読者登録お願いします
スポンサーリンク

京都の晴明神社は安倍晴明の邸宅跡ではなかった!!ガ~ンとね!!

さて最近の陰陽道の研究でめっちゃ興味深いことが

京都の晴明神社

安倍晴明の自宅跡に建てられたと言われてましたが

実はここは愛宕山の行者たちが寝起きしてた場所だったそうで

実際の邸宅は京都ブライトンホテル駐車場の

西はしだったそうで

かなりショッキング!!

いやいや 晴明伝説やはりかなりねつ造の匂いが!!

と思ってたら

スポンサーリンク

平安時代内裏(天皇のおうち)から大火災が発生し

霊剣が焼失したそうで

こりゃいかん ということで剣を作ったそうだが

その剣になんとですね 最近ブログでもよくでてくる北極星も

霊験は2本あって

護身用と敵をやっつけるようの二本

多分実際戦いで切るようでなく

呪術的な意味合いのでしょう

護身用には月と太陽と4神が描かれ

もう一本には 北極星と南斗と北斗の星が描かれてたそうで

あら 何ともマジカル

でですね それを鋳造する際に

陰陽道の五帝祭を行ったそうな

天空の星たちをその霊験におろして~的なマジカルな

それをのちに晴明さんは

俺が仕切ったんだぞ!!と言い張ったそうですが

実際は晴明さんの師匠

加茂保憲さんの助手だったんじゃないかと

さてさて 天空の星(特に北辰)を剣に降ろして マジカルな力頂いちゃうって

何か感じません?

そうなのです 以前書いた北辰一刀流の千葉周作なんです

読者さんからめっちゃ興味深いメールを

千葉周作、妙見信仰、北斗七星…
全て繋がっています。
すごいです。

というのも、術の伝承者が古い知人でした。
とても優しい方なのですが、深入りするのは怖い気がしていたので

一定の距離を保っていました。
なので、彼の著作なり武術や整体術に関して調べなかったのですが、
昨日、秘書の方にお会いする機会があり、

私の体の不調の話をした所、一発で直せると彼の治療を進められました。

かえって体調が悪くなったら怖いと思い、少しですが治療に関して調べました。

そして、この記事を読み直してびっくり。

術といっても気合術とかそんな感じの

なんかね 自分の脳と相手の脳を
シンクロさせて相手コントロールしちゃうという感が

というのが特に。
調べた所、そうなんです。一種のトランス状態や催眠状態になるようなのです。

あと深くは分からないですが、平将門も繋がっているようです。

(コメ欄の方の方が詳しいかも)

彼の周りの人も皆人格者で素晴らしいのですが、

ただの武術や整体術の弟子というより、熱心な宗教の信徒のような感じなのです。

妙見信仰がかなり濃いです。

おお~!!やはり!!

完全に呪術的な発想です!!凄いな北辰一刀流!!

私の呪術も 以前書いたかもですが

基本頭の中のイメージを それに乗せるということなのです

ブレスも霊符も

そしてできれば自分の頭の中のイメージを相手の脳内に見せちゃう

というね 全く発想同じ!!

というか呪術って基本そうなんです

私が治療に伺いたいです!!

熱心な妙見信仰なんですね!! ますます好感度アップ!!

だって妙見様の力頂くのに

熱心に信仰してなかったら

それ妙見様の力ではないんじゃない?と思っちゃいます

がぜん北辰一刀流興味がわいてきました

コメント

  1. たろちゃん より:

    晴明神社、以前私の実家があった場所の近くですが、子供の頃あの辺りには、神社らしきものはなかった気がします。
    今は立派な鳥居がありますね!?

  2. チャム41 より:

    陰陽道のカモ氏とアベ氏って阿の繋がりなのかなと思ったりで興味深いです。
    前記事のインベ氏も中臣氏と合体したのかなと思ったりで。
    剣の話面白いというか色々妄想できそうな 笑 太陽と月、北極星、金星も何かありそうです。翠榎さんに薬師様は五行で金と教えて貰って、金=金星だから日光菩薩と月光菩薩とセットなのかなと。でも金星=虚空蔵様ですけど 笑
    メールの内容も興味深いです、北辰一刀流って刀持った北辰教、妙見教みたいな感じしますよね。数珠ではなく刀持ってみたいな 笑 ジミヘンさんがおっしゃってる壊す=治すで。平さんもおっしゃってる骨をみたいな。平さんも凄いなと改めて思ってます 笑 こういう情報集まるジミヘンさんも恐るべしですが 笑

  3. ジミヘン より:

    北辰一刀流=剣をもった妙見様
    言われてみれば確かに!!
    妙見信仰が先の北辰一刀流なんでしょうね 多分

    千葉氏も俄然興味わきました
    本屋で北辰一刀流と妙見信仰的なもの見つけたので

    ちょっとかって読もうかなと 面白そう
    菩薩と五行!!考えたことなかったけど その視点で考えると面白そうで興味深いですね!!

    古代の氏族って今まで豪族くらいの規模と思ってたのですが
    実は家族プラスアルファで親戚くらいの規模なのかも?

    と浮かんだら なかなかおもしろそうなことが浮かんできまして
    昔を想像すると色々面白いです 

    密教かんってイメージ的に夜空(昼間の空よりも)なのかなと思ったりで
    1200年前だと 今よりも夜空の星というものに
    色々想いを馳せたり マジカルな何か感じたんでしょうなあ

    もしかしたら比叡山や高野山から見上げる夜空って
    今の我々がエベレストなんかから見上げる夜空くらいに くっきり見えて

    だったかもって 多分エベレストなんかから天空の星をみたら
    そこに何かマジカルなものや 霊的なもの感じるかもですもんと

  4. チャム41 より:

    密教って夜空ですよね。月輪ですし。
    体験ですが震災の時、電気使えなくて日が暮れると飯食って寝るという生活して。街灯もなく夜って恐いなと。そして星の灯りがいつもより明るく感じて。星も立体的に感じて。今思うとマジカルです 笑 山の頂上から星見たらマジカルなんでしょうね 笑
    詳しくわからないですが叡山も高野山も夜空が綺麗なスポットなのかもと思ったりです 笑