女性起業セミナーの問題点と安倍政権のラスプーチン

スポンサーリンク

さて今朝のヤフーニュースで 女性起業セミナーでトラブル多発と

ちなみに私の周りにも 何人もその手のセミナーに行って

得るものがなかったという方います ははは

どんな内容だった?と聞くと やはりSNSの効果的な使い方や

じんみゃくのつくり方とかそんなのばっかで

全く実践的じゃなかったって

ま、そりゃそうでしょ

教える側が結局セミナー的な(スピ系の)しか知らないわけですから

教えられないってって

スポンサーリンク

結局ですね 本気でビジネス覚えたければ 実戦しかないわけで

大学で経営学学んだって 実戦で成功できるわけでなく

それってあくまでも机上の空論で

ほら、安倍内閣のラスプーチンといわれる経済産業省出の今井さん

この方なんかもお役人らしく

官僚主体で国の経済を~と言ってた役人だったわけじゃん

やったことは 半導体や家電をダメにしたっていう

そういうこと 結局実地がない人間 もっと言うとですね

身銭を切って経営したことない人間が教えれるはずないのです

なぜって経営って 教科書に載ってないことばっか起きて

その都度その都度それを対処するんです

そりゃあ大変 だって教科書に載ってないんだもん

それこそ人を使う仕事だったら 従業員が言うことを聞かないとかって

絶対教科書に載ってないじゃん

例え載ってっても 待遇を~とかで それだけで解決じゃないじゃん

顧客の満足だって 投書やクレームが来たらそれだけ改善すれば

売り上げ上がるかと言えば そんなことないじゃんね

結局教科書に載っていない困ったことを その都度その都度対応していって

能力値や経験値を上げて

空気感というもの 肌感というもので察知できる能力を養うといいますか

それって結局実地しかないのです はい

私思うに セミナー行くなら 今後やりたと思う職種で頑張って働いて

せめて店長くらいになって お店の数字をしっかりと把握できるようになるほうが

全然ためになりますよ~と

結局ですね 周りでもサロンやら始める女子多いですが

サロンで働いてました~

始めてみたら 予想と全く違う!!お客さんが来る来ない以前に

思った以上に経費が掛かって大変!!パターン多いのです

それって始める前にきちんと数字を把握できる立場にいなかったからじゃん

一日の売り上げはなんとなくわかっても

経費の計算まで知らなかったでしょ?っていうね

私が起業セミナーするならもっと違う感じでやるなあ~

値段聞いたら結構な額で しかも個別じゃなく大人数に講義

的な感じなんですね びっくりした ははは

ま、セミナーだからそうなのでしょうが

私だったらその額もらったら 個別でコンサルしますね

であらかじめ何で起業したいか聞いといて

会う前にその業界調べまくりますね~ 粗利が~とか

業界の状況やら 同業種の収益やら

個別でマーケティング出来てないのに 起業教えれるわけないじゃん

それこそ会社設立方法くらいしか

あとはですね 本人の状況をきちんと把握して

自己資金やスキル 一番大事なお人柄を

そこまでがスタート地点に立つ前の(コンサルで合うまでの)

下準備でそっからですね

女性起業だとそんな大きな商売にはならないと思うので

一番私が重要視するのは 人柄になるかな~

特に直接対面するお仕事なら(販売やらもネットだけでなく

実店舗で対面販売なら)

月商で10万とか20万くらい目指すくらいなら 人柄重視だけで

実は行けます!!

と私の長年のコンサル経験では 思ってたりなので はい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    これを言うと元も子もなんですが、人って、教えてもらわないと分からないことは、教えてもらっても出来ないと思っています。
    楽器なんかでも、独学でも楽譜とにらめっこしてある程度出来るようにはなるけど、人の心を動かす演奏が出来るようになるには、持って生まれたモノが必要だと思うのです。そのセンスを持っている人は、楽譜が読めなくても5才で耳コピしてピアノを弾けたりするんですよね。技術はあってもセンスがなきゃ、どんな名人に師事しても師匠との間の溝は埋まらない。
    それと同じく、セミナーとやらで教えてもらわなきゃ商売の仕方が分からない人は、セミナーで何かを得た気になっても実社会では通用しないだろうと思います。
    そんさんややないさんは、誰に教わらなくてもどうすればいいかが分かるから、今の地位にいるのでしょう。そんさんはマクドの初代日本支社長に話を聞きに行ったらしいですが、未成年ながら当時のマクドのトップに話を聞きに行く、それがもう既に「センス」ですよね。

    • 猫のチャイ より:

      蛇足ながら、マクドと連呼しているのは、関東でいうところのマックのことです。

  2. ジミヘン より:

    確かにセンスの問題はあります がですね 例えばプロでもトップを目指す演奏家や
    のちの大企業なんかを作る経営者はやはり持って生まれた圧倒的センスって必要ですが

    そういう方って本当に何千人に一人の世界で頂点にじゃないですか
    我々凡人はそこまでの成功もトップにもなれないし目指さないので

    そこまでの圧倒的センスがなくても 後天的な磨いたセンスでもそこそこまでは行けると思うのです そのあたり記事にしまっす

    マクドは関西?ちなみに名古屋はマックですな

    私ずーとMCドナルドだと思っていて ウェッサイのラッパーだと思ってました
    マックって

    • 猫のチャイ より:

      ちなみに本国では「マック」も「マクド」も通じないんだそうです。「まっだーなぅ」だ、そうで。(だ にアクセントを)
      帰国子女の会社の後輩に教えてもらいました~。

  3. 猫のチャイ より:

    凡人は凡人なりに…。私は、凡人になっちゃうのは自分のセンスの在りかを知らず、そことは別のコースを歩んでるからだと思ってるんです。誰にでも、非凡なセンスがどこかにはあると。
    それを知っても一流に上り詰めるには、努力や運や、ご先祖や神仏からの引きが必要だとは思いますが。
    子供が小さいうちに、センスの在りかに気付ける親はなかなかいませんが(とりあえず学校の勉強させなきゃならないし)、何を持って生まれてきたのか、見つけてあげるのが親や祖父母の大きな役割のひとつだろうと思っています。よく見ていれば絶対に、その子特有のキラメキが、どこかにあるはずなんです。
    ジミヘンさんがおばあ様に、他にもいるお孫さんの中でも特に、色んな意味で目をかけていただいていたのは、おばあ様が、ジミヘンさんの呪術センス(語弊がある?)を見抜いていらしたからではありませんか?
    ちなみに私自身のセンスの在りかは、20代後半頃に気づいたのですが、その年齢からはもう始められない(遅すぎる)世界だったという。(笑)