読者登録お願いします
スポンサーリンク

神社の犬猫

猫を書けとお便り多いのですが。


昨日枕を変えたらメッチャよくて

首の痛みも軽減で今だねむいので


内容忘れてしまいました。

思い出したらです。


何かいたっけ?

多分眷属でですね。


で犬の眷属は忠臣って感じ。


前も書いたかもですが神社の狛犬なんかもろで。

神に対して失礼な振る舞いするものは霊的には眷属の狗が襲いかかってます。


で神の命は絶対服従で。

神に引継ぎ事項もありのまま報告です。


まさに忠実な部下。


でこの忠実ぶりは完全に神を尊敬し崇めてるからです。

で猫はあんま忠実じゃないです。

猫的には神を崇めるという感覚はないですね。


ま、神は猫を使うというよりは可愛がるという感じで。

ただ猫も神には歯向かわないです。

其処の力関係は分かってます。


ま、相性というものもあるかも。

左甚五郎の日光の猫ではないが神前でもごろにゃんとくつろいでます。


で神の意を忠実に実行もしません。


というか神も期待してないです。それには。

ま、そういう役割はないのでしょう。


でペットって案外人間と神の間を取り持つというかね。

人の意を神に持ってたりするけど。犬は忠実です。


ねこは気まぐれ。持ってたりもって行かなかったり。


気が向いたらです。天気よかったりあったかかったりの日に。

ま、それも役割の差で。猫ってええなあって思うでしょ?


その代わり飼い主への実行力(かなえてあげたり)は犬が断然上。

スポンサーリンク


で犬はそのことに最上の喜びを感じます。

飼い主の役に立つことね。

で猫はかわりにその喜びがあんまない感じが。


どっちがよいじゃなくそういうもん。

ただ猫って霊的にも自由の裏返しは孤独なんだけど。


であっちの世界の猫も基本1匹でノソーっと歩いたりしてますね。

でたまにこっちに戻ってきたり。

なんか天からの道というかそういうのを歩いてきますね
またのそーっと

因みにウサギはですね~

今日はペットホテルです ははは

因みに我が家のオリバー

1日でも私が家を空けると

下痢するのです マジで

案外にぎやかなの好きかもしれん

ペットホテルに行くと2日目に下痢するそうです

寂しがりやらしく ホテルでも

なるたけ撫でてくれるそうです はい

ダニだらけと

ははは

コメント

  1. 翠榎 より:

    きのう母の日に、花束持って母のところへ行ったんですけど、
    母が、4日前に去年逝ったわんこの夢を見た、と話してくれました。

    母の方を見て「ママ ママ」と可愛い声で言ったそうです。

    実は私も、おなじ4日前、夢にわんこが出て来ました。

    そして明日が、あの子が我が家に来て満10年の日なんです。

  2. さくら より:

    動物って 人間同士よりも心が通ずるときがあります。言葉のコミュニケーションがなくても心で話が出きるって感じます。
    時々、噛まれてますけど(笑)
    本当に可愛いし、心の友です。

  3. ax より:

    私は生まれてこのかた猫を溺愛してます。犬は、あの切ないほどの忠実さがいたたまれなくて苦手です。

  4. いち読者 より:

    ペットなら可愛いだけでいいけど肝心なお使いの役割が抜け作なのはどうよってこと
    猫の必然性や有用性が感じられない

  5. 翠榎 より:

    まもなく去年逝った黒パグのわんこの一周忌となる時間が近づいています。
    あれからもう一年…
    早いなあと。

    じつは夢にたびたび出てきてくれまして。
    我が家の氏の神のご神使が鹿であることから、いつぞやは小鹿になって出てきてくれました。
    でもあの子たとすぐに分かりました。
    真っ黒くろすけの黒バンビちゃんでしたから。
    鹿に姿を変えても色までは返られないらしい(笑)

    ういさんが教えてくださるのですが、
    ジミヘンもお書きになられていますように、神社関係などで私のために色々と骨を折ってくれているようです。

    そして、
    昨年6月の記事『安楽死と尊厳死』をもう一度拝読させていただいております。

    3週間に渡って、さかんに家と病院を往復していた頃、お医者さまから伺ったお見立てのメモがあるんですが、こちらの方は読み返しているとあの辛い日々を思い出してしまって苦しくなって来て最後まで読めません。

    でも旧ブログ記事の方はいま読んでもスウーっと気持ちが軽くなって来て、読んでいてとても救われた気分になります。

    あのタイミングであの記事、改めて本当にありがとうございました。

  6. ジミヘン より:

    尊厳死めっちゃ難しいですね~ いつも考えます
    意思表示ができない方の場合なんか特に

    例えば苦しむペットなんかも難しいですね
    ただ皆さん悩まれて出される答えなので

    その判断を否定したり文句言ったりしてはいかんなと
    そのジャッジを下した人が一番苦しまれて 死ぬまでその思いと
    ジャッジに悩まされるんですから そこは第三者が文句言ってはダメかなと

    誰がどう見ても明らかにおかしいと胸を張って言い切れる場合以外は
    例えば親が寝たきりや苦しんでて 尊厳死が認められる世の中になって

    私がジャッジというスイッチ持ってたら めっちゃ悩むし一生そのジャッジを
    悩みます 私の手に人の命があるのですから