スポンサーリンク

我が家の介護計画とバリアフリーと介護保険

さて実家で何をしているかといいますと チェックです ははは

家の中や両親の

年取ると転倒やしりもちなんかで骨折~寝たきりというパターン多いじゃないですか?

でですね 事故には防げる事故と防げない事故というのがありまして

防げないものはまあ仕方ない ですが防げる事故や 予防をしなくて寝たきり等になるのは

やはりね ということで

まず気になったのがお風呂場のマットや玄関、台所のマット

これがずべり止め敷いてないので 滑る可能性が

なので はい 100均で購入です

一応我が家祖母の時にバリアフリーになってるので 案外大丈夫なのですが

玄関の作り(下駄箱やら)の関係で手すりが左側でして

これ意味ないなと 靴はいて立ち上がる際 前のめりやふらつき(起立性の低血圧やら)

も考えれるので ここは要リフォーム

スポンサーリンク

ちなみに 皆さん存じてないかもですが バリアフリーのリフォームって

介護保険で9割戻るので はい 申請しましょ

そしてお年寄りの多い風呂場での転倒 滑るのもですが 貧血 とりあえず座れるように

椅子おきますか

母が心配する台所の椅子で寝てしまう父 何度言っても直らないので

だったら机の椅子購入です

祖母に買ったひじつきのは 椅子が回転するのなので

年寄りにはちと危険 座ったと思ったら椅子が回転してずるり!!みたいな

もうね 私に言わせれば 年寄りなのにひじつきのいすを使ってないことが

おい!!と突っ込みたくなります はい

最近父 膝が悪いので そのうち布団からベッドだなと

そうすると寝室とリビング変えなければ

結構ね たまに帰るからこそ見えるものありでして

皆さんも少しご参考に

次回は ちょっと母にいや~な感じ浮かんだので 占い師としてのそこのとこを

将来的に右麻痺出る可能性あるなと そのために予防しとかないととです

さてレポ

最近は、少し先のお仕事が思いがけないところから来たりしてちょっと嬉しい気分です!
財政は相変わらず-だったりカツカツですが(⌒-⌒; )
もっとお仕事として弾きたいしプロオケにも呼ばれたいし、あわよくばプロオケ入りたいので頑張らなければですね!
とりあえず現時点で〇〇のアカデミーなオケと〇〇のプロ?なオケのオーディションに申し込んでます。あとは本命の名フィルも出す予定です。
この方 とある楽器の演奏者さんで 中々オーケストラ関係のお仕事厳しいじゃないですか
という感じで対面して
その後ぼちぼち仕事はいりだしそうですね~
なんとなく増えそうな感じしてます はい
あとはですね~ 対面の時話したアドバイスやら ガツガツと実行してけば
勢いも尽くし
呼ばれていくと思いますよ~
ちなみに 両親まだまだ介護は先ですが 準備はしと感となと思ってたりの今日この頃です
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 翠榎 より:

    おととい母が道で転んでしまって、膝と右胸を強く打ち、しばらく動けないほどでした。
    今までだったら、つまずいてつんのめるぐらいだったので、その間に支えて助けることが出来ましたし、せいぜい転んでも膝をつくぐらいで済んだのが、
    今回は「あ、つんのめった、あ転んだ」が同時で、助ける暇もなく…、昨年末に心臓で倒れて以来こんなに肉体が弱くなっていたのかとショックでした。
    しかも、今度引っ越す高齢者向けリノベーション住宅に向かう途中の出来事…
    幸い頭は打たず、すぐに病院に行って診てもらい、レントゲンの結果足の骨折もしておらず、切り傷と打撲だけで済みました。
    仰られます通り、高齢者向けマンションとかいってもその周囲の道はボコボコで、私ですら歩いていて嫌な感じになりましたし、家の中もお風呂場がいま住んでいるところよりも段差があったりして、要リフォームを感じていたところでした。
    あと、歩く時の杖とか、転びにくい作りの靴とかのことをういさんから教えていただきましてとても助かりました。
    介護認定はすでに申請していて、引っ越しが終わってひと息ついたら認定調査員の方に来ていただく予定になっています。

  2. パンパン☆パンダ より:

    なかなかサポートのバランスが難しいですよね。バリアフリーで家中全面的に直したら、逆にお年寄りの足腰が弱った、という話も聞いたりしますし。けど、転ぶのは危険ですよね。うちも転んで骨折から寝たきりに繋がってしまい、お年寄りは何より転倒防止が重要だと実感しました。足腰、昔より使わない現代ですし、若者も気をつけないと!ですね(^^ゞ

  3. yocy より:

    そうなんですよ、介護も看病も ある日
    突然に、始まりますよねぇ。
    知らないことだらけで、今思うと、も少し
    合理的に動けたのにとか、こうしてあげられたのに
    とか思います。介護グッズも色々ありますね。
    母には、転倒予防ソックスをはかせています。
    お疲れが 出ませんように。☚と言いながら
    たぶん、くたくただと思いますヮァ。

  4. ジミヘン より:

