スポンサーリンク

千葉周作と宮本武蔵は屁理屈親父?

実は秦氏に限らず渡来系の氏族の
キーワードって渡海してきたこと。

今とは違って死と隣り合わせの事じゃん。
文字通り生死をかけてで。

でそのとき大事なのって方位というか。


羅針盤がない時代、何を頼りに方位を知って航海したかってなんです。
昼間は島やら山やら見えるじゃん。


ポイントは夜。北極星を大事にするか、
特に渡来系の宗教やらって。

で実は千葉周作も北極星というか北斗七星を大事にしていて。
そのまんまでしょ?北辰一刀流って。

気になるでしょ?
昔文献読んでビビット来たが忘れちゃいました。

また読み直さねば 気になってきたぞ

ま、何が言いたいかといいますと よくわからん ははは

海洋氏族というか そういう方たちにとっては北極星って

信仰の対象であり

且つ生きるために最も必要な道しるべ というか方位磁針といいますか

象徴だったんでしょなと

さてふっと降りてきましたが

スポンサーリンク

実は千葉周作って熱心すぎる妙見信仰だったのでは

ま、流派の名前見りゃそのまんまですが

でですね 妙見様と感応してて 結構夢やら何やらでコンタクト

取ってた気がします

あれだけの流派を1代で築くわけだから

やはり自分以外の力が大きく大きくかかわったと思いますな

しかも維新の原動力となる方たちもたくさん輩出してるし

とかんがえると

やはり幕末維新って 神仏も

やっぱさ~ そろそろ幕府に終止符うったほうがいいと思うんだわ

新しい時代の扉ひらくしかないっしょ!!

とかって妙見様や諸尊の方々が話してたのかもね

家康を祀った権現様なんかも そろそろわしも次の時代にバトンタッチ

したいな~とかさ

ははは

さて千葉周作 この方剣術の稽古体型からなにまで

今までの既存のものと一新して 今の剣道的な感じにした革命児じゃないですか?

これも妙見様から教えてもらったかも?

この人ね 剣術ですが 結構呪術的な匂いずるんですね~

一番合理的でしない感じの漢ですが

術といっても気合術とかそんな感じの なんかね 自分の脳と相手の脳を

シンクロさせて相手コントロールしちゃうという感が

そしてそれを出来ない相手には 試合しないという合理性も

大石進とかね

そういう相手には理屈屁理屈で言いくるめて 立ち会わないって感じの

そのあたりの合理性が武蔵と(NOTK-1のグダグダ試合)ダブりまっす

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チャム41 より:

    北辰一刀流という名前も北辰が唯一みたいに感じるというか。剣術の流派名というより。妙見様の御姿も剣持ってますしモロですよね〜。北斗七星と龍も何か関係ありそうで。北辰に引き寄せられた龍が龍馬だったのかも。幕末から維新の思想を千葉さんが植え付けてたと思うと面白いですね〜。

  2. ジミヘン より:

    北辰一刀流と妙見様の剣!!たしかに
    引き寄せられた龍が龍馬!!これもたしかに

    龍馬も妙見信仰でしたもんね!!
    ということで 龍馬~妙見信仰がバババーンと降りてきたので
    そのうちリーディングを はい

    ということは 維新って妙見様の意志も大きかったかもですね!!!

  3. チャム41 より:

    前記事のまさしく陰から陽(明治、明治帝)ですよね〜。北辰妙見の龍馬は陽の時代に向かなかったのは必然のようで出来過ぎのような 笑
    将門公も北辰と書いておられましたが北辰が動くとき時代も動くんでしょうね。新たな陽を生むために動くのかもと思ったり。

  4. ボルドー より:

    そういえば、お稲荷さんってどちらかというと海沿いのイメージあるなあ。
    北極星といえば、庄内藩の破軍星旗が気になります。背後で何が働いていたのだろう?

  5. ジミヘン より:

    将門公も北辰!!それ誰が書いたんですか?
    もしかして私?
    全く覚えないです が もし私だったらいやいや スゲ~私ってば!!
    そしたら他の方が書いてたり 将門公北辰感じますね~

    神田明神は北辰全く関係ないんですかね?

    庄内藩の~旗 ちょっとググります 興味深いですね!!

