天才陰陽師安倍晴明の実像に迫る

さて女子大好きな安倍晴明さんのお話

あくまで私の感覚のね

以前も書きましたが 巷の晴明伝説って子孫が箔をつけるために

先祖にこんなすごい方がいた!!とでっち上げたのでは?と書きましたが

そのあたりを

この方平安時代の陰陽寮というとこの今でいうお役人のトップ

今では怪異を鎮めたり式神操ったりのスーパーマンイメージですが

実は当時の記録としてその手のお話全く残ってないのです

スポンサーリンク

その手のお話が載ってる今昔物語や宇治拾位~はもっと後のものでして

当時の記録御堂関白気(藤原道長さんの日記)のようなお公家さんの日記に

載ってるないようですと

方位が悪いっすね~ 日にちが悪いっすね~ というそんな感じの

今でいう気学のような占い

さてそのあたりを サクッと

さて官人(役人)晴明さんのお仕事で呪術を使うということは

ありえない という説がありまして

当時その手の呪術というものは法律で禁止されていまして

それを役人が使うのはあかんでしょ?

というね 確かに一理あります はい

ただ裏でこっそり官人ではなく私人としてお偉い方のために はありえるなと

そこは思ってたりで

当時の陰陽師のお仕事 何度も書きますが 天文と暦 これが2大お仕事

も一つは

穢れに対することなんですな

何度も書いてますが当時の貴族が一番恐れることって穢れで

死の穢れ、血の穢れが2大穢れ(出産や生理も血の穢れ)

これがですね 今でいう空気感染もしてうつって死んじゃう

一昔前二昔前の エイズパニックといいますか 誤った知識の

そんな感じだったとおもぅのです

そこを祓い清めるお仕事というね

なんとなく誤った知識で 国中に大感染してバッタバッタと死者が出まくる

エイズパニック というと穢れの怖れイメージつくでしょ?

しょっちゅう穢れが~と書いてて みなさん はにゃ~?と思ってたと思いますが

ま、そのエイズのもとから絶ちます的なお仕事

とかくと なんだか映画のように妖術バンバン使いそうでしょ?

ですが

この方 国家規模の鎮護国家や占いって一切やってないんですね

あくまでも 一私人のお抱え薬師的な感じのことしか

ここ実はめっちゃ重要だと思うのです

例えばのちの空海さんや最澄さんなんかは 鎮護国家的な役割

になってるじゃないですか!!

都の鬼門にお寺建てて守ってね~みたいな

晴明さん国家規模でのその手のことないんですよね~

これ以前書いた 密教と陰陽の世界観のスケールの違いというものにも

関係するかもだし しないかもだし はたまた体系というものも

ということで 次回も晴明さんシリーズ続きます

さてレポ たまりまくってるので 皆さんありがとさんとね

ブレスが来てから、母はちょっと前みたいに頭が痛いと寝込まないです。

あら、よかったです お年寄りは国の宝ですから!!

親孝行しちゃいましょ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする