読者登録お願いします
スポンサーリンク

アクエリアスの時代はヨーロッパの金融家の陰謀?

さて4年ほど前の過去記事

正直自分でも何かいてるかわからん ははは

読みにくい文章ですな!!

アクエリアスの時代に入ったそうでして。
で知り合いの占星術の先生なんかが国境も人種の壁もなくなるのよ、
とよく言ってまして。真顔で。

そおなんだ、と余りピンと来なかったのです。
で初詣ででとあるとこにいったときに感じた(頭に入ってきたことを)
ま、前回書いたこと(いまいち覚えてないが)とおんなじかもですが。

人種、国境の壁はなくなりません、があるべき姿に近づく(近づこうとする)時代ですね。
誰がというと人間よりも大いなる存在が近づけようとする時代。

ですが人間が統治しているこの世界にがっと介入はせずに最終的には人間の判断に任せると。

具体的には全ての国境をなくし民族の壁をなくすではないですね。
分裂した同じ民族同士をまた戻したがってるというか。
同じ民族の争いを悲しんでます。

骨肉の争い的なね。
要は東西ドイツのベルリンの壁的な。逆に他民族で国境をなくすというものは望んでないです
。それは支配だったりそういうことだと。

でこれはいうと差別に繋がるのでよくないですが、出来れば多種交配が進むのは望んでないです。固有の主というものを残したいと。

ただそれは人類の進化、種の保存のためにある程度は仕方ないと感じます。
で最終的に終末やら何かが起きたときは(ま、そんなことないけど例えね)神は
ハイブリットな種よりも固有の種を残したいと思います。

ので今までが何座でどうとかさっぱりわかんないが今後は固有の種(原住民やら、単一民族や古くから交配が進まない種)を残したいという意思がもっと前面に現れそうです。


ほら、世界遺産ってあるじゃん?あれも実は大いなる神の意思だと思います。
で今和食をとかいうじゃん。

神って結構古風なとこあって伝統やらを好むのです。
でわかんないようにこの世に働きかけたりね。

たぶんそんな気が

あんがい神も人も根本で考えることって似てて。ただ人はエゴが強く表面にでちゃってって。
我良しが。神に我良しってないから。其処を取っちゃうと案外神の意思って感じたりね。

ほら、人類って自然(神からみた人類とすると)に何を望むかわかるじゃん?
絶滅危惧種を残したいでしょ?古くからいる、(ある)自然や動植物ってそのままの姿で
出来れば残したいでしょ?

一部の学者さんやらは人工的な交配ヤラで新種を作り出すがそれって最初は奇形やら
なにやら生まれたりで長い年月ででしょ?

でその地域地域の特性は本当は残したいじゃん。北と南がたとえば朝鮮として単一国家になるのは望んでも中国と一つになるのって嫌でしょ?

アジアだからって日本も中国も同じ国って嫌でしょ?でもアジア圏としてヨーロッパとかと肩は並べたいじゃん。
日本カモシカとかを中国と同じくにになったからって中国かもしかと呼ばれたり逆にパンダはうちの国のって違和感あるじゃん?

でもアジアの特産とならいいでしょ?

ってこと。

通貨や経済は難しくてわかんないが感じるのはその国の神というものがいまして。
でその国固有の通貨にはお金の神がついてまして。
それぞれに独立をしていたいと。

でわかんないが通貨を統一にすると其処の経済圏は経済がよくなるかですが。
多分理論上ではよくなるでしょうが私の感覚だと悪くなる気がするんです。

スポンサーリンク

全体には絶対に落ちて一部の層のみ凄く得をするって。

何でかって?わかんないけどそれがばっと浮かぶから。で本当の最下層は少し全体で上がるが
最も多い中間層は確実に全体として下がります。

で実はそれを望んで昔からアクエリアスの時代とかなんだか都合よく洗脳してる層を感じます。
一部の資本家とやはり一部の銀行なんでしょうか。

ま、その辺りは全く詳しくないから
パッと浮かんだことなんだが。


で世界を一つにとかって動きって絶対戦争になるじゃん?
そうすると武器商人やら上記の層って確実に莫大な利益を生むでしょ?

それらがやはり暗躍してるのかなあ。もう16世紀頃には。

確実にそれらの層の大いなる力(何かの名を借りた洗脳)を感じるのです。

大昔の為政者の都合のよい考えが凄く入り込んでいてそれがいまだに大きな影響
を与えいまだにある層が都合よく使ってる感じがするんです。

でそれらが世界経済にも裏で凄く影響を与えてるって。

ので実は長く続いてかつ効果が絶大だとされるものって絶対政治や経済と
密接に繋がってって実はきな臭い。

あら、このころから何気に 世界の中央銀行(いわゆるヨーロッパの金融家)

サン達のこと書いてるんですな!!

