大化の改新の裏には占いがあった?大化の改新を霊視

スポンサーリンク

風呂に入る前ボーとしてたら藤原氏が凄く浮かんで。


藤原氏の始祖とも言うべき


鎌足さんのリーディング始まりました。

キーワードは亀卜ね。ようは亀の甲羅焼いての占い。


この人大化の改新で権力握ったじゃん。


で歴史的にはもう中大兄王子についてて蘇我馬子親子撃つのが

当然の成り行き位の認識じゃんね

違うのです。

最後まで凄く悩んでます。

だって北朝鮮の人民が総書記にクーデター起こそうって様なもんじゃん。


凄く迷うよね。

で最後亀卜で決めてます。これ絶対ね。


子供の不比等が平城京遷都のメインの人なのも

権力者だから当然と思ってたがそれだけでは。


実は藤原家のお家芸(表に出てない裏芸)

の亀卜をはじめとするマジカルな力なんです。
全く語られないけど。

と考えるとどろどろの権力闘争で圧倒的な勝者となったのも納得。

ここの家が。
ま、時代がたつにつれマジカルな一族から

貴族的性格になってそっち方面は安倍晴明
をはじめとする陰陽師にお任せになってくが。

でもよく考えたら何で陰陽師?って思わない?

僧侶でもいいじゃん。
当時の僧侶って超知識階級で今のNASAの科学者みたいなもんジャン。
特に中国からきたりの人なんかいまでいう超進歩した

異国の星の人みたいなもんジャン。

そこも理由があるのです。が長くなるので面倒だなって。
ます藤原氏のルーツって卜部氏なわけ。

前にも書いたかもだが占いやらする渡来人ね。
このルーツがイカツ使主っていう神様なわけ。

うろ覚え)。

でその神様が元々亀卜を伝えたわけ。

このイカツって言うのがイカツ関係の神と繋がるわけ。

鹿島神宮の祭神の武みかづちの神とか。

イカツ=雷、みかつちね。

と同時に日本には元々鹿卜があったわけ。

鹿の骨を焼く占いね。

昔は亀も鹿も多分同等とされてたきが。

占いとして。

鎌足の頃から完全に日本の国では亀が上位になったわけ。

何でか?


鹿島って鹿卜やってた土地なわけ。

鎌足が春日神宮を奈良に作ったのだがあれって
鹿島の神を奈良に勧請なわけ。

元は。確か。

鹿島の神って武みかづちじゃん。

これって藤原氏のルーツじゃん。
春日の神の使いが鹿でしょ?
ってことは鹿卜が亀卜の下位となったってことをあらわすわけ。
で面倒なので得意のまた次回です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チャム41 より:

    不比等公は鎌足公イズムより天智帝イズムの感じでしょうか 笑
    藤原氏も絶対マジカルですよね〜。秀郷公の百足退治、過去記事にもあった蔦で藤の蔦の伝承(東北にもあるんです)モロだなと。本拠地の常陸国も常陸もそんな感じしますし。
    何より亀トにそこまでの信を置いてたのがマジカルだなと。

  2. 猫のチャイ より:

    奈良の明日香一体を見下ろす丘が「いかづちの丘」っていって、すぐそばの交差点が「雷」と書いて「いかづち」と読むんですよね。
    別に雷雨が多い土地でもなさそうなのに、なんでだろ?と思ってたのですが、今日の記事で納得です。
    そして、いかづちの丘にはには確か、鎌足さんか不比等さんかの邸宅があったとされてたような…。宮を見下ろす位置に不遜な、と思った覚えがあります。(屋敷をかまえたのは、入鹿の首が飛んでからかもしれませんけど。)

  3. ジミヘン より:

    私歴史上の権力者で 藤原家が最も呪術の力を信じた氏族じゃないかと思ってたりで
    でですね
    摂関家になる以前は 自分たちでも呪術を行っていて(ビフォー公家化)
    公家化してからは やはり穢れという観点からも

    呪術は自分たちではしないけど その力は信じてるし使いたいから
    晴明さんたちを使ったんでしょうな

    いかづちのちに邸宅!!ちょっとぞぞぞぞ~っときました!!
    昔の地名ひも解くとかなり面白いでしょうね

    そこに呪術やどんな氏族が住んでたかを絡めると
    教科書ではのってない もう一つの呪術的側面の リアル日本史が顔を出すという

    最近地形で読み解く日本史ブームじゃないですか

    そこに私 呪術フィールドのっけて 書籍化しちゃいますか!!ははは

    アマゾンなんかの分類は 学術書ではなく 芸能ゴシップ部門で!!
    もしくは地形と土地の記憶とスキャンダルを絡めるとかね

  4. 猫のチャイ より:

    昨日コメントを送信してから思い出しましたが、いかづちの丘のてっぺんでは亀の甲羅で占いをしてたらしいと、そういえば聞いたことがありました。
    私はてっきり卑弥呼の時代の話だろうと思ってたのですが(明日香と巻向はあの時代でも行き来できる距離なので)、もう少し後だったのですね。
    情報主は母ですが、母は橿原考古学研究所の中の人とも知り合いなので、トンデモ情報ではないと思います。
    亀の甲羅で占いをやってた頃から「あの丘にはいかづちの神さんがおってな…」と民も知ってて、いかづちの丘になったのかもしれませんね。
    出雲なんかでもそうでしょうけど、リアル古事記の頃から人が住んでた土地には、1300年以上前から地名の変わらない場所も、たくさんあるのでしょうね。

  5. チャム41 より:

    地名から想像すると色々面白いですよね 笑
    あと屋号もなんかありそうだなと。地名のように公式に文書として残らないけど口伝のように伝えられてるというか周りもそう呼んだりしてるのってある意味呪のような気もします。

  6. ジミヘン より:

    亀卜やってましたか~ ジミヘンリーディング中々ですな!!
    昔の力のある氏族って 絶対良い土地 重要な土地を押さえようとしますよね

    戦国期のように戦略上 経済上の拠点というよりは もっと地霊的な意味合いの
    今めっちゃ興味あって 渡来系のマジカル氏族たちが なぜその土地を選んだのか

    そこの地霊と氏族の呪術を重ね合わせると 新たな発見というか視点で古代史が
    視えてくるかなと 民俗学ミーツ日本史みたいなね

    屋号絶対あります!!
    今でも社名や屋号っていろんな意味合い持たせたり 字画やら考えてなので
    昔は今以上に重要視じゃないですか そういうの

  7. 猫のチャイ より:

    明日香の土地は、竜脈(?)が通りやすい風水的に◎な地形らしいです。背後が山で、川が流れてて。
    で、その川(飛鳥川)の水量が減ったから、遷都の必要が出てきたとか。実際、万葉集で激流のように詠まれている飛鳥川は今じゃ「…どぶ?」って感じです。
    あとは、朝鮮からの渡来人が、故郷とそっくりな地形だから明日香を選んだ、という話も聞いたことがあります。
    地霊については無知ですが、台風や火山などの自然災害がほぼ無いに等しい明日香の土地は、人が住むことを歓迎する存在がいるのかもしれませんね。そういうのをマジカルな人達は、敏感に感じとるのかもと思いました。

  8. ジミヘン より:

    多分飛鳥を選んだのは中国式の風水の観点での
    吉の土地だったでしょうね 当然

    いわゆる気のたまる龍穴だったのでしょうな
    明日香ちょっと行こうかなと思いますね~

  9. 猫のチャイ より:

    古代ロマンを求めて訪れる人は数知れず…そして実際に降り立って「どんだけ何もない田舎ー?!」と驚く人も数知れず…。
    肩透かし率でかなり上位に食い込むこと間違いなしの観光地です。あ、でも視えるジミヘンさんなら、そんなこともないかもしれませんね。
    ベストな移動手段はレンタサイクルですから、脚力とてるてる坊主は必須ですよ~。(笑)

  10. チャム41 より:

    何となくこの記事気になるもので。古代、日本には原大和朝廷以外にも国があったと思うんですが、原大和朝廷に合流した日本国内の他の国の人も渡来人とみなされてたんでしょうか?それともやはり海を渡った人が渡来人なのか。モヤっと感が 笑

  11. ジミヘン より:

    やっぱ海を渡ってきて高度な技術を持った人たちだけがじゃないかなあという気が
    氏族でといいますか 秦とかそういったうじなでかなと

    逆に国内の他の国は鬼と認定かも

  12. チャム41 より:

    やはり海を渡って来た人たちなんですね、ありがとうございます。
    雷繋がりで雷のゴロゴロ音とお腹鳴く音似てるな〜と。雷ってありがたい側面もあって身体に雷のイメージあったのかもと思ったりで 笑
    鹿島は常陸国、大祓に出てくる日高見国、福島にある常磐(フラガール)何となく繋がってるイメージです。藤原氏って西国、都より東国なイメージで。東国の方が効くというか。日出る東がキーワードの一族なのかもと思ったりです。