  6. チャム41 より:

    ジミヘンさんがお書きになってました 笑 将門公の子孫が千葉氏、相馬氏とも言われてますし面白いですね。神田明神含め将門公関連(秀郷公関連も)の神社繋ぐと北斗七星になると。やったのは天海さんだと思うんですけど 笑 これもお書きになられた徳一さんと娘の如蔵尼の関係とか。前もコメしましたけど大同元年、二年のマロ様創建の神社多いですがお寺は大同元年、二年と徳一さん創建が多いんですよね〜、徳一さんも妖しい感じが 笑 青森にもマロ様創建神社繋ぐと北斗七星になるらしいです。

  7. ボルドー より:

    私、どうも将門公を祀っている神社と相性が悪いのか、神田明神とか将門塚とか行こうとすると、その日の朝起きた時に右のこめかみが激しい筋肉痛になってて、将門公の受けた矢を連想させて不吉だからと結局行くのやめちゃったりします。

    ふだん頭が筋肉痛になってると感じるのってまずないので、霊的なものなのかなあ?
    どうも神社ごとにきまったジンクスのパターンがあるみたいで、他の神社でもこういうことあります。

    こめかみの痛みでふと思ったのが、将門公って噛み合わせが悪かったりして顎が右に寄っていたんじゃないかなと。右のこめかみがピクピク動いていたともいうし。

  8. ジミヘン より:

    ちょっとばばっと浮かんだことが 星って業を照らしてその業を浮かび上がらせる働きあんのかなと (星の配置が)
    で陰陽なんかで 北斗七星の形で踏んでくんですが もしかして星の光を
    踏み鎮めて(光を届かなくして)業を浮かび上がらせない
    という意味合いあったんじゃないかと

    ま、まったく見当違いかもですが ばばばっと今日電車の中でうかんだのです

    記事にします それと対が太陽と陰徳ではって

  9. 翠榎 より:

    将門は こめかみよりぞ 斬られける 俵藤太が はかりごとにて

    という歌がありまして。
    「こめかみ」の「こめ(米)」と、「俵藤太」の「俵」とが掛け言葉にもなっております。
    実際には、「斬られ」たのではなく、弓で射られたんですけどね。
    ちなみに、私は秀郷流の家譜ですけど、将門公は大好きです。
    神田明神様つながりの秩父氏族(将門公の叔父・平良文公の子孫。良文と将門とは大変に深い間柄にあります)である河崎氏から渋谷氏という一族が出まして、今の東京都渋谷区一帯を領地に収めていたんですが、その渋谷氏が祀った金王八幡宮様から何故かご縁をいただいたりしております。
    その金王八幡宮にしても、ご境内に祀られる渋谷金王丸こと土佐坊昌俊は、頼朝の命で義経公を討ちに来たところを、やはり家譜上私の先祖である佐藤忠信と一騎打ちをしている間柄なんですよね。
    つまり、私の先祖は、将門公と渋谷金王丸公、「二代」に渡って敵としてあいまみえていることになります。
    そして何故かところどころで、このご両公をお祀りする神社からご縁を頂きます。
    どうしてこういうことになってしまうのかは分かりませんが…
    「恩讐を越えなさい」
    ということなのだと、自分では思っております。

  10. 翠榎 より:

    その渋谷氏や河崎氏(いまの川崎市川崎区一帯が領地)を輩出した秩父氏こそが、千葉氏と並ぶ、関東における北辰妙見信仰の代表的氏族です。
    秩父氏も千葉氏も同族です。
    ともに、上述しました平良文公の子孫にあたります。
    平将門公の姫君がこの良文流秩父氏に嫁いでいると言われており、
    故に将門公と北辰妙見信仰とがよく繋げられて語られるのだと自分では理解しております。

  11. ジミヘン より:

    おお!!将門公と北辰信仰つながるのですね!!

    河崎氏!!ちょっと腑に落ちることが 川崎住んでたことありまして
    結構よく行ってた神社がありまして 川崎の郵便局の前の神社なのですが

    なぜかそのあたり北斗七星~って感じてたんです なるほど~と思ったりで
    金王八幡宮 なぜか気になって仕方ないので 今度西郷さんの犬連れて行ってきます!!

    チワワだっけか?