ま、私が好きな妄想陰謀論ということで サクッと聞き流してください

因みに得する一部=当然ヨーロッパの中央銀行をつくった金融家さんね

よく考えたら占星術って金融経済より全然古かった ははは

あてにならんリーディングです

コメント

  1. 猫のチャイ より:

    おもしろーい!です。
    ドル札の裏の目玉の会とかもイッチョカミなんでしょうか、やっぱり。
    ユダヤの人とか華僑とかって国境関係なくお金儲けしてて、むしろ通過も言葉も統一しちゃったほうがカネ勘定しやすいなんて事情もあるのかなぁと。
    でも細々と地道に生活している庶民には、地元の言葉とお金さえあればいいですもんね、なんだったら物々交換でもいいくらいですし。そりゃグローバル化されて良い思いをするのは、世界をまたにかけるインターナショナルなエリートの人達だけよね、と納得です。

    いせ白さんのおっしゃる試練の10年(20年でした?)が、そのアクエリアスなんでしょうか。(なんで水瓶座…。)

  2. 翠榎 より:

    裏ブログに書かせていただいたコメとも繋がりますけど、
    “彼ら”国際金融資本家たちの目的の1つに、キリスト教、仏教、神道などの既存の伝統宗教や信仰の破壊というものがありまして…
    スピなんかの大元も、その糸を手繰ってて行くと彼らに辿り着くわけです。
    政治用語における「世界政府」「グローバリズム」「地球市民」などの言葉と、いわゆる精神世界用語における「ワンネス」「アセンション」などとの言葉は、見事に対をなしています。
    考えてみれば「近代」という時代は彼ら国際金融資本によって開かれたといっても過言ではないわけで、そこには既に上記しました「カラクリ」が織り込み済みになっているわけです。「信仰の自由」などという美名として。
    ジミヘンさん仰いますように
    明治も、国際金融資本の後押しによって「開かれた」時代であるならば、(それだけが理由ではないでしょうが)伝統仏教各派も形骸化し、衰退して行くのは当然の帰結となるわけです
    ヨーロッパ&アメリカにおいてはキリスト教伝統派各派の形骸化が著しいです。
    そして洋の東西を問わず、その間隙を縫って、スピやカルトなどに、深刻な悩みを抱える若者たちを取り込んで行きます。

  3. いち読者 より:

    イギリスのEU脱退やアメリカのトランプ当選は
    グローバル人類の和平やら国際ナンチャラ支配の陰謀に陶酔していた輩の反対の現実を示したから
    少しは妄想を覚ます助けになったのか?と思ったけど

  4. 翠榎 より:

    ネットの普及によって確かに彼ら国際金融資本も、自分たちの推し進めたいことがやりにくくなって来ている、とは聞いています。
    ただ、イギリスのEU脱退問題、そのうち書かせていただこうと思っていたのですが、それとは別のフェイズの問題があって。
    かつて、「七つの海を持ち、太陽の没することのない帝国」と謳われた大英帝国です。当然、イギリスという国はかつて支配していた世界中の情報に精通していることでも知られます。
    しかし、その『情報』を掌握しているのはイギリスの中でもほんの一握りの特権階級だけです。
    イギリスの一般国民は知らされていません。
    そりゃそうです。知らせたら、彼ら国際金融資本家、貴族、ジェントリーといった特権階級はその特権を失うことになってしまうのですから。
    イギリスというのはよく、「日本でいえば、江戸時代の士農工商体制がそのまま今に続いている国」などといった形容がなされます。
    貴族・ジェントリーの子は永遠に貴族・ジェントリーであり、労働者階級の子は永遠に労働者階級、といったように。
    そんな彼らにしてみたら、自分たちの特権を維持する情報、教育を自分たちの手の内に抑え、肝心なところは漏らさない、というのが徹底して彼らの採ってきたやり方でした。
    だからEU脱退をめぐる国民投票の時も、投票する一般のイギリス人は「ところでEUってなあに?」
    などと愕然とするような質問を真顔で口にしていたのです。
    英国病、など言われた、ちょっと前までイギリスを蝕んでいた国の衰退ぶりもこれが遠因だったと思います。
    アメリカも本質的にこれと変わりません。

  5. ジミヘン より:

    アクエリアスって試練の時代なんですか~ バブル世代ではない我々
    すっと試練の時代じゃないですか!!グローバリズム~=ワンネス~

    確かに対ですね!!世界を適に回しちゃいますが 移民問題等もね~
    本音は 多民族国家ってやっぱいろいろ大変ですもん アメリカだっていろんな問題抱えてますし なかなか一つの国家に多民族って大変

    国家ではなくても地方都市なんかでも外国人の方と文化の違いや
    彼らの働き場所がない問題等で治安悪化してるとこ多いですし

    ワンネス~よりも あんたも私も違う個性でそれを尊重してお互い仲良くやりましょ
    のほうがねと思ったり

    ま、あくまで私はってだけのお話

  6. 翠榎 より:

    >ワンネス〜よりも あんたも私も違う個性でそれを尊重してお互い仲良くやりましょ
    >のほうがねと思ったり

    本当に仰います通りですね。
    孔子は、
    「君子は和して同ぜず」
    「小人は同じて和せず」
    と言いましたがまさにその通りで。
    「同じて和せず」つまりは、「世界政府」という名の恐怖政治の方の実現を目論んでいるのが「アクエリアスがー」とか言ってる連中の正体です。