    転倒予防ソックス、靴情報アザ~ズ ググります!!そうなんですよ~ 一番注意してるのは転倒リスクで まだそこまでの年ではいないので 安静後の体力。筋力低下で
    動くのがおっくうになってADL低下が心配という話で はい
    それに伴う転倒リスクというね あと今後年取って車に乗れなくなったら
    外出しなくなる恐れあるので その対策も ということで自転車購入を考えてます

    2輪か3輪か 3厘は前か後ろどっちを2輪にするか 電動の有無を
    電動は行動範囲が広がるから良いけど 漕ぎだしで転倒が怖いなとか

    年取ると2輪は怖いかな~ 3輪は段差や溝に車輪はめちゃいそうだなあとか
    色々リスクを考えてます はい

  5. ジミヘン より:

    結局腸腰筋が衰えて 足が上がんなくでつまずくですからね~
    バリアフリーで筋力を鍛える方向です 我が家は

    安静終わったら近所のジムに入会に行かせます はい
    もしあんま乗り気ではないなら

    うちにトレーナー呼んじゃおうかと ははは 無理くりでもね
    介護関係の出張トレーナーっていないですかね

    介護保険つかえそうな 施設から自宅介護~と政府の方針だから
    予防でそういうサービスないっすかね?

  6. かめんのきもち より:

    基本、介護保険では住宅改修費の支給は、介護度が3以上あがったとか以外の理由以外では一人当たり一回きりしか使えません。介護度にもよります。福祉用具の貸与で比較的なんでもかりれたり、特定福祉用具購入費で入浴の椅子が購入できたりするので、今後の症状の進み具合や、将来のことを考えて吟味して介護保険で購入や、貸与で代用できるものはして、改修されたりするのはよくよく考えてなさった方がいいかと思います。症状の変化や年齢があがるにつれ、住宅の障害となる場所って違ってくるのなのです。工事を伴わない簡易の手すりは、玄関用(ステップ付など)、ベッドサイド用、入浴用(風呂桶のフチにつけるタイプ)などがあるので、とりあえず担当のケアマネさんに相談し、病院の理学・作業療法士さんとかにアドバイスもらった方がよいかと思います。また、余計なお世話をしました。すみません。
     

  7. ジミヘン より:

    了解です ありがとうございます そのあたり私も親戚のケアマネと相談しながら
    やってます そうなんですよね

    今回のコメントや皆さんからのメールでとても助けられたり
    またいろんなこと教えてもらってます ありがたいことですよ~

    結局介護って家庭だけでは中々で 本来は地域としてサポートできれば
    なんですよね

    もしくは何かのコミューン的な 例えば介護されてる方って孤独じゃないですか
    どこかで その気持ちを話すだけでも救われますもんね~

    こんなくだらんブログでも そんな感じの中々愚痴る場所がないという方が

    愚痴でも書き込んで楽になるなら ブログやってよかったと思います
    読者さんたちのお人柄ですよ~ とBBAを持ち上げときますか ははは

    お年寄りって 今も大事で5年後も~というそのあたりが難しいですよね
    5年後を見越しただと 今不自由なになりますし

    リハは病院のPTに相談してトレーナーにそれ渡そうかと思ってます
    ま、正直そこまで大げさでもないんですが ははは

    術後の体力低下と気力低下(になってる感が)くらいなので
    それより 父のあたふたぶりが やっぱ男はいざとなるとダメですね
    自分の手術よりも 母の手術で頭真っ白みたいな

    ちなみに前回の母の手術の際は 父尾てい骨骨折しました
    夫婦ってそんなもん

  8. かめんのきもち より:

    もれなく読者のBBAです。コメント欄で暴れてます。介護保険施行前から、祖父が訪問介護とか使っていたり、立て直す前の家に、無駄な手すりがいたるとこにあり、トイレにも廊下にも・・・結局廊下の手すりには家族のコートが、かかっていました。 そういうものを実際に見たり、聞いたりしてきて、数年後のことを考えるのは大事だなと思うので、余計なお世話とおもいつつBBAだからつい言っちゃいます。今は、介護保険を使うことができていい時代になったと思います。 
     リハビリに特化したデイサービスてのあるんです。介護保険内で1~2時間とかで滞在時間が済むという。ジムっぽいところもあれば、リラクゼーションに力を入れているところもあり、その事業所の所属の法人やどういうかたが運営されているのかによってカラーも違います。訪問リハビリテーションもあります。ただ、通所・訪問リハビリは、医師の指示が必要であるとされているので、場合によっては、介護保険使えない場合があります。 

  9. ジミヘン より:

    ありがとうございます リハビリデイはいいですね~ 近くで探してみます
    そういえばお泊まりデイという 本当の意味では???というのも
    最近多いですね~ はい

    本人いわく 安静終わったら近所のカーブス行くわといってます
    女性専用で気が楽ということで いくつになっても女だわ!!ははは
    お友達のおばちゃんも違うジム辞めてカーブス行ってるからって

    ま、そこも様子見ながらですね

  10. かめんのきもち より:

    お泊りデイは、聞きますが、テレビでしか見たことありません。介護保険法のグレーゾーン的なかんじの・・・。
     ジミヘンさんのお母さまが、カーブス通う気になるまで、お元気になられてよかったです。