維新後の日本の殖産工業化の陰には?なにかがある?

さて結界ついでに。以前東京の結果言って鉄道でも張ってると書いたでしょ?
其処のもっと突っ込んだことを。

以前鉄道で陛下のエネを日本中に流すと書いたじゃん。

で其処までしか書かなかったが。
実はもっと深くてね。

実は親戚に財界人という方がいまして。で其処から色々話し聞くのですが。
この国、面白いですよ。相当ね。

ほら、鉄の結界って凄く強力なんです。素材としてはこれ以上ないって程。
逆に言うと中のもの(負や霊)も閉じ込められちゃうでしょ?

其処を出す仕掛けがあって。ま、普通に河川やら用水もそうだし、(下水もね)。
が幹線道路と鉄道も同時にその役目があって。と作られてたらびっくりでしょ?

でもっとびっくりな話を。
ほら、日本列島って龍に見立てられるじゃん。

スポンサーリンク

明治の殖産興業時もとうぜんその見立てでの

新しい国造りの発想で作っていて。

でそれが昭和の高度経済成長期にも受け継がれてたら驚くでしょ?


具体的にはね、鉄道を気の流れと見立て道路(特に特に幹線道路)と見立てて立って事。
で道路って隅々まで通してるじゃん?それって毛細血管のごとくだったりで。

で明治の頃は身体の見方も血の流れ以上に気の流れを大事にしてたともいえるわけで。
それくらいはちょっと頭と勘を働かせばわからんでもじゃん?
でこれ浮かばないと思うが(聞いてなるほどって)。
東京が心臓で京都が丹田なんです。

それ聞いたとき凄く腑に落ちて。
血は東京経由で全国に(交通や流通や文化やら)で根本はやはり京都というね。
上手く説明できないが。

あんまり表に出ないけど日本って明治以降でも呪術的な都市作りやらやってるんです。
ま、当たり前といえば当たり前で。
で道路作れ、橋作れって地元の議員ががんばってたじゃん?昔は。
地元に利権をとばかり思われてるが昔は政治家さんやらにもやはり黒幕の先生がいて
(日本を影で支えちゃうような方も)その方の考えも大きかったようで。
全国に道路や橋を作って隅々まで血液が行き届くよいうにってね。

ま、正論といえばこの上なく正論じゃん、術として考えると
今の時代は知らないけどさ

さて実家で岩倉具視めっちゃ気になって 父に古い岩倉具視のお札ない?

って聞いたら なぜかありました ははは

政治の陰に呪術者ありで やはりこの貴族さんの陰に

呪術者感じますね~ 

維新後一番この方がその手の方使った人かも?

なんてね 妄想妄想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 瑞穂 より:

    明治維新の国家経済再建の父は
    関西は五代友厚、関東は渋沢栄一
    足尾鉱山事件の陸奥宗光ですよね。
    横浜鉄道の父は高島易聖と呼ばれ
    伊藤博文に意見したそうですよ。
    30年前の角川映画帝都物語、帝都大戦
    に土御門家、渋沢栄一、霊的国防と
    出てますね。

  2. ジミヘン より:

    帝都大戦そうなんですね!!荒俣先生尊敬してますが 観てない&読んでないのです
    小説って一切読まないんです ははは
    ノンフィクション派!!
    高島さんは明治の財界人がこぞってですもんね~

    足尾銅山って陸奥さんもなんですね!!知らなかった 勉強不足です
    ちなみに明治維新でこの方めっちゃ好きな政治家です!!
    勝さんがこの方嫌ってたのって 自分に似た部分を見つけちゃったからかもですな

    明治の国家再建って民衆の多大な犠牲のもとですもんね~
    ほら、維新の英雄賛歌されてるけど じつは民衆には全く人気がなかったじゃないですか
    本当は功績とその部分両面を教えるべきと思ったりで

    それがないと近代国家にはならなかったですが 犠牲の上でというね
    それわかんないと なんとなくですが アジア諸国の経済発展と問題点も
    視点が行かない気がするんです

    なぜに中国ってあんな問題ばっか?とかさ