読者登録お願いします
スポンサーリンク

老舗和菓子屋の女将に聞いた繋いでいく秘訣

さて先日はとある老舗と呼ばれる(いわゆる創業江戸期)お店の女将さんと

その後友人さん(旦那とその方も社長)とコンサルという名の

お食事会を

いやいや 立派な懐石はこっちが緊張するわ!!しかも老舗の女将

箸の上げ下げも チェックされそうで ははは

そこでめっちゃ興味深いお話が

代々続くって凄いじゃないですか?会社でも一番むづかしいのって

長く続けることで しかも一代限りが優秀では続かないじゃん?

って話してたら 特に特別なことはしてないんですよ~って

跡取りにもそんな英才教育なんてしないし~って

と聞きながら いやいや どうせ皆さん慶応でしょ~ (イメージね)

って思うじゃん はい

そしたら ただだいだい 大切にしてることはあると

味は時代時代によって少しずつ変えるので 大本だけは変えないという感じで

そこまで代々こだわるという思いはないって

ただ お庭のお稲荷さんと先祖供養だけはしっかりやってますって

それと初代の家訓はまもるようにしていますって

ああ~ なるほど~ やっぱね~と言う感じ

これっていわゆる100年企業と呼ばれるようなとこで

特に企業というより まだ創業者一族が実験を握ってるようなとこ

必ずそれは大切にしますもんね!!

スポンサーリンク

その方曰く 老舗の女将仲間の間で 私が以前書いた記事の創業者の

教え守ってると 創業者が会社を守るというおはなし 結構評判のようで

皆さんどこでもその自覚と経験があるって

ある老舗の和菓子屋は 戦中、戦後 お菓子の原料が手に入らなかったとき

奇跡的に都合ついたり

他のとこは もうお手上げ!!の時に奇跡的に融資が来たりと

創業者が助けてくれたとしか思えないって

でですね そこの家も含めて家訓(会社の経営の教えね)ってどんなことなの?

と聞くと そんな難しいことではないのです

他のとこのお話も教えてくれましたが 基本道徳的なことを商売に置き換えたような

そんなおはなしなんです

ああ、でもそれがこの国で商売するには一番大事なんだろうなと

後ろめたさや我よし のみではこの国では長くつなげることはできないんでしょうね~

というお話してたら

もう一人のかたのお顔ひきつってました ははは

たしかに今の時代 新規参入って大変でなかなか共存共栄なんて言えないですしね~

と言っておきました

ただやはり 先祖供養は大事ですね

今の自分たちが裕福にというよりも 家を繋いでいく 伝統を繋いでいくために

一番大事なことかもと思ったりです はい

も一つ思ったのは 老舗の伝統を受け継ぐのは 息子ではなく 嫁というか女将だなと

女将って嫁だから外部から来た人間じゃん

そういう方が家に入ったほうが そこの家の伝統というものを

次につながないとと強く思うみたいですね~

案外旦那は もうそういうのもいいんじゃないか❓的なのんびりさんというか

コメント

  1. ちょっと匿名です より:

    われよし・・・
    我が家の祖父は悪い友達に同居しているうちの親に金を出させて遊ぶことを覚えました。
    それで旅行に行きまくり、他の子供たち(おじ二人)の家まで建ててしまって、子供(うちの親)がお金返してといったときはすっからかんでした。おじたちは灯油まで実家にとりにくる、まさにパラサイトな有様でした。
    親は親で、これだけ自分達が祖父母に尽くしてきたのだから、自分達は子供が面倒を見てくれると思ったら、弟の嫁に嫌われて、今は細々と暮らしています。自分はできることはしてますが、嫁に行った身ですので限界があります。

    我が家の祖父母はまさに「われよし」の典型なようです。親もですが、学が無い、家訓もない、学が無いからか、自分の頭て深く考えることをしなかったようです。結果として子孫を衰退させています。
    親も祖父母を信用しすぎてしまったのにも責任はあると思ってます。
    すくいなのは、みんなそれなりに仲よくしていることでしょうか。
    でも、家を衰退させたのは「われよし」だという気がしました。

  2. 莉莉 より:

    ジミヘンさん おはようございます。お世話になっている老舗(江戸時代に創業)がありますが、そちらの大女将も同様のことを仰いました。そろそろ社長と若女将の時代に入られますが、そちらの若女将がまた素晴らしいのです。素直で太陽のように明るい方で、大女将に可愛がられています。伝統と時代の流れのバランスを上手に取っていかれることと思います。そちらのお店にお稲荷さんがあったかは存じませんが、昔あった蔵の中に、白い蛇が住んでいたと伺いました。

  3. 猫のチャイ より:

    外から来た人間の方が、より継いでいくことに熱心なのは、自分がそこに来て、苦労して苦労してその家の人間になったのを、意味のあることにしたいという感情もあると思います。
    次が育たず途絶えてしまったら、そこが名家であればあるほど、自分の苦労はなんだったのかということになってしまいますから。
    嫁いだ先で墓守りを生み育てる役割が、やはりまだまだ日本では求められているように思います。多様な価値観が認められるようになってきた現代では古くさい考え方になるのでしょうが、ご先祖さまを大事にすることが結局、自分たちが生きていきやすい環境を作る近道なのかなと。
    昔は養子も今より多かったから、別に血縁でなくても、墓守りになってくれるなら、変わらずご先祖さまは守ってくれるのかもしれませんが。
    と、フツーのリーマン家庭の嫁でも思ってたりします。

  4. 匿名 より:

    嫁の立場で、守ろうと思え頑張る人と、あるもの贅沢しながら継がないで遊び楽しんでしまう人も居ます。
    たまたま良い人に恵まれて繋がって、本当にいいですね。
    心身共に疲れてしまいました。

  5. ジミヘン より:

    伝統ある家で家運が良いとこって
    やっぱ嫁がその伝統を守ろうとしてるとこ多いです

    案外そういうとこって 旦那はそのあたり無頓着で はい
    ですが定年まじかになると なぜかその旦那ががぜん頑張りだすと

    記事にしまっす