渦と家紋の秘密

何で葛って重要?って質問が。


これ私の感じたことね。

葛というか蔦科の植物のクルリンって絡みつくというか


渦を巻く感じあるでしょ?

それが大事なエネルギーとして。

で葛もそうだが渦を巻く植物って古代幻覚剤の変わりに


つぶして使ってた感じが。

スポンサーリンク


文字通り神との交流じゃないが。

そういえば朝顔の種って幻覚の成分あるじゃん。

確か。

で鴨川の流れで特に上賀茂神社の辺りって

昔流れが渦を巻いてたとこがあった気が。


それのエネルギーをとある渡来系の氏族が術として使ってますね。

渦の流れ=生命の発生のエネルギーと考えれ荒れていて。
混沌とした強大なエネルギーを持ってると考えられてる感が。

ほら、以前書いたが石上神社の死者をも蘇らせる

十草神宝って術も手で渦を起こして
その渦のエネルギー=生命エネルギーでそれを

死者の体の上で行って死者を蘇らせる
わけじゃん。

って感じで古代の大事なエネルギーというかそういうのって実は渦でして。
その象徴=蔦化の植物、葛だったりで。

安倍晴明って葛葉神社の狐の子って言い伝えもあるじゃん。
これって陰陽道の象徴=安倍晴明って

意味で陰陽ってものが葛の葉(渦の象徴)
から産みだされるって意味合いもあるのかなって。

と思って検索したら葛ってマメ科なのね 笑

なので蔦科じゃなく渦を巻く植物ってことで

なんか自信なくなってきた 笑

ただ渦って大事ですよ

内緒の話ですが わたしもですね

と書いてる時点で内緒ではないですが

ブレスやら霊符やら 術で込めるとき

やはり渦の力使って込めますもん はい

渦の巻く方向も大事でして

で軽い憑依や 体の中に入り込んでるものも

渦のお力で外に抜きますから はい

家紋で渦の巻いてるというのがありまして

o0362036813631892720

こういうの これも右巻き左巻きがあって

なんかの意味があるんでしょうな~

家紋って 魔除けに使ってなかったかな?と思ったりしてます

甲冑なんかに使ってたりでしょ??

名札的な意味合い以上に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ruke より:

    気圧だと上からみて時計周りが下降・拡散で,反時計周りが上昇・凝集でしたか.(南半球では逆)
    術の理だと,どちらなんでしょうね?

  2. チャム41 より:

    家紋って何かありそうですよね〜。生まれもった星みたいな感じで 笑 確かに家紋って渦巻くように回りそうです 笑 意識すると良いことあるのかなと思ったり 笑
    蔦で気になるのは藤の蔦の伝承なりです。

  3. ジミヘン より:

    家紋って絶対ありますよ なんかが
    生まれもった星回り的なね!!

    多分意識すると守られる気がします

    単なるラインスタンプではない気がします

    回りはですね入れやすいと抜きやすいがあって 回す早さや大きさも
    めっちゃ関係する気がします

    • チャム41 より:

      ラインスタンプ 笑
      自分オリジナルってより受け継いできたものですし、お墓にも家紋入れますし。
      私も絶対何かあると思ってます 笑 家紋って何か気になるんです。

  4. みかん より:

    家紋て、女性は結婚しても、嫁ぎ先ではなくお里の紋を継ぎますよね?
    それって何か意味があるんでしょうか?
    前々から気になっていて…
    私も家紋興味あります!

    • ボトルパーム より:

      みかん様

      女性の紋については各地で用いられ方が違うようですが
      私の住んでいた兵庫県の地方では、このように言われていました。

      「女性は結婚で家紋が変わるため、結婚前に着ていた紋付の着物が使えなくなる。
      それを避けるために「女紋」として「揚羽の蝶」の紋の着物を作る。」

      実家は「三つ柏」、夫の家は「九枚笹」ですが、私の留袖や喪服などの着物の紋は「揚羽の蝶」です。私の母も同じ理由で揚羽の蝶です。
      合理的と言うか、着物を無駄にしないための知恵みたいなものだと思います。

      このように教えられていましたので、ほかに何か理由があるのなら私もぜひ知りたいところです。
      女紋は揚羽の蝶だけではないのではとも思いますし。
      あと、これも地方によると思いますが、私のところでは貸衣装=五三桐が多かったですね。

      こういう例もあるということでコメしてみました。

      • ruke より:

        母の実家が群馬寄りの埼玉ですが,女性共通の女紋ではなく,実家のを継続して使っていい方式のニュアンスでした.
        ただ,祖母の実家の紋を母が着るのもアリで,私が着るのもアリの様なので女系紋の意味も含むっぽいです.

  5. niko niko より:

    私も家紋について、気になっていました。広島ですが、女は母の里の紋を継いでいくのだと聞いていましたので、母と同じ紋です。蝶の中でも色々ありますが、向い蝶と言う紋になっています。とても綺麗で気に入っていますが、何か意味があるのなら知りたいです。とても興味深いです。

  6. みかん より:

    ボトルパーム様
    ありがとうございます。
    揚羽の蝶、とても女性らしく素敵ですね。

    私もniko niko様と同じく瀬戸内地方出身なのですが、同じように母から聞いていました。
    ググったところ「母系紋(ぼけいもん:母の紋)」というそうで、女紋にも色々と種類があるようです。

    地方によってかなり違いがあるようですね〜。
    家紋は名字とも関係がありそうですが、その家紋をいつから使っていたのか、も鍵になるでしょうし。

  7. ジミヘン より:

    結婚して~は意味わからんです ははは まあ単に変わったなというくらい?
    ただ何となく 皆さんのコメを見るとやはり家紋って
    魔除けの意味合いあった気がめっちゃします

    なぜって?なんとなく

    ちなみにラインスタンプは ラインをやってないのでよくわからんです
    ラインってまめに返さないといけなそうで面倒な感じするじゃん

    だだくさ男子です