳴り倒して

    大変みたいな 先生と名のつくものにろくなものいないと言われますが
    役員さんも結構そういう場合多しです

    優しくして損してもいいんじゃないですかと思